馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

逞しい商魂

2019-12-08 13:02:01 | 首都散策・冬季

南風

寒さ厳しいモンゴルの青空市場です
私が泥棒市場といっている場所です

其処へ昨日、買い物に行ってきました
安く買い物したんですが行く度、考えさせられます

マイナス12度(現在)の青空広場マーケットです
日本人で理解できる方は北海道とか東北の人たちでしょう

商店街が開く前のガレージを借りての朝市や
板底一枚下は地獄の世界・荒波にもまれ漁を行い

寒風きすさぶ漁港の青空で市場を開いている人たち
そこへマフラー・手袋・ホッカイロをペタペタ張り買い物する客さま

  自宅を出る前に

日本を自由世界の権力者が見るとドロドロの共産国家と見える事です
何かとイチャモンを付けられるのは真の共産主義国家に見えるからです

何を持って共産主義国家といえば霞ヶ関方式かもしれない
自由社会国家は
大統領・首相が交代すると各省庁の高級官僚(失職する)たちも総入れ替えです

共産主義や日本・ロシア・韓国で大統領・首相が変わっても
高級官僚(課長以上)は失職しないからである

モンゴル国は米国や西欧に似ているが総国民が少ないから
失職した高級官僚が次の大統領選で有力な候補に寝返り復職する仕組み

日米同盟を締結しているが米国は日本を心の底から信用できない国家・国民と
思い込んで恐怖を感じている(ロシア・中国へ寝返ると)

イラン大統領訪問も米国の承認で訪日が実現

残酷世界

  唯一、自由が保障された市場

モンゴルで一番寒い1・2月のマイナス25度・40度の青空でも
市場は開かれ買い物客が押し寄せている(商品が安い)

モンゴルの金持ちは権力者(国会議員・高級官僚・叩き上げの経営者等)
国会議員と高級官僚は殆どが商業ビル経営をしている(貸しビル経営)

この泥棒市場も誰だか知りませんが左団扇の方です
仕事をしていないでしょう・・

暑いオーストラリア・シンガポールで遊んでいるでしょう

場所を提供し場所代を吸い上げる仕組みです
中国も商業ビル・アパート経営している

それと中層階級者・小金持ちの低層階級者に売りつける建設会社経営
寒風の中で働く従業員はスラム街の人たちばかりです

店舗を借りている人達ももとはスラム街住人ですが
小金を貯め店舗を借りて経営をしている

彼らは首都の郊外に安い住居を購入し住んでいる

生きる為

  働かざる者生きる資格なし

どんなに過酷な環境でも生き抜く底力がなけりゃ生きられない
私など寒くなると直ぐに泣きが入る爺さんです(生きら残れない)

頼もしいと言うか同じ人間とは違うことを感じてしまう
彼らは権力者の奴隷システムの歯車です

グレタちゃんのようにコップを認めない国は許さないなどと
口ばかり広げても奴隷は黙々と働かないと生きて行けない

グレタちゃんは飛行機・自動車(ディゼル車・西欧は大半がディゼル)に乗れない
排気ガスを出す物を利用しないと言った手前、移動に飛行機を使えなくなった

その悔しさで恨み辛みで口をへの字に曲げ眉間に皺を寄せ
一番美しい時期に悪女のような面相をし敵対者を憎む

日本でいうなら立つ党首の枝野と言うところだろう
国民の目の届かない場所で何しているか分からないが

低層の住民たち

  寒いけど安い

市場は此処だけじゃない
首都中心地にも歩道の一角を不法に占拠し販売している業者もいる

しかし、首都の治安を監視している警察・生活環境課の悪徳ポリスに
手等(寺)銭を吸い上げられる(日本円だと一日「2千・5千円ぐらい)

馬鹿になりません歩道に店舗を20件黙認すると毎月百万単位の金が入る
日本のヤクザと同じでみかじめ代と考えていただければ理解できる

路上移動店舗は買い物が楽な分だけ割高

首都中心地の商業ビルも貸し店舗である(レンタル料が高いが暖房入り)
此処で販売されている商品も泥棒市場の商品と同じ物だがレンタル料が含まれるから

青空市場の1・5・2倍近い料金値札が付けられている
貴方ならどちらで買い物をしますか(現地人の大半は楽な割高店舗で購入する)

私は散歩中に買いたい商品のリサーチを兼ね一番安く販売している新鮮な商品を購入する
その場所が中国やロシアから輸入され一番先に届く中央駅横の市場が安くて新鮮

企業が輸入している時はその企業経営店舗で購入するのが廉価
此の頃は首都中心地を一品をぶら提げ怪しい商品売りを見かけなくなったが

彼らから買うのも面白い

盗品だったり家族の持ち物を無断で売りさばく家族の厄介者
不届き者たちから買う商品です

500g小麦粉・料理オイル・香水・靴・時計・アクセサリー・服等
売られた人は厄介者と喧嘩するのが目に見える

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村

コメント (2)   この記事についてブログを書く
« 反省すること | トップ | 憑き三昧 »
最新の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
未知の国の便りに驚き。。。 (あほうどり)
2019-12-15 17:44:26
初めまして。モンゴルでも悪徳警官がいるのですね~

私が知人から聞いた話を記事にした→https://blog.goo.ne.jp/700646kanagawa/e/ae618980206cdeff38ea673edcc654bd
にも載せていますが世界では珍しいことではないのですね。

マイナス25度とか40度とかは、自分には想像もできません。初めて知る知識が多いことに歳をとってからわかりました。
何もしなかった国家 (馬とモンゴル)
2019-12-17 15:18:06
あほうどりさん

こんにちは!

コメント遅れて申し訳有りません

此の頃、ブログをじっくり見る暇もないほど東方西走しています

海外滞在で一番のネックは滞在許可を受ける事ですから

ブログを読んでいただければ体験記事で見たままの事実を書いています

現地人にすれば怪しからん野郎と思われています

子供の頃の記憶は貴方が言うように正しい言葉(当時は標準?)を堂々と発していました?

裕福で教養ある家庭では標準語である下品な言葉を使用していなかった事だけは記憶にあります

親の家庭内での発言は子供の言っていることを聞けば100%理解できるとは世の東西を問わず何処の世界でも同じです(モンゴルも同じ)

私など勉強より遊び優先のクソ餓鬼でしたから金持ちボンボンと友達になりたくて話しかけるとあからさまに親がお前と遊ぶと馬鹿になるから友達になっては駄目と言われる有様でした

私は気にする事なく無心で子供・青春時代を遊び一途で謳歌しました

日本も戦後、戦勝国コンプレックスと日本国卑下の精神が蔓延しおかしな国家に成り下がっています

当時は医学(細菌学)や身体・生活環境学が十分でなく噂や呪い過去の口伝を信じていた人が多かった

妊婦が薬を服用したり空気中の細菌で免疫抵抗力が弱まると個人に感染することも家系遺伝として忌み嫌われた時代です

現在は地区インフラ等やバリアフリーが整備され住み良くなりました

そうなるといきなり弱者優先や保護が力を持ち言葉狩りまでされてきました

何が正しい時代なんですかね

現在でも殺された方より殺した方を優先する法律ですから驚いています

私が思うには人間動物法なるものを制定します

一定の区域に社会構成都市を整備し監視の下で社会生活をさせる

企業から役所等を整備し経済社会を作り上げ犯罪を抑止し一般社会と隔離したやり方です

人も動物ですから野に放たれ好き勝手を許されればライオンにもトラ・狼にもなる人がいても可笑しくないと言うのが私の今の考え方です

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

首都散策・冬季」カテゴリの最新記事