馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

ブログ遊び

2019-11-15 03:31:30 | 首都散策・冬季

しらける

世界中の生き物が歴史の捏造や嘘のTVドラマを好む
自然界の現象や事実を伝えても世間はしらけムード

昨夜のMSNで倉本聡が『北の国から』を作らなきゃよかったと
後悔している記事が掲載されていた

ドラマの内容が如何のこうのじゃなく
富良野のよさを宣伝したばかりに

観光客が大勢押し寄せ
富良野の大自然を独り占めしようと思った思惑が

台無しになったと言う話しである
歴史ある京都も外国観光客で苦虫をかむ

  外はマイナス20度ですよ

我が家の花たちも
孤独な私に付き合うように可憐な花を咲かしている
自然もあったものじゃない

倉本聡も言っています
富良野の一番好きな季節は真冬だと言う

私もモンゴルの一番は真冬の季節だと思う
宇宙と言う大自然を直に見ることが出来る唯一の時間帯

それも重装備しないで体験できる
宇宙服は一着3億円と言ったか

モンゴルじゃダウンジャケットがあればOK

規則正しく

    

今日もやります・・いま自然界の現実を報告しなきゃいつ出来ますか
嘘だらけの韓流ドラマ見て喜んでいる人が哀れである

日本が支那から独立開放するまで殆どの市民は裸生活していた事実

中国じゃ一国二制度を維持しろと叫ぶ香港人を香港警察官が
実弾で撃つ姿に共産主義国家の実態を見る(同じ民族じゃぞ)

私が銃を持たされ野良公や野良猫を撃てと命令されても撃てません
同じ香港で生まれ育った香港警察官の行為は考えられない行為

チベット民族や新疆ウイグル民族を平気で撃ち殺すことなど
空き缶やペットボトルを撃つのと同じ感覚なんだろう

日本でも中学生が小学生女子をカッターナイフで殺害しようとした

誰でもいいから殺したかった供述している
これも香港警察官が至近距離から実弾を若者に向けて発射した影響だろう

命令と言う安全装置の開放が怖い
香港行政長官の女は冷酷・極悪な女である

暴動の原因は冷酷女の言論違反者を本国送還する
条例案が法制化しようとした事が原因である

国鉄も

  身に凍みる寒さがいい

放射冷却が続いています
いい加減、煙突の煤煙で蓋をしてもらいたい

肺には良くないが寒さが少しは和らぎます
例年、この時期はこんなに寒かったかなぁ

モンゴルで一番寒い2月の外気温度だもん

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント   この記事についてブログを書く
« 野外授業 | トップ | なにかが見えてくる »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

首都散策・冬季」カテゴリの最新記事