馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

暴走機関車

2019-12-21 12:47:27 | 首都散策・冬季

狂った隣人

昔、暴走機関車と言う題名の映画を見た事がある
今、記事にする為、作品を検索(正しいかどうか)し確認したら

原作が黒澤明と知る
今の社会現象を見ていると機関車と隣国・韓国がダブって見える

遺伝子欠落が九百万個もあると人間も動物化してしまうのか
強い中国には手も口も出せないが親切や優しさを見せる馬鹿日本には牙を剥く

野生動物は懐かない、其処へ通産省馬鹿職員が余分な事をしだした
三品目の一つを煩雑さから毎年じゃなく三年一纏めで処理すると言う

通産省の職員は馬鹿か、何度も煮え湯を飲まされても懲りない
隣人に例外・特別待遇をするから隣人から馬鹿扱いされる

通産省職員よ馬鹿にされてんだよ・・・君らは韓国人に
戦争慰安婦問題や国交条約を破棄する異常隣人の事など構うなよ

  マイナス30度の中の華

今日のニュースでJ-1南野という選手がリバプールに移籍
リバプールが公式HPで旭日旗付きで南野選手を紹介したと言う

これに狂犬が噛み付いたと言う(狂っている)
朝日新聞の社旗も旭日旗であるが噛み付かない狂犬(主人なのか) 

せっかく阿部が狂犬を瀕死に追い込んでいるのに
餌や水を与える馬鹿役人がいる

先週、韓国の学者が韓国人の欠落人間ぶりを
学術的にまとめた論文を報道社がニュースで流したばかりなのに

 『韓国を蝕む儒教の怨念』・・少しお馬鹿な日本人も読書しろよ

極寒地の夕暮れ

  煤煙が見える

昨日も散歩時間が遅れました
急いで足を速めましたが太陽は容赦なく落ちる

日が暮れれば北の連峰斜面で生活している住民は
暖房と夕餉のため火を熾す・・材料は化学繊維材

燃やすと有毒ガスが発生するもの
石炭・薪じゃないのか・・高くて買えませぇーん

石炭10kg入りが5000Tg薪は8000Tg
買えるはずがありません

10kgじゃ何時間も持ちません

私でも買うには躊躇するお金の値段です
4人家族の夕食代一週間分のお金です

其処で彼らは如何するか、仕事場で廃材が出る
木材は上司が自宅へ持ち帰る

合板など燃焼させると毒ガスを出す燃焼材だけが残る
廃棄処理にお金が掛かるのでスラム街の労働者にタダで上げる

彼らはこれを暖房や夕餉の薪・石炭代わりとして使う
彼らの住居は北側高山に位置するそこで燃やした煙は

裾野を這って首都中心地の住宅街・オフイスへと流れ込む
これを諺では因果応報と言う

これも共産主義社会の汚点の一つです
私の記事がフェイクニュースだと思うなら極寒期

モンゴルへ禊観光でいらっしゃい
いい体験が出来ます

但し体調を壊しても責任は持ちません
保険でも掛けて来れば大丈夫!

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« カサ詐欺(野鳥)グレタ嬢 | トップ | 強かな露店商 »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

首都散策・冬季」カテゴリの最新記事