馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

権力に逆らってはならぬ

2016-06-25 13:24:43 | 協調性・共同作業・共に生きる・農工業等

虎に蟷螂が

先週から日本と同じでモンゴルも局地的大雨
散歩も徒歩じゃなく車で散歩コースを巡る?

お陰で痩せるどころかメタボ増加中

20日頃、PCの具合が悪く狐に咬みついたところ
有ろう事か狐が記事を読んだみたい

BINGで爺さんのブログ記事は検索できなくなった

大者のヤル事か『矢張り狐だった』
時の権力者には逆らっちゃならねえという事か

爺さん!

後先の事、考えず直球を投げ込むから
困るのは爺さんである

大者は小者の意見を聞いて悪い所は改める
これぞ天下に君臨する価値ある者ではないかと

爺さんは力説したい

車で散歩していると分からない部分

久しぶり二足歩行で散歩したら河川工事(橋梁工事)現場が水浸し
何じゃ・・・こりゃ!

行きは工事業者が居なかったが帰りは大勢の作業員がいた
ブルトーザー・シャベルカーがフル稼働し復旧作業をしていた

現場監督もいたが私のところには来ない

現場監督と爺さんがダブルに重なり
何となく親しみが増幅した(二人とも馬鹿じゃ)

爺さんはグーグルに刃向かう!・・路刃の刃で
現場監督は河川に刃向かう! ・・無知な脳刃で

似た者同士であるからして気が合う

揚句がこの有様である!

一部始終を拝見しました

本気で怒る

    

この川はセレべ川の支流であるれっきとした川である
この川ももう少し西側下流でトーラ川に流れ込む

支流とはいえ馬鹿にしちゃいけません!
爺さんは水の怖さを生まれた時から知り尽くしている

梅雨・夏・台風時期、増水で一級河川が増水し流れる様は
不気味な唸り声を上げて下流域へと流れる

三国志ではないが地が地響きを震わせ
空気が唸り声を上げ肌を震撼させる

周りの木々は戦き騒めき慄く
無知な人々は恐怖で貧弱な家屋で
肩を寄せ合い慄くばかり

時の過ぎるのをじっと息を殺し佇む

爺さん1歳から18歳までの記憶

爺さんはB29爆撃機の轟音も子守歌で育った!
団塊世代がB29はないだろうと疑うだろうが爺さんにはある
1歳から6歳頃まで(超越した餓鬼だった)

分からん奴には分からんでいいがB29の爆撃音が子守歌だった

この始末の悪さ

 集中豪雨でお手盛り工事の隙をついて

爺さんが見学していて危ういというかチンタラちんたら工事をしていた
この時期、モンゴルも梅雨時期である・・今年は雨が降らなかった

でも先週からモンゴルもまとめて土砂降りした

揚句がこの様である!
失敗が人を大きく成長させるが

狐は成長も何も学ばない

最後は腹を空かした虎の餌でしかない

嫌な渡世ですな

 機械の凄さ

シャベルカーの威力というか能力の凄さに敬服
この様な現場で人力だけで作業していると何日かかる?

30分もしないうちに決壊した作業現場を塞き止めた
ブルトーザーとシャベルカーのコラボ

後は作業員が水汲みポンプを入れて溢れた水を汲み上げる
どういう現場を見せるか・・想像がつくが後のお楽しみ

薄着で出かけたので太陽が沈みだすと寒くなりだしたので
今日はこの辺で実況中継は終わりとする

ほんブログ村

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 にほんブログ村


 


コメント   この記事についてブログを書く
« 雨の中のピクニック | トップ | 混沌としたモンゴル »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

協調性・共同作業・共に生きる・農工業等」カテゴリの最新記事