馬とモンゴル

乗馬によるモンゴル大自然の四季と牧民生活の折々を日記風に

日常生活が元に戻りました

2016-08-07 03:08:35 | 健康・家庭医療・医療事情等

嫌になっちゃう!

いま、日本で熟年離婚が流行っているという
昔からだろうが!

如何も奥さんが夜方になり

 自宅に戻ってきました午後九時

退職した旦那が風見鶏(一番鶏)になるらしい

一番鶏になった旦那など
奥さんは裏庭で首を絞めて

生暖かい時分に毛を毟り茹でれば
水炊きの出来上がり

裏庭には旬の生野菜が沢山あるからよかろう!
脂が乗っているからさぞや美味しいに決まっている

旦那も毟られる前に心を入れ替えるべきだ!

 夕日が富士を作る

せっかく退職したのだ
高校生気分になって夜更かしを夫婦ですればいい・・簡単な事

若かりし頃の音楽を聴くもいい
蔵書の読み返しを二人ですれば別世界が有るかもしれない

書籍の読み返しは自分の成長が分かる

   

昔名著と心酔し必死に読んだ書物がつまらなくなったり
何となく読んだ書物が名著になったり

当時と意味合いが変化したり(自分の成長で)

退職したから旅行したい!巡礼したい!寺巡りしたい!
美味しい物を食べ歩きたい!

そんなものとっくに奥さんは仲間と全て巡り制覇している
旦那には言わないだけ

爺さんも老後生活の実践を同輩より10年前の昔に
先取りして老後にこうするだろうと言う夢を

先取りで叶えて気付いた事は・・
独り善がりって事だった

 一番鶏だけが働き始める

奥さんも気が付きます

退職後の旦那さんの夢を全て先走りで実現している事実
こんな事なら先取りをしなきゃよかったと後悔してますよ

朝が来たのを見届けて

   

爺さんもそうだろうし夜型人間に体が変化した奥さん方も
夜更かしに何ら抵抗感が無くなることである

学生時代は無理強いというか起きてナンボの人生とばかり
眠い目を擦り乍ら起きていた記憶しかない

今は違います!
起きていても怒る親もいない!
餓鬼も成長し独立している

家にいるのは爺・婆の二人だけ

 誰もが眠りの世界

老爺と老婆が二人で裸で生活していても
誰も見咎めはしないだろう

ただし裸のまま外へ出て行けば近所の大迷惑になります
警官を呼ばれても知りませんよ・・要注意!

 雨が外気温度を下げている

一寝入りする

朝ドラを見て一寝入りする
老爺と老婆が二人で鼾かき乍ら寝ている姿は微笑ましい!

 一番熟睡している時間帯

昼過ぎには起きれるだろうからそこから一日が始める

午後活動し

でも本格的なお百姓仕事や菜園をされている方
ペットを飼われている方は
夜型人間の生活は出来ないだろう

 火力発電所の重油運び

日本は難しいかもしれない!

太陽が沈む時間が早いから

 煙突からの煙少なし

夕方!

爺さんは散歩というか車でドライブしながら
夕日が沈むのを見届け乍ら共に帰宅

帰宅して部屋の熱を全開で屋外へ履き出す!

窓を開ければ30分ぐらいで涼しくなる
夜は忙しい!

情報を取ったり雑用に追われる
食事も決まったものを腹に入れる

健康的じゃないね!

深夜族の始まり

モンゴルでは早起きは三文の得という諺は?
早起きは役所だけかもしれない

 

一般の商店やレストラン・デパート等は10時から11時前後に
ようやく活動し始める

これが爺さんを昼夜逆転させる要因の最大理由

早起きして活動すると二重手間になる!
仕事や要件が一度に済まなくなる

一か所で全てが完結すれば早起きもいいが
コピーが必要、別の事務所で必用手続きが起きると

そこが開店していない事はザラ!

職員が来るまで待つしかない(待たされる)

こんなことは日常茶飯事!
皆さん本格的に活動するのは正午から

という事で爺さんは今も午前4時過ぎに
記事完了!

ほんブログ村

 にほんブログ村 ライフスタイルブログ 緑の暮らしへ にほんブログ村 ライフスタイルブログへ

 にほんブログ村

コメント