馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

賢者の言・最終回

2019-09-24 11:46:23 | 首都散策・秋季

情けより

姿かたちは同じでも中身が真逆な隣国・朝鮮民族
文章を読んでいて情けないというより怒りを覚える文章である

告げ口・嘘というのは仲間内の秘密の会話である
それを事実でない事、嘘を世界専門機関である国連の場で

堂々と知識人が話す事が信じられない
これが朝鮮民族の正体である

アジア諸国会議では二国間の議題を持ち込むみ批判を展開した
すかさず開催国議長からこの場の議題に相応しくない議題と言い渡され黙らされた

三品目問題でも国際裁定で日本になんら問題なしと裁定された
しかし、韓国は自国新聞で裁定は韓国の裁定を認めてくれたと
国民に嘘の情報を流す

1965年日韓条約の中身を国民に知らせず賠償金を何に使い込んだのか知らないが
今、騒ぎになっている問題の原因を作り上げている(先年の和解10億円も有耶無耶になっている)

馬鹿な国民でも1965年に戦争売春婦・強制雇用問題の和解解決金の解決条約が判明すれば
誰だって騒ぐだろう(日本国政府はこれを韓国国内での解決問題を言っているだけ)

それを朝鮮民族は日本国政府と韓国政府の和解策は話し合いが成されていないと言い張る

    9月19日より連載しました

私はこの記事を書かれた森清勇さんは武人だと思う
私など文字を書くより感情が先に走り怒りだけが脳を支配し冷静さを失っている

これが日本でも一般市民の感情ではなかろうか
私のようなお花畑の国民が目を覚ませば昔の軍国時代の日本に先祖帰りをする

これを私は危惧しているのである
お花畑の大衆が暴走しだすと誰も止める事ができなくなる

このようにならないためにも冷静な今
我々一人一人が何を学ぶべきかを問いたいのである

怒る前に少し冷却時間として隣国と交流を控えるのが賢明な
問題解決と私は判断している

日本国こそ自国に蓄え金がある今、他国に侵略されない言わせない
強い国家を作り上げる時ではないだろうか

スイス国は中立国で世界に有名だが世界でも最強の軍備国家である
若者も義務で軍事教育を受けている(これが強い国の見本である)

そしてスイス国は世界で一番住み易くて地球(CO2)に優しい緑の国でもある
如何です、日本に至らないものと言えば自国で自国を守る軍隊が法律でない

国家を守り抜く国民の意識率が世界で最低なのだ

怒りを覚える

  

いま、日本で一番、危惧しなければならない大問題は
馬鹿な国会議員と政府が進めている外国人労働者の雇用促進法

噂では中国から来ている若者は派遣先の現役軍人たちと言われている
お花畑が続けばいざという時、外部からの侵略が実は内部で支配されていたという

落語の落ちにもならない現実を探る必要が有るのではないか
言っときますが他国から支配されるという事は全ての自由がなくなるということですよ

先頃の台風で屋根を風で吹き飛ばされ住みたくても場所もなくなることです
真新しい住まいを新築してもらったり借り住居もないということです

ゆとりが有る今こそ考えられる時間ということですよ

隣国・韓国は何年か前にドイツへ近代潜水艦を発注したそうです
ドイツ国から運用目的を聞かれたら日本国を潰すために必要な軍備と言ったそうです

これが日米韓三国軍事同盟国の行う戦術ですか

この国も

  高層住宅看板を見てください

宇宙から眺めれば地球などゴミのような屑惑星かもしれない
そんな地球でも宇宙の原理に従い季節は映ろう

もう直ぐ寒い冬が近くまで来ている
朝夕は冷え込み日本人には電気敷き毛布が手放せない

散歩する3地区の樹木も夏葉から秋葉に変わろうとしている
見た目には汚いがこれも季節の一瞬である

マイナス世界になれば来春の若葉の為の準備が始まる
写真は猫君と看板です

首都道路インフラは二の次で次々と高層住宅団地を建設予定です
現在でも一日中、車は渋滞で歩いた方が早いくらいです

この国も隣国・中国・韓国人と同じような御頭をお持ちのようです

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 賢者の言・五(一国内に二国... | トップ | 嬉しいこともある »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
賢者の言葉 (0necat01)
2019-09-25 12:48:28
馬とモンゴルさん。

