馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

穏やかな日和

2018-06-13 10:04:32 | 首都散策・夏季

快晴

昨日も煤煙のない爽快な快晴
本来の姿と言える

    

自然とは厄介なもので写真では素晴らしい景色だが
自然の中で生活すれば色々とストレスが溜まる

やはり自然からかけ離れた人間には
都会が人工自然のオアシスである

発展し続ける

    

長らく対座していると色々なものを時間が
事細かく教育させてくれる

人間はそれに慣らされ
自然界から離れた存在を自然と思い出す

太陽橋が完成すると首都で一番絶悪な土地が
近代化に様変わりしていく姿

日本でい言えば駒沢公園一帯・成城学園
目黒・白金などかなぁ

強盗圭太も堤も手を出さなかった土地が
一等地になって行った歴史

若い息吹を感じる

  

自由民主化の煽りで地方に閉ざされていた国民が
夢にまで見た首都・UBに来て挫折を味わったのが住居

高地山岳斜面に住居を建て生活しだす
古里は日本と同じで老人と子供と孫だけ

限界集落問題がモンゴルでも起きている
田舎には就職口がない

嫁の来てがない
都会なら如何にかなるさ

番犬

  

車も購入しました
番犬ならぬペットも購入しました

羊・ヤギを番犬する代わりに愛車を番をさせる

ODAの証

  

昨夜は歩くのが嫌になり近道をした
それは日本ODAで作られた鉄道を渡る高架橋

太陽の橋です

陸橋を歩く

  

昨夜は機関車を写せないと諦めていたが
なんと陸橋から機関車を写せました

我が家

      

我が家の植物も出かける前に一枚
わがデジタルで一番写したものは我が家の植物たち

一年間咲き続けてくれる有難いはんたち

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« ゴミ舞う快晴な一日 | トップ | バタバタきじ »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
たいようばし (onecat01)
2018-06-14 08:50:25
馬とモンゴルさん。

 天使の煙突から、開発の進む市街地を通り、車の番をする犬の前を通り、いつものように太陽橋、機関車、そして最後には、愛しい部屋の花たちと、

 私も貴方の散歩に、お供しました。
何気なく見ていましたが、「たいようばし」は、なんと日本語だったんですね。もしかして、名士である貴方が、自費で寄贈したものですか。

 強盗圭太なんて、懐かしい言葉ですね。モンゴル人に分からないのは、当然ですが、貴方のブログを訪問する人でも、若い人なら、何のことか分からないでしょうね。

 どうだ、俺様にはわかるぞ・・、そんな気分にさせてくれる、楽しいモンゴル通信でした。

 しかし、過疎化する田舎の話は、他人事でなく、少し心が痛みました。貴方も、体を大切に・・。
知識狭窄にならないよう (馬とモンゴル)
2018-06-14 13:31:47
onecat01さん

こんにちは!

昔からミイラ取りがミイラになるという例えが有りますから注意が肝要です

もともと半世紀近く朝日を眺めながら生きてきた人間ですから三つ子の魂百歳までともいいます

時には明るい太陽にしたで大自然を眺め自然の営みを知ることも必要です

狭い箱庭ばかり手入れしていると霞が関住人や与野党のクズ国会議員のような人間になりかねません

来週早々、モンゴルで東北アジア市長会議があるそうです

日本担当をしている現地人から相談を受けバタバタしていた次第です

自然環境と気象変動やエネルギー問題をテーマに会議をするそうです

来週がモンゴルで一番環境が整った素晴らしい自然を見せる時期です

こんな時期に会議しても真冬の-30度の中、石炭煤煙と車等の複合排気で煙る環境で会議をするのが本当だと思うのですが穏やかな環境で会議をしてもどうなるんでしょうか

二度目の会議は来年二月に開催するとか提案したいものです(私はこんな素晴らしい会議には参加も提議もできません)

21世紀の時代は千葉にてモンゴルをリアルタイムで散歩している錯覚に陥る世界ですから素晴らしい時代を経験しているわけです

何時かの記事(ロシア・モンゴル友好植樹祭記念碑)と同じで後何年持つかどうかです

現地国家に不満を持たれるような関係になれば忽ち記念碑など汚水の流れる場所の踏み石代わりにされるのは目に見えています

石碑は私のプレゼントしたものでは有りません(ODA予算内での記念碑です)

車道と歩道を区切っている鋼鉄製ヘンスを泥棒が盗んでいる個所が有ります

一度、施しをすると永遠に施しを要求して来る民族ですから注意が必要です(何処かの民族に似ていると思いませんか)

日本国は昔から世界中で素晴らしい貢献をしていますが理解されていない事と遣り方(施し方法)が下手というか馬鹿なんでしょう

昔から役所には素晴らしい人材が多くいるのですがこういう逸材は使われないで埋もれているんですね

日本国も少し作戦方法を考えて世界貢献をした方が効率が良くなるかもしれません

私等より素晴らしい最高学府で学んだ与野党国会議員・霞が関のエリートたちが集団で国家を滅亡に進んでいるところなどトランプの思うつぼです

貴兄もたまには明るい太陽に下で書物を一時たたみ休憩し男と女の違いを考えたり若者と老人の違い、地球という極小惑星内に色々な言語が有ること、肌の色が違う事、晩酌の時の酒の種類や寝方の違い、身体の仕組みの違いなどを知ると簡単に死ぬ事が勿体なくなる

これこそ伊能忠敬が実践した老後の生き方じゃないかと私は考えます

此の頃じゃ強盗・盗賊やヤクザが畳の上で死にたがる世界ですから仕方ないかもしれません

私の人生も四方八方を塞がれ出し野垂れ死にが難しくなってきています

せめて自然の野で土に戻る様な場所が無くなっていくのを見ていると落胆してしまいます

欲・良薬というものは度が過ぎると毒に変化するとはよく言ったものです

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

首都散策・夏季」カテゴリの最新記事