糸乃こまりの川柳

趣味は川柳 シナリオ 只今エアロにもハマってます チワワ大好き 9月になったからわん子とお散歩楽しみ〜 

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログ ロングコートチワワへ
にほんブログ村
お散歩・お出かけランキング
お散歩・お出かけランキング
人気ブログランキング
チワワランキング

チワワ2

チワワ2

わん子と入れるお店

シナリオ

にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
にほんブログ村

川柳マガジン

2011-04-28 11:12:55 | 川柳
ストローは二本のジュースやめました

糸乃こまり


新葉館 Web川柳

題「区切る」 二宮茂男選

恋人同士でも時が経てば……。

同じ気持ちを持ち続けるのは大変ですね。

やがて、恋が愛に変わるなんて理想的。
コメント

平成21年7月~12月

2011-04-27 17:25:28 | 川柳
平成21年 7月


川柳マガジン 読者柳壇 題「ガラガラ」福引の音で終生励まされ



   ゛   クラブ  題「延長」  同棲の造花のままで時が経ち



   ゛               生命線また鉛筆で書き延ばす



つくばね番傘      題「すくすく」育ちすぎ慌てて知恵が追いかける



   ゛        題「息抜き」 息抜きでアイデア浮かび仕事増え



川柳研究社       吟詠     立ち話見下ろす雀あくびする



   ゛               バツゲーム納豆食べてキスをする



   ゛               恋のせい初桃見つけただ笑い



   ゛               ありがとう何度も言える街に住む



   ゛        パドル    夢のない子供を嘆く年になる



   ゛               沈黙は金だとばかり振る尻尾



   ゛               買い込んだネット薬で治らない




   ゛        新人教室   ゴミ捨てに未練の捨て方を学び



川柳サロン       互選句    新幹線棚で寝ている土産物



サイテク川柳      題「分裂」  お化粧の線で分裂してる肌



   ゛        題「気圧」  トイレタイム気圧でそっと開くドア












平成21年 8月


川柳マガジン  読者柳壇  雑詠 父が逝き似てきた兄に寄りかかり


新葉館Web川柳句会  題「布」  麻のしわ誰とどこかがばれそうで


川柳さくらぎ  創作入門    ひいふうみほっぺは若い露天風呂


  〃             曲がり角もうお別れと傘も泣く


  〃             終わらない風車に見える心の輪


  〃             充実の旅でまろんだ女偏


  〃             ボトルの名 ちょいと演歌の香りする


  〃             ぬるむ川裸足をおそう割れた貝


  〃             ボランティアひとり相撲で盛り上がり


  〃             創作の句をおいつどう花畑


  〃     題「夏」    プールサイドで寝てる隙間がもどかしい


つくばね番傘  題「怪談」   キャー怖い飛びつくまでの長い道


  〃     題「ノート」  エコノートチラシの裏で動く億


  〃     題「ノート」  ノートから下五が落ちて水たまり


川柳研究社    雑詠     馬鹿だなぁいわれ嬉しい時が増え


  〃             父が撫でたパイプに嫉妬してた頃



  〃             プレゼントのリボンが先に躍り出る


  〃             SLのポーは心に保存され


  〃      パドル    嫁ぐ日に慣れた味など捨てました


  〃             エアロビクス二日後骨が叫び出す


  〃     題「鳴らす」  救急車音でウルフに戻る犬


  〃     題「袈裟」   触れてすぐ性善説が沸いた袈裟


  〃  新人教室 題「探す」 間違われ靴を探しているお通夜


サイテク川柳  題「循環」   見上げてた自分を見たい観覧車


  〃     題「血糖」   血糖値既に悲劇のプロローグ                









