馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

線路と蝶と夕陽

2019-05-13 00:53:43 | 首都散策・春季

一夜の雪景色

五月も二周目に入り本格的な春がやって来た
一昨日、首都一面の雪景色も一夜限りの夢物語

  

今朝は何もなかったような穏やかな景色には面食らう
如何なされたのですか、キツネに化かされたような顔されて

と言われるような顔つきでボンヤリと外を眺める

ベランダからの眺めは春景色である

レールと

  

雪が大地を湿らせタンポポが一気に開花しだした
たまにしか走らないレールには無数のタンポポが

黄色い花を咲かせ春だ!と叫んでいるようだ

蝶と

  

その周辺で低空を早い速度で飛び交うものがいる
蝶々が二匹、元気に飛び交っている

如何しても写したい!
一匹は遠くへ飛んで行った

一匹は枕木の間の土に羽を休めて動かない
そっと近づきズームで一枚写させてもらった

石炭車

    

操車場内では石炭貨車が石炭を満載し出番を待っている
貨車を数えようと待ったが動かない

私の方が痺れを切らし自宅へ向かう

痺れ植物

  電気植物?

鉄橋を渡り川の様子を見る為、獣道を歩く
厳冬期の厚い氷は1m50㎝程の厚みがあったようだ

土手で厳しい冬を越した地リス・ジネズミは元気にしているのか
足跡や糞・生きている証しの通り道が有るか検証した

大半が野犬や野鳥に食べられたようである
生き残っていたのはコンクリート塀を土手に倒した

下に塒をしていた地リスか地ネズミだけが生き残っていた
糞と足跡と行動している足跡が付いているのに喝さいをした

隣には写真の植物(ヨモギに似た植物)触るとクラゲに
刺された時に走る電気と痺れとミミズ腫れが起きる

水で洗っても薬を付けても炎症は収まらない
小便をかけると治ると言うが実行する勇気などない

私も一度だけヨモギと勘違いし触ったら指先が痺れ大変だった
モンゴル人はこの植物の中でモンゴル相撲の勝負をするそうです

負けてねじ伏せられればどうなるかは百も承知
負けないように底力をだし真剣勝負をするという

夕陽

  

自宅でニュースを聞いていたら屋外が美しい
沈みかけだったが美しい夕陽を拝借


ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« 芽吹き | トップ | おもむくままに »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

首都散策・春季」カテゴリの最新記事