馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

秋の気配

2019-07-16 09:14:39 | 首都散策・夏季

短気な豪雨

早めに散歩へ出掛けようかと屋外を見ると
バケツをひっくり返したような雨が2時間近く降った

雷と豪雨は凄まじく一瞬で散歩を蹴散らした

  いつもの時間に

蒸し暑かった首都が一瞬で秋模様
鉄橋下の河川敷は増水と若草が薙倒され

豪雨の爪痕を見せる
私も一応、自然界の脅威に反応してみせ・・凄い!

宴会

  跨線橋では

嫌な予感だが跨線橋の階段を占拠して宴会中
使用料は無料で天然冷房で気分は最高

35度ある焼酎(ウオッカ)を回し飲み中

降りられないので通してくれと声掛けると
酔っ払い特有のネチネチ言葉が戻ってくる

外国人と察知され日本人だと囁いている
人一人が通れる隙間を開けたので降りていくと

私のズボンを掴む奴がいる
傍で止めろという声・・気にせず通り過ぎる

此処で一言なにか言おうものなら喧嘩になる
何処の国の酔っ払いも同じである

爪痕

  

階段を降りガソリンスタンドまで来ると
豪雨の痕が読み取れる

洪水でゴミと発砲スチロールが打ち上げられている
此処から中央駅通りへ歩いていくと首都メイン大通りへ

児童公園でススキの穂が秋を呼んでいる
ナーダム祭が終わると秋が来るとはよく言ったものである

天然クーラー

  病院の駐車場も水溜

此処は国なのか国の形態を失くした集合体
首都機能はどうも16日まで機能停止状態

何処の商店もサービス業もドアを閉め休業中

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« 脱走番犬 | トップ | 郊外の知人宅へ »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

首都散策・夏季」カテゴリの最新記事