平成21年 9月


川柳研究社   吟詠     交差点一期一会とまた会った


  〃            そびえ立つ夢はプリンよ食べちゃおう


  〃            また見合い胸をぎちぎち締める帯


  〃            干す布団叩きすぎると幸も落ち


  〃            巻きついた葡萄に染まり歩む日々


  〃     パドル    ジェントルマン抱き方学ぶのも原書


  〃            ご紹介視線顔から下りてゆく


  〃            開けられて裸見られて拗ねてる歯


  〃  新人教室 題「ペット」里帰りまずはペットの名を呼んだ   


  〃 平成21年誌上大会 題「砂」一粒の砂が入った赤い靴


つくばね番傘 題「うきうき」 うきうきにため息まじる試着室


  〃    題「エコ」   エコだって先着順と断られ


サイテク川柳 題「確率」   地デジ率下げるわが家の古テレビ


  〃    題「光線」   蚤の市古着に光るエコマーク


川柳サロン  互選句     アパートの隣りモデルに直木賞


  〃    題「偽」    コンビニを弁当箱に詰める愛      








平成21年 10月


川柳マガジン   印象吟 猿の写真で 月光を浴びれば上がるステータス


  〃      笑いのある川柳   若作りしてもトイレにすぐに行く


  〃      読者柳壇 題「交差」味付けに交差している愛と慣れ


雀郎まつり    題「おしゃれ」   脱ぐために選んだ服で待っている


つくばね番傘   題「メタボ」    愛あふれ妻がメタボにしてくれる


川柳研究社    吟詠        ヘボ試合ほどよく寝れる芝生席


  〃                生まれたて雅号ノートにぶら下がる


  〃                文庫本太宰連なる山高く


  〃                晴れ雨の兼用傘で倍生きる


  〃                パリジェンヌになって枯葉に物思う


  〃      パドル       女性用車両で姿勢ゆるみすぎ


  〃      題「空洞」     つんとしたきゅうりを切れば穴があり


  〃      新人教室 題「星」 東京の星はわずかでありがたく


サイテク川柳   題「寿命」     カラフルな寿命最後は山水画


  〃      題「衛星」     帰り道星に下車したかぐや姫


川柳サロン    題「ノルマ」    いらっしゃい自販機だけがご挨拶


  〃      互選句       ぼそぼそのごはんもちんでにっこにこ









平成21年11月


川柳さくらぎ   創作入門   人生の旅に膨らむマメ一つ


  〃             クラクション止まっておれぬ歳の坂


  〃             つくすにも控え目がいいかゆの味


  〃             若葉マークマダムに趣味の顔が付き


  〃             形なく心惑わす恋とガス


  〃             ネットなら括弧で終わる泣き笑い


  〃             独りより誰かがいると冷える墓地


つくばね番傘  題「ソフト」  お手玉をにぎるリハビリ一歩ずつ


川柳研究社   雑詠      地下鉄の窓で美人に見えました


  〃             そこそこと心もほぐすもみどころ


  〃             熟女的フルーツ食べる食べないの


  〃             体系のごちゃまぜ楽し店屋物


  〃             別れ際男心の返し縫い


  〃     パドル     冒険の夢に重なるいびき声


  〃     題「結合」   「する」「しない」だけの結合ロボット化


  〃     題「耐える」  お茶会にほほほと隠すつった膝


  〃     題「階段」   天下りエスカレーター故障中


川柳サロン   題「パズル」  終わらないパズルで平和ひざの猫


  〃     題「張る」   嘘から嘘産んで戻れぬ綱渡り


  〃     互選句     目薬が効いて明日が少し見え


サイテク川柳  題「真空」   結果待つとき真っ白な脳となり


  〃     題「記録」   青春の過ちすでに時効です      
     
 

  


