馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

美のツボ

2016-06-19 13:19:30 | 黄葉・紅葉・四季の花々

究極の美を求めて

ドン臭い爺さんだから何をするにも時間がかかる
デジカメという有り難い写真機が出来て感謝している

爺さんだけじゃない!

プロに近いアマチュアや素人写真家たちである
芸能界だって下の上あたりが今は稼ぎ頭

文章で気が付く人だけが分かればいい

 苦節8年の力作

デジカメを弄って8年目で有る
カメラ歴は長い!50年のキャリアを持っている

最初に手にしたのが50年前で当時8万円のキャノンを購入した

カメラ店でドンと鎮座したキャノンに目が眩んだ!
店主はプロのカメラだよ!・・当時、爺さんは紅顔の美少年?

ニキビ面で餓鬼だった!買いたいと言うと現金だよ
金持って来たら売ってやると言う条件で!

当時、若者でこんなカメラぶら下げて歩いている馬鹿は爺さん一人
カメラ好きな人はプロカメラマンですかとよく言われた

現像するとカメラやの店員に言われた写真が美しいと

それから時間にして一年もたたない内に飽きて!
机の上の飾り物となって42年が過ぎた

当時のカメラは友人でニコン社員にプレゼントした

デジカメを始めたのが8年前!
グーグルブログがきっかけである

何となく

  

8年間写し続けて写真の何をかが掴めてきた
これには社会人生という味付けが爺さんには必要だった

要するに料理の味付けで下手でも料理の腕前が
5段跳びぐらいで美味くなるのと同じである

芸能界だって同じだよ!お笑い芸人が歌手になり俳優になる時代

歌うたわせても機械が美空ひばりや三橋美智也の声を出してくれる

生歌(マイク無し)歌わせれば一目瞭然!
カメラ社会だって同じだべ!

人間の五感なんて糞食らえだ!
機械が選定する感度が全て!

今じゃメモリーで何万枚写して一枚を選び出せる

昔は12枚撮り・24枚撮りで現像所で写真にしないと
出来具合が分からない

そこに本当のプロとアマチュアの違いが歴然としていた

プロが放つ一枚に掛ける五感の腕前!

面白くなってきた

    

ド素人でも機種でプロ並みの写真が写せる

東京オリンピックエンブレムの佐野なんかもっと凄かった
下っ端社員に盗作させそれを自分の究極の芸術品と

NHK放送で宣い世界中に宣伝した!

韓国人余より酷い詐欺師である

今でも出身校の教授をしているというから凄い!

爺さんもそれくらい根性が有ったら
もう少し可愛い女にモテモテカモ!

我が家の孫娘!ウンべちゃん撮影で
爺さんは開眼した?

孫の究極の美

オールランドで?

    

近頃やっと絞りを使えるようになった

つい何か月か前まで写真はAUTOかSCENEが一番だった
楽というかシャッター押せば最高の写真が写せる

ブログに載せると写真家上手になったなんて
お世時を言われると木に上る豚である

それがなんとダイヤルを弄りだしたのだから
社会が可笑しくなってきた

都知事は昔の私生活から現代にいたる恥を世界中に晒す

一歩前進中

    

爺さんは違うぞ!

究極の美を花で理解したようである
それを全ての物で証明して見ればそれこそ

お宝発見である!

もう少しカメラというものを学ばなければ
道が開けない

そこまで時間との勝負である!
腕が開花するのが先か寿命が幕引きするのが先か

サアさあ張った張った早い者価値だよ!

ほんブログ村

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 にほんブログ村


コメント   この記事についてブログを書く
« 急ピッチとはいかない工事 | トップ | 奇怪な現象が起きている »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

黄葉・紅葉・四季の花々」カテゴリの最新記事