 珍しく、長いシリーズでしたね。機関車と沿線の植物と、小動物たちの観察だけでなく、鋭いご意見を綴られることもあるのだと、敬服いたしました。

 ことに最終回については、同感の至りです。日本には、害虫が多すぎます。貴方が住まれているモンゴルにも、いろいろ問題もありますが、日本と違い、国民の半分が、反モンゴルではありません。我欲を隠さない人々が、溢れていますが、外敵のためには、一つになるはずです。

 これからもどうか、厳しいモンゴルの地から、賢者の意見を届けてください。楽しみにしております。
酷い国になりましたね (馬とモンゴル)
2019-09-26 03:28:53
onecat01さん

こんばんは!

家を出る前にコメントだけ開示して出かけました。

自宅に戻ったのは日本時間零過ぎでした(時差1時間)モンゴル時間午後11時過ぎです。

何が大事かといえば日本のニュースや情報をTVで収集していたら午後2時半になっていました。

又吉のヘレクーレという科学仕立ての放送を見ていました。(これも遺伝子科学番組ですかね)

人間の体には十種類以上のバクテリアが寄生していて総量を量ると1・5kgも体内に居るそうです。

小腸・大腸にはエンドルフィン(カス・排泄物宿便)が5kg?10kg・20kgか腸の内壁にこびり付いているそうです。(宿便も健康悪と関係有るらしい)

要するに腸内にバクテリアが存在することで人は健康を維持しているといわれるそうです

バクテリアを研究している方と又吉の掛け合いTvが面白くて、猫庭さんへの返事が遅くなりました。

研究方法がユニークで少し臭い話になりますが排便を利用してシャーレ(ガラス製ペトリ皿)で排便の中のバクテリアを培養し分析器で種類と量を調べる

健康な生活をしている方はバクテリアの種類と量が多いそうです。

又吉は偏食とバランスの取れた食事をしていないので今回の被験検査者48名中最低の数値が出ていました(真剣に悩んでいました)

日本では順天堂大学などで健康な人の排便バクテリアを病気の方の体内へ排便を座薬のように入れて病気を治す治療が行われているようです

見ていて成る程と肯き科学治療やケミカル薬より人間に優しい治療じゃないかと素人ながら納得しました。

将来は他人の便ではなく自分の健康便を冷凍保存して病気になった時に使用するという計画だそうです

神経や特殊な疾患の時に臍の緒を使用し脊椎損傷・白血病を治療するのと同じだそうです

私も猫庭さんも便治療は手遅れだそうです

若かりし頃の健康な便はいづこへと流れてしまった事か臭い話で申し訳有りません

日本では昔から賢人の爪の垢でも煎じて飲めば賢くなる・上手くなると言われた事は科学的なものだったんですね

又、日本国の国旗である白地に赤い日の丸は太陽です

人間は太陽無しでは生きていけない事を太古の日本人は科学的に証明し国のシンボルである国旗に印して太陽を拝んでいた先人達の知恵に最敬礼です

国歌もそうです苔の生すまで生きよと長生きの術を教えているんです

体内に山の幸・海の幸・大地からはバクテリアを体内へ入れ太陽を浴びて健康で長生きしなさいと

高等教育だけが人生の成功と宝と白人社会の真似をさせられ生きてきましたが、今になれば健康が人生での成功者という事を悟りだした此の頃です

好きな読書を毎日する事があなたの長生きの秘訣、私の健康秘訣は自然植物と話をし散歩する事ですか、これからは長生きの競争をしたいものです

もう一つ私が心がけているのは毎日、PCばかり見ているのでその時間分、40km・60km先、遠くを目を見開いて山並みや物体を見るようにして目の健康もしています(読書家さんへ)

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

首都散策・秋季」カテゴリの最新記事