平成21年平成21年 12月

川柳研究社  雑詠     好物を譲ってあげるほど好きよ


  〃              露天風呂君の視線にゆだねよう


  〃              お届けと聞けば飛びつくドアチェーン


  〃              ご署名と頼まれ握るペンがゆれ


  〃              仲見世の異国言葉が乱れ飛ぶ


  〃      パドル    青汁というが緑じゃないですか


         〃       連休で東京の空青加え


  〃    題「虹」     勇み足気にして虹を渡る鳩


  〃   題「鮮やか」   運転はプロ銀河へも旅したい


  〃   題「ドラマ」    ペコペコが明日はエヘンになるドラマ


川柳サロン  題「ひっそり」  新しいタワーを待っているゴジラ


  〃     互選句     咲いてなお落ちた牡丹の自己主張



サイテク川柳 題「構造」    贅極め食材同士打ち解けず

   
   〃   題「再生」    ファスナーを飛ばして挑むダイエット 
コメント

平成21年1月~6月

2011-04-27 17:19:25 | 川柳
平成21年 1月


川柳マガジン  印象吟  どこにいても男がエサを持ってくる


川柳マガジン  新鋭柳壇 古旅館廊下で軋む影法師


つくばね番傘  雑詠   都鳥時空を超えて下りた池


つくばね番傘  雑詠   抱きしめたつもりが犬に包まれる


つくばね番傘  雑詠   しなやかな手話で綺麗をまず覚え


つくばね番傘  雑詠   墓参り下げた小菊に舞った蝶


つくばね番傘  雑詠   窓ガラス映る瞳の待ち疲れ


川柳研究社   吟詠   飾られた能面すりぬけた鏡


川柳研究社   吟詠   人生の旅に膨らむマメ一つ


川柳研究社   吟詠   堂々と置いた手帳は見られない


川柳研究社   パドル  包丁の持参は左ききだから


川柳研究社   パドル  居眠りも端から起きる食いしんぼ


川柳研究社   パドル  赤い羽根付けた同士も目で笑う


川柳サロン   題「底」 目の底で羊が跳ねて眠れない


川柳サロン   互選句  新妻に戻って頼む大掃除


サイテク川柳 題「因果」 ロボットの脳にINGAという回路


サイテク川柳 題「抵抗」 流行に抵抗してる黒電話  








平成21年 2月


川柳マガジン  印象吟  花札の絵  花合わせめくる指まで艶めいて


川柳マガジン  新鋭柳壇 題「ためき」脱がされた服でたぬきに戻る宵


川柳マガジン  読者柳壇 題「革命」 革命家まる秘の中は宝くじ


川柳研究社   吟詠         新婚へ宅配便の母心


川柳研究社   吟詠         犬真似て踊ればしっぽ生えてくる


川柳研究社   吟詠         おでん屋の外国人もオオポテト


川柳研究社   吟詠         するめ噛みながらの会話上の空


川柳研究社   吟詠         勝負服タンスで春を待っている


川柳研究社   パドル        カフスボタンを外すとこまで覚えてる


川柳研究社   パドル        反るダンス支える腕にない邪念


川柳研究社   パドル        腰回すベリーダンスで吸う未来


つくばね番傘  雑詠         カウンター隣りのにぎりおいしそう


つくばね番傘  雑詠         開く礼命に礼のしじみ汁


つくばね番傘  雑詠         香水が漂う銀座稲荷さま


つくばね番傘  雑詠         叩かれて叩いて笑う昼の酒


つくばね番傘  雑詠         お料理を語って動く箸いとし


つくばね番傘  題「ウィンたースポーツ」スケートの輪からはずれた恋となる


さくらぎ川柳  創作入門       フォークかなトタンの屋根の雨の音


さくらぎ川柳  創作入門       愛子さま嫌いな野菜内緒にね


さくらぎ川柳  創作入門       供養する人形の目と目が合った



さくらぎ川柳  創作入門       抱き合った余韻を破りゆくシャワー


