馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

モンゴルのマリリン

2019-05-23 12:55:46 | 首都散策・春季

春爛漫

我が家から戦争地区(軍人住居地区)へ向かう途中です
昨日までダウンジャケットを着込まないと歩けなかった町も

うって変わったように真夏です+28度
戦争地区へ向かう幹線道路は渋滞中です

なんとなく前方斜め前を見ると男女平等の象徴が仕事中!
私はこういう働く姿の女性が大好きなんです

厚化粧で口紅真っ赤で都民に平気で嘘をつき
シャーシャーと都政を牛耳っているメス豚が大嫌いなんです

今は与党大物の印籠に認められ肩で風切る風袋
それに比べタンク上の姿はフランスの闘士・ジャンヌダルクです

爽やかな姿に万歳です
のろのろ待たされたので男女平等社会の一コマをと写しました

彼女ニタッと笑ったので手を振り返したんです

  ガソチン高いです

自宅で写真編集していたらビックリポンです
現場ではデジカメを見ていたから分かりませんでした

分かってたら追突事故を起こしていたと思います
スカートのまま男でもビビルタンクの上での作業

まさに男女平等社会ですなぁ!

偶然です

  こうでなくちゃ

男も女も関係ない姿です
タンク内に正しく請求だけの量が入れられているか

入り口を開け空気抜きする作業・男でも簡単にできない作業
なれた作業風景に惚れぼれする爺さんです

恐ろしいや

    私の一ものとロシア学校正門

昨日は日本のおでんを作ってご馳走するという約束で
ミルクーリー市場へ行ってきました

場内は日本人観光客でゴッタ返していました
オイルで作ったキャビアを大量に購入していました

日本円で200円から500円で購入していました
偽物だから安いです

でも大半の日本人は本物と偽物の違いが分かりません
スーツを着こなした立派な紳士たちでした

通訳が私の姿を見ていやな顔をしていました
偽物のキャビアをクラッカーに乗せ丸ごと口の中へ放り込む

醍醐味!

何とも言えない究極の幸せと満足感です
知らない事は好いことである

中東・イランのキャビアは一缶50万円とかするそうです
ロシアの本物も裏社会を動かせば五千円ぐらいで購入できます(入手困難)

みんなで帰れば

  

帰宅時間に市場へ行きました
昔は校庭を誰もが自由に出入りしていましたが

現在はゲートを開けての出入りです
でも一般人も教職員出入口から勝手に出入りしています

私はというと市場の裏口が校庭に面していて
そこから市場へ入る(市場従業員専用出入り口)

訳の分からん爺さんですが今でもスルーパスです

夜景

  

昨夜も3地区を徘徊し自宅へ戻ると
午前様でした

自宅に戻ってもPCが他人様のようで
あまり自由に使いこなせない

そうでしょう!
私は妻を売り飛ばそうとしたんですから

そんなPCです
元の鞘へピッタリ収まるまでには相当な時間が掛かりそうです

繁りました

    

破れ鉢に醜い姿の鮫肌で露出していた肌も見えなくなり
柔葉を鉢一杯に広げ美しい

見せちゃいけないものが世の中には沢山、有るものです
見えないからこそ相手は想像と好奇心と欲望を起こす

厚化粧も真っ赤な口紅も綺麗な服も香水も詐欺師には
必需品かもしれません(たまには騙されて見たい気も)

それが生きがいに繋がるものかも知れません

一句

宵越しに麗しきもの抱き締めて
翌朝見れば君は誰です


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント (4)   この記事についてブログを書く
« 一週間の回顧録 | トップ | 平安な一日 »
最近の画像もっと見る

4 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
こんにちは (sake)
2019-05-23 17:14:18
モンゴルさん、パソコンが直ってよかったです!
私は昨日今日と社長がゴルフなので、仕事もそこそこしつつ、ちょっと徘徊もしたりしています。(^_^;)

小池さん。。。でも外国人参政権に反対していたのだから、保守側の政治家さんですよね。
どうにか自民党とうまく折り合いをつけてほしかったです。

今日のテレ朝のニュースでは、昨日だか小泉さんと、小池さんと、二階さんが会談をされていたとやっていました。
小池さん、また自民党に戻って、安倍さんとかと仲良くやってくれるといいなぁ~と思います。何となく国民党(?)からも距離をとっているような感じですよね?違うかな?
祝PC奧さんとの仲直り (onecat01)
2019-05-23 17:54:22
馬とモンゴルさん。

 ブログの再開を待っていたのは、部屋の花たちだけではありません。遠くの日本、さらに向こうのアメリカでも、待っていた人がいると、思いますよ。


 これからは、奧さんを大事にしてください、いつもそばにいるからと、安心しきってはいけません。声をかけ、手をかけ、言葉をかけ・・が、大事です。

 しかしモンゴルのマリリンさんには、驚きました。働く女性の姿だったんですね。これでは、PC奧さんも、つい忘れますね。私は日本にいて良かったと、つくづく思います。PC奧さんどころか、本物の奧さんに、ヘソを曲げられてしまいます。

 自宅からの夜景も、元どおりですね。
しかし、一番の傑作は、あなたの歌です。腹を抱えて笑いました。久しぶりの笑いです。モンゴルからの、楽しい贈り物でした。有り難く受け取りました。
異なる意見に賛成 (馬とモンゴル)
2019-05-24 15:45:20
sakeさん

こんにちは!

政治と宗教は各自の自己責任で判断することですから
選挙権のある方は各自の判断で決めればいいことです

私は嘘つき・目立ちたがり屋で金の臭いで政界を蠢く厚化粧が大嫌いです(昔から)

エジプトの学歴も定かじゃないし選挙公約も当選すりゃ無視(国会・都知事)しチャラチャラした女は嫌いです
一穴主義の是非 (馬とモンゴル)
2019-05-24 16:02:04
onecat01さん

こんにちは!

私も妻を娶らば妻に従い仕えろを実践すれば今頃、極寒の地で寒さと侮辱に耐える事もなかったのでしょうが、此れが私の運命と喜んでいます

喧嘩しながら喧嘩瘤が硬くなるのをニタニタ喜ぶような私ですから始末が悪いです

世界中の仕来りを見ていますと国・組織・政治・経済・教育にも夫婦関係が見えてきます

果たして夫婦の関係は一夫一婦・一婦多夫・一夫多妻・独身・同性愛・奥さん旦那さんの貸し借り等があり何が正解かと言うことに行き着きます

モンゴルにいて見えてきたものです

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

首都散策・春季」カテゴリの最新記事