馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

早朝から大雪

2019-12-11 10:33:59 | 首都散策・冬季

節約イブ?

米国のロシア・中国経済封鎖がモンゴルにも影響している
まず街内で景気のいい音楽が聞こえない

市場にお客が少ない
経費削減だろう

朝一でごみを出しに出掛ける
玄関口で親と子供が三人で何かゴソゴソ

挨拶すると知り合いの親で何してんのォ・・
子供が空を指差し大雪で歩くのが面倒と言う

横着モンが思いつつ知り合いだし
夏はキャンプに行く仲である

よし!老いちゃんが送ってあげよう
子供は万歳三唱

大雪の中、往復1時間の雪道ドライブ

  遊歩道の除雪作業

午後3時過ぎに散歩へ出掛けた
今日は中央郵便局へ私書箱の年間使用量を支払いに

その後、年金受給のため本人確認作業で在留証明書申請へ日本大使館へ
国内では現況届け葉書を投函すれば済む

海外だと現況葉書と在留証明書が必要なのである
歩道では多くの人が踏みしめた雪をT型一本刃で細かく砕く

雪が踏みしめられ固まり凍結すると簡単に剥がれなくなり
市民が転倒し骨折・怪我等をする為

柔らかいうちに除雪作業

粉雪の中

  中央駅前の噴水広場

ここでも朝から作業員の方が雪かきをして
歩きやすくしていた

よく見ると歩道を敷き詰めている石板は御影石で
雨や雪・凍結すると表面がガラス化します

夏靴の私は二度、スリップしました
足の出し方で靴底が滑ります

見た目重視の飾り石板は市民には危険である

首都中心地へ

  首都中心地へ

静かな師走を迎えています
米国のロシア・中国経済封鎖はモンゴルにも

大国主義国に国土を覆われているモンゴルは大変です
衣食住を二国に頼るモンゴルも経済封鎖をされているのと同じ

苦しいですよ
国民に一番、好きな酒池肉林遊びができない

クリスマスイブまで二週間と言うに
軽快な音楽が聞こえてこない

近代化

  首都中心地で一番の空き地だった

何処の国も経済発展する時系列で一番最後まで
取り残された空き地が最後は高級地と化すのは同じである

モンゴル首都も開発が一番遅れた場所が今、最近代化を
している

場所は大統領官邸へ行くオリンピック通りである
日本大使館もこの通りに面している

今じゃ車など駐車する場所もなくなり
公共交通を利用し徒歩で大使館まで行くしかない

帰りも徒歩で近くのバス停へ行き
毎日散歩する金持ち地区まで移動する

3地区に行くと予め決めたマーカー場所でマーク確認し
線路を歩いての帰宅となる

今年は雪のクリスマスイブになるか
楽しみである

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« 寒々しい風景 | トップ | 久し振りの野良公 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

首都散策・冬季」カテゴリの最新記事