さくらぎ川柳  創作入門       妬み種こてこて煮ればうまくなる


さくらぎ川柳  創作入門       さようなら心に響く砂時計


川柳サロン   題「ダイエット」   ジッパーに泣かされ決めたダイエット


川柳サロン   題「ダイエット」   愛された薬指からダイエット


川柳サロン   据え字付き川柳    君はいるただそれだけで白昼夢


サイテク川柳  題「暗証」      暗証を押せば変装写ってる


サイテク川柳  題「災害」      水道水まずいと言えぬ被災地区










平成21年 3月


川柳研究社    吟詠     門前町参り邪魔する手打ちそば


川柳研究社    吟詠     フカヒレを一口ずつにレジが鳴る


川柳研究社    吟詠     はいチーズ敬語付かない顔になる


川柳研究社    吟詠     ダイヤルを回して角がない昭和


川柳研究社    吟詠     あれそれがふんふんになる老夫婦


川柳研究社    パドル    コピーして指まで切れて紙の勝ち


川柳研究社    パドル    不況かい酸っぱいねぇと空が泣く


川柳研究社    題「埋める」 埋めたのに急に噴き出る過去の恋


川柳研究社    題「フェンス」男女法柵を越えたりくぐったり


つくばね番傘   雑詠     ごめんまでセットされてるメール便


つくばね番傘   雑詠     飲み残し口づけの跡重ねよう


つくばね番傘   雑詠     あと少しピエロの涙乾くまで


つくばね番傘   雑詠     くすくすと笑い探しの私小説


つくばね番傘   題「深深」  ご先祖の蝋燭ゆらぐ願いごと


つくばね番傘   題「介護」  懸命な介護に不意打ちの睡魔


サイテク川柳   題「免許」  金魚すくい免許に年は問いません


サイテク川柳   題「吸収」  叫んでるムンクの口に吸われそう


つくばね番傘   雑詠     朝焼けの別れに交わすミルクティー












平成21年 4月


川柳マガジン   笑いのある川柳  幸せで結婚指輪すぐ縮む


川柳マガジン 読者柳壇題「ほどほど」謎めいたメモの先には道二つ


川柳研究社    吟詠       ハンカチをしいたベンチでバラの園


川柳研究社    吟詠       二人乗りサイクリングで浮くお尻


川柳研究社    吟詠       傷がある鯛はめでたくなくなった


川柳研究社    吟詠       子の子まで空青くする紙芝居


川柳研究社    パドル      うまく揚げエビは特上客は並


川柳研究社    パドル      行く先でガイドブックをしゃに構え


川柳研究社    題「引き裂く」  思い出もごちゃ混ぜにするシュレッター


平成柳多留    題「占める」   ハンカチをふればスポットライトです


平成柳多留    題「呼吸」    乱れない息で雑魚寝もほっとする


平成柳多留    自選句      ビタミンの代わりに恋のABC


川柳サロン    題「釣る」    キャーキャーと釣った魚のこわい顔


川柳サロン    題「釣る」    釣ったカサゴうまく揚げれば美人でしょ


川柳サロン    互選句      ラブメールちゃんと着いたか電話する        








平成21年 5月


川柳マガジン  クラブ 題「催促」空腹もうるうるな目で告げる犬


川柳さくらぎ  創作入門     ジオラマの遊女と花を見るすみだ


川柳さくらぎ  創作入門     どのハート買って帰るかペット店


川柳さくらぎ  創作入門     ベランダのひ弱な花に敵はない


川柳さくらぎ  創作入門     デジカメで取った愛でもすぐに消す

 
川柳さくらぎ  創作入門     舞台稽古で乾き出すキスの味


川柳さくらぎ  創作入門     ジョーズでもやさしく泳ぐ日が多い


川柳研究社   吟詠       朝食は抜いたね歯医者チェックする


川柳研究社   吟詠       私でも見上げる服が欲しくなる


川柳研究社   吟詠       さらさらと茶漬け相手が変わるだけ


川柳研究社   吟詠       丸くなる背中に投げた清め塩


