馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

昨夜から雨です

2018-06-17 13:44:35 | 首都散策・夏季

蒸し暑い一日

昨夜、散歩からの帰りは午前様で零時半に帰宅
帰宅し部屋の熱を屋外へ出す為、ベランダの窓を開ける

しばらくすると雨が本格的に降り出した

  

雨は日本人には恵みの雨である
疲れとやる気なさで風呂から上がると寝てしまった

ロシア大会を放映していたが観る気なし
デンマークとペルー戦を放映していた

デンマークの一方的支配でTVは付けっぱなし

今朝、目が覚めると別の番組を放映中
起きたのが正午でNHKに切り替えるとニュース中

雨の日は熟睡できる
日曜日でもあり静かで平均的睡眠時間

道端の植物

    

昨日は自宅そばの産業道路添いの雑草を👀ながら
本来はいけない事です

新宿のぶつかり男のようである
脇見歩行は自己の元

首都中心地で若者のスマホ操作人間とぶつかる
ぶつかった途端、私は飛ばされました

足が不安定だと車道に転がされる処でした
若者は謝っていたが怖いです

昆虫・蝶も蜜を求め

  

表紙の写真とサークル型の蓮華草の一種?
白と黄色の混ざったような汚い蝶がヒラヒラと飛んでいた

写したのだがジッとしていないから写り込んでいたのかどうか
再度、確認したが見当たらなかった

日本との違い

      

第54学校の校舎の割れ目に根を下ろした樹木と雑草
NHKで又吉と植物学者の勉強番組がある

街中で雑草は賢い生き方をしているという
👀から鱗の学問を学ぶ

コンクリートのヒビ割れ目や配水管口・電柱などの下に自生している植物
学者から拝聴すれば納得のいく生きお方

ハコベなど根を張る奴は割れ目に根を張り茎を引っこ抜かれても
根が再度👀を出しコンクリートの下の土は常に水分を保っているから枯れない事

電柱や配水管の側は水分を取りやすい立地条件が有ること
特に電柱の水分確保は植物に必要な栄養源もあるとのこと

犬のオシッコは最高の栄養源
又吉、電柱の雑草を抜こうとしない((´∀`*))ヶラヶラ

毒草とヨモギ?

    

ヨモギモドキとその中に咲く怪しげな花
ヨモギモドキを知らないで触るとクラゲのような電気が走る

来蒙早々、草原でヨモギと間違え葉を千切り触った途端、電気が走り
叫んだ!

触った指と腕の皮膚がミミズ腫れになり一日中痛さと痺れで泣いた

猛毒の花を付ける植物も球根が猛毒である
何年か前、記事にした植物名もちゃんとあるが今は忘れました

モンゴル相撲を商いにしているプロたちはヨモギモドキの自生している場所で
ワザと相撲の練習をするという

指導者もこの植物を刈り取ってきて練習場所で真剣勝負をさせるという
彼らは裸にパンツとシャツとは名ばかりのYシャツを身に付けているだけ

投げ飛ばされれば全身に痺れが走る事になるから投げられないよう
真剣になる

そのような雑草が首都注意sン地のド真ん中で自生している

操車場

    

帰りは毒を吐きながら歩く羽目になる
夕方9時過ぎると路線バスの運行が減るのと

運転手も早く帰りたがるのか行先の判明しない
バスはバス停で人が待っていても

スルーしていく

私もスルーされても文句言えない立場の貧民
分からなきゃ歩くしかない

毒を吐きながら操車場までくる
序に自宅まで歩く続けた

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
『ささやき』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
« 路地ものが密かに | トップ | 駆け込みSor O »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

首都散策・夏季」カテゴリの最新記事