馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

収穫

2019-10-08 13:46:02 | 首都散策・冬季

計量しました

散歩で小麦をサイロへ搬入し小麦粉に加工する会社の
記事を夏からしています(ビール会社も)

写真の小麦は国鉄開設70周年事業で
遊歩道の真ん中にモニュメントを建設した時

歩道以外に樹木や花を植えた土が麦畑の土だった
発芽し育つと誰となく麦穂だけ摘まれ周りに散らばったり

野鳥の餌になったり靴で踏みにじられていたので
今回は私が代表して国の主要(主食)穀物を

観察してみました

  50本の収穫

水分があり幹も長めに切ったので150gあります
これを乾燥させ脱穀すればさらに実生の重さは少なくなる

出来れば麦飯を食する事が出来る量になるか
楽しみである

先月分と比較

    

昨夜、収穫した麦穂は5本で総量20gです
先月、収穫し乾燥させた5本の穂は5gです

先月私は麦の実生はどんな味がするんだろうと
興味本位で
5本だけ収穫させてももらっていた

味は水分がありジューシーで豆乳の匂いと甘みでした

右が乾燥させた麦穂です幹も殻もついて5gです
実生だけだと2gから3g有る無いかです

種籾植えから収穫するまでの農家の苦労が理解できます
食べ物は大事にしたいものです

乾燥

  乾燥させます

150gの麦穂を乾燥させ実生だけで何gになるか楽しみです
出来れば麦だけの炊飯まで記したいと考えています

その時はまた、感想を記事にします
昨夜と言うか明け方の外気温度は

マイナス7度になりました

ブログランキング・にほんブログ村へ

にほんブログ村 

不便な暮らしブログランキング参加用リンク一覧
にほんブログ村

PVアクセスランキング にほんブログ村
コメント