川柳研究社   吟詠       花冷えに昔の彼を羽織ります


川柳研究社   吟詠       君が待つ駅へ車両もひた走る


川柳研究社   パドル      生きがいを語る男に酔っている


川柳研究社   パドル      スパイスを忘れて間延びする会話


川柳研究社   新人教室題「緑」 森林もセラピーとなり笑み弾む


浅草三社祭   川柳       恍惚に枝豆茹でる三社の日


川柳サロン   互選句      裏番組おんなじ顔の泣き笑い
          








平成21年6月

川柳マガジン 読者柳壇 題「うらはら」後ろ姿はよかったがよかったが


川柳さくらぎ   創作入門      新しい街よ恋でもしたい午後


川柳さくらぎ   創作入門      手の平に辿る言葉はみな本音


川柳さくらぎ   創作入門      蛍来い来ぬなら別の虫を恋う


川柳さくらぎ   創作入門      捥げている足で恋から逃げられず


川柳さくらぎ   創作入門      父に似た眉をこすって探す嘘


川柳さくらぎ   題「玉」      噴水の向こうの玉は欲しくなる


川柳さくらぎ   題「玉」      ジャラジャラの山の音から出た伴侶


川柳研究社    吟詠        何かあるためにつっかい棒ほしい


川柳研究社    吟詠        終列車窓に映して演じきる


川柳研究社    吟詠        おみくじの吉も糸偏あったこそ


川柳研究社    吟詠        筆まめも告白がない日記帳


川柳研究社    パドル       流行語行く手は死語へ速度上げ


川柳研究社    パドル       釈迦の手に乗ってあげればいい夫婦


川柳研究社    新人教室 題「走る」非常口逃げておいでと神の声


サイテク川柳   題「星座」     小宇宙しおり代わりのオリオン座


サイテク川柳   題「種類」     立食へ紛れて泳ぐ術がある


川柳サロン    題「堂々」     音程に意味などないさマイウェイ





コメント

平成20年7月~12月

2011-04-27 17:08:30 | 川柳
平成20年 7月~9月


さくらぎ川柳  創作    杯にハートの芯を浮かべ酔う




さくらぎ川柳  創作    経験が違う左と右の胸




さくらぎ川柳  創作    雨宿り二人が拗ねる虹の空




さくらぎ川柳  創作    花うつつ新たな恋をしたい午後




さくらぎ川柳  創作    好く人といると湧き出るオノマトペ




さくらぎ川柳  創作    すぐ消えて地球に見えるしゃぼん玉




さくらぎ川柳 題「いよいよ」バーゲンでお揃い買っていざデモへ




川柳マガジン 題「さらり」 路地裏の四角い空に慣れてきた




つくばね番傘  雑詠    タイカレーはへふひほひと舌ただれ




つくばね番傘  雑詠    くれた人忘れてしまう美のダイヤ




つくばね番傘  雑詠    ビルの窓光りが落ちる屋形船




つくばね番傘  雑詠    通販品待つ間の夢は果てしなく




つくばね番傘 題「シナリオ」サスペンス出だしはドアの叩く音




川柳研究社  題「流れる」 港町店に銀座のマッチ箱




サイテク川柳 題「詰まる」 着られずに溜まった服はペット用




サイテク川柳 題「探査」  来日のパンダの孤独見つけ出し




川柳マガジン14字詩題「禁」 禁煙中で泳いでる指




川柳マガジン  雑詠    ミゾオチを突いて料理の味となる




つくばね番傘  雑詠    焼くさんま内臓からのゆげも好き




つくばね番傘  雑詠    注射器が近づき震え出した犬




つくばね番傘  雑詠    迷ったら女の傘が並ぶ店




つくばね番傘  雑詠    健康の話題で地球立ち止まる




つくばね番傘 題「鳴る」  ほら貝で東西の味いざ勝負




つくばね番傘 題「うろうろ]子の居場所ケータイだけが知っている




つくばね番傘 題「スリム」 15号だってマネキンスリムです




川柳研究社  題「カーブ」 Sカーブ隣りがわざと寄ってくる




川柳サロン  題「困る」  木の影で抱き合えば邪魔するヤブ蚊




川柳サロン  雑詠     干物でも骨までしゃぶる人に惚れ 




さくらぎ川柳 創作     傾いた路面電車の過去に降り




さくらぎ川柳 創作     聖書など開けてはならぬホテルの夜




さしらぎ川柳 創作     元カレが止めてた時計息を吹く




さくらぎ川柳 創作     無知ですと言い切る笑顔捨てる自己




さくらぎ川柳 創作     変換は逢引肉のレシピ風




サイテク川柳 題「品種」  農薬に耐え雑草が強くなる




サイテク川柳 題「温度」  低温の惑星好む宇宙人




川柳マガジン 前句付け   題「痛いなどとは言ってはおれぬ」




              重要な書類忘れた某ホテル




つくばね番傘 雑詠     イヌ用の服を買い込むハハとなる




つくばね番傘 雑詠     彼の喉仏とばかり語る酔い




つくばね番傘 雑詠     いたずらに騙すマジックに夢中よ




つくばね番傘 雑詠     似てても似てなくても母はライバル




つくばね番傘 題「にが瓜」 自己主張しすぎるあの子にが瓜ね




つくばね番傘 題「ルール」 ソバはこう語るルールに負けました




つくばね番傘 題「ルール」 斜めから母のルールを見る娘




川柳研究社  雑詠     犬用のお塔婆あげるまたお盆




川柳研究社  雑詠     傾いた馬車であなたに近づけた




川柳研究社  雑詠     塩水に浸ければあさりチュッという




川柳研究社  雑詠     ミラーボール誘いの予感映ってる




川柳研究社  雑詠     本にいる父の指紋に指重ね




川柳研究社  雑詠     発泡酒知らぬ祖先に供えたい




川柳研究社  雑詠     遅刻して笑いに乗れず一気飲み




川柳サロン  題「サラダ」 手でしぼる檸檬でサラダお上品




川柳サロン  雑詠     約束ね絡まる指の底力




サイテク川柳 題「山脈」  愛の山脈越えて来た薬指




サイテク川柳 題「過剰」  顔のない友がコンビニから増える 




平成20年 10月~12月


川柳マガジン  十四字詩  題「運」   でっかい夢も蟻は運べる


川柳マガジン  新鋭柳壇  題「背後」  赤い糸常に背後にはりついて


川柳マガジン  読者柳壇  題「嫉妬」  彼の血を啜る蚊にまで嫉妬する


川柳研究社   吟詠           一行の絵文字で綴る半世紀


川柳研究社   吟詠           キスの数数えられない年となる


川柳研究社   吟詠           一生はロマンを包む星の山


川柳研究社   吟詠           一目惚れまな板上の大の字だ


川柳研究社   パドル          自分史へまずは練習するサイン


川柳研究社   パドル          飼い主も付けておきます迷子札


川柳研究社   句会      題「石」 石一つ投げて漫画の一コマ目


川柳研究社   句会   題「付き合う」 逃げ切れずドミノ倒しの仲間入り


つくばね番傘  雑詠           推理本結末めくる秋の風


つくばね番傘  雑詠           猛暑でもミッキーマウス笑みかわす


つくばね番傘  雑詠           ゴキブリを叩くスリッパ共に死す


つくばね番傘  雑詠           カーニバル高まる胸も平和色


つくばね番傘  句会   題「さわやか」 青空も一人で見ると寂しくて


つくばね番傘  句会   題「焦る」   デートの日鏡がくもる美容院


川柳さくらぎ  創作入門         少し泣き笑って登るをんな坂


川柳さくらぎ  創作入門         100ワット隅の嘘まで輝いた


川柳さくらぎ  創作入門         「久しぶり」言われ振り向きゃケータイだ


川柳さくらぎ  創作入門         ドロップの色で望みを分けている


川柳サロン        題「じっくり」 口説く気ねまずはケーキを食べさせて


サイテク川柳       題「エコ」   エコバッグ斜めに掛けた地蔵さん


サイテク川柳       題「エコ」   エコって何今さら聞けぬカナ二文字


川柳研究社   吟詠           肉じゃがが上手な彼が出来ました


川柳研究社   吟詠           ジンクスで船に右から乗ったのに


川柳研究社   吟詠           底の底をうるうるさせる人と飲む


川柳研究社   吟詠           ポテトにも地球にもある芽を取ろう


川柳研究社   パドル          そのまんま軽く首相になれるかも


川柳研究社   パドル          ネクタイをはずし沈没船を引く


川柳研究社   パドル          終の字で潤む目光る映画館


川柳研究社          題「舞う」 校庭でフォークダンスもセピア色


つくばね番傘  雑詠           モンローのサイズしかないコレクション


つくばね番傘  雑詠           スーパーの袋旅した嵐の日


つくばね番傘  雑詠           やな人と握手している白昼夢


つくばね番傘  雑詠           うなぎ屋の旗に染み付く異国色


つくばね番傘  雑詠           顔のないメールの重さ気づかぬ子


つくばね番傘  句会    題「アウト」 甘やかすパパも鳴らしたホイッスル


川柳サロン   句会      題「巣」 巣箱ごと雛が落下の相撲界


川柳サロン   句会      題「巣」 一目惚れ癖が絡まるクモの網                          

サイテク川柳         題「天文」 虹をかき分けてUFO現われる


サイテク川柳         題「効率」 噴水の効率を見ながらランチ


川柳研究社   吟詠           舌ざわりに残る約束果てしなく


川柳研究社   吟詠           ホームレスと共に銀杏探し当て


川柳研究社   吟詠           擦り抜けて病棟外の猫になる


川柳研究社   吟詠           闇へ引く君の心を探す秋


川柳研究社   パドル          話題切れ店の造花に目を移す


川柳研究社   パドル          ささやきが大声になる酔いの淵


川柳研究社   句会    題「ゲーム」 かくれんぼポケットのアメ握り締め


つくばね番傘  雑詠           朝ドラの時代の顔で深呼吸


つくばね番傘  雑詠           満月も月見うどんが沸くレシピ


つくばね番傘  雑詠           混雑の朝はクローンお願いね


つくばね番傘  雑詠           着膨れでどこからどこが私なの


つくばね番傘  句会      題「贅」 天国地獄つまみ食いする映画館


川柳さくらぎ  創作入門         番台の視線を受けて背負う富士


川柳さくらぎ  創作入門         階段を落ちて転がる地球です


川柳さくらぎ  創作入門         東京もまだ絵葉書に写る四季


川柳さくらぎ  創作入門         赤ワインこぼして川になった夢


川柳さくらぎ  創作入門         ブランコに乗ってこっそり読む手紙


川柳さくらぎ  創作入門         あれあいつ確か前世もノラ猫だ


川柳さくらぎ        題「ポツリ」 朝帰り早くおはよと言わなくちゃ


川柳サロン          題「ゼロ」 買ってやる言って慌てるゼロの数


川柳サロン   互選句          待ちわびてワイングラスに残る紅


コメント

平成20年以前~平成20年6月まで

2011-04-27 16:09:17 | 川柳
平成20年以前


川柳研究社  「今年のニュース」 崩れそうビルの画面はもう斜線





   〃     「悟る」      線香の花火自分に見える秋





   〃     「センス」     写メールで送るピンクの一人旅





   〃     「杖」       傾いたお疲れさまの父の杖





川柳マガジン 雑詠        脳チェック今朝までちゃんと動いてた





   〃                還暦にカッパに戻る好奇心











平成20年 1~6月




つくばね番傘 「ハガキ」   来たハガキ女の字だとつい隠す




さくらぎ1号 創作      山彦でビルに当たった祭り笛




さくらぎ1号 創作      めきめきと額を拓く近未来




さくらぎ1号 創作      絵文字では水平線に沈む愛




さくらぎ1号 吟行 三囲神社 降る雨が泪に見える狛キツネ




さくらぎ1号 吟行 三囲神社 古い碑でみないっせいに首かしげ




さくらぎ1号 吟行 三囲神社 三角の井戸じゃお岩は出てこれぬ




さくらぎ1号 吟行 牛島神社 闘牛が憎んだ色に包まれる




さくらぎ1号 吟行 牛島神社 都鳥時空を超えて降りた池




さくらぎ1号 吟行 牛島神社 浮世絵の色で団子を思い出す




サイテク川柳 「光」     主賓席じゃらじゃら目立つ光り物




つくばね番傘 「ウィンク」  疑って今日のウィンクストライキ




さくらぎ2号 吟行 かっぱ橋 七夕の残像もまだ息してる




さくらぎ2号 吟行 かっぱ橋 亡霊じゃないと座れぬイスがある




さくらぎ2号 吟行 かっぱ橋 いらっしゃいシェフが迎える合羽橋




さくらぎ2号 吟行 かっぱ橋 ちょうちん屋御用御用と風を受け




ドクター川柳 Web句句会 孫の孫のためにマイ箸持参する




サイテク川柳 「考古学」   考古学振り向くことが第一歩




つくばね番傘 「アマチュア」 アマの目もコートの下は春の色




川柳マガジン 十四字詩「頭」 てるてる坊主恋も晴らせる




サイテク川柳 「保存」    婚約のドレス死ぬまで手放せず




つくばね番傘 雑詠      束ね髪放す手前の一呼吸




つくばね番傘 雑詠      カラオケで好きと唄われ好きになる




つくばね番傘 雑詠      丁寧語消して始まる恋模様




つくばね番傘 「祝う」    終わらない祝辞でグラス汗をかき




サイテク川柳 「代謝」    引き出しに代謝待たれる古コイン




サイテク川柳 「適応」    露天風呂人並みに熊リラックス




川柳研究社  「養殖」    養殖で肥えた魚でまた太り




川柳マガジン 「紙」     バイトでもティッシュを渡す人選び




浅草三社祭          さぁ三社端くれだって勇み立つ




ドクター川柳Web句会「さらさら」筆まめも告白がない日記帳




サイテク川柳 「風車」    注射の子の涙飛ばした風車




サイテク川柳 「標本」    標本で過去の体型残したい




つくばね番傘 雑詠      月影にお便り描いた芽吹く恋




つくばね番傘 雑詠      一人撮るために皆にハイチーズ




つくばね番傘 雑詠      遅刻でも許してくれる花時計




つくばね番傘 雑詠      芽キャベツを剥いでネクタイ外させる




つくばね番傘 「働く」    姑の形見の針で血がにじむ




つくばね番傘 「子供」    吊橋をわざと揺さぶる反抗期




ドクター川柳 Web川柳「一人」 携帯を忘れほんとの一人旅



コメント

川柳研究社 3月号

2011-04-26 17:59:07 | 川柳
姑の舌も私のものになる

糸乃こまり


川柳研究所社 3月号

前号鑑賞 荒巻 睦氏


「人間の好みの味は幼い頃に形成され生涯持ち続けます」とありました。

本当にそうですよね。

だから、大阪に行ったときは姑さんの味を盗みます。

でもレシピなんてないから、舌で覚えます。
コメント

ユーモア

2011-04-22 16:29:24 | 川柳
ハンサムくんよりはユーモアくんにする

糸乃こまり


以前、「ユーモア」という題でこの句を詠みました。

でもユーモアは形がないから難しい。

だいたい、人を

「笑わせる」

なんて、大変。

それに、笑わせよう笑わせようと思ってはいけないらしい。

自然体のユーモアでないと。

でも、ますますわからなくなります。

笑いが仕事の落語家に自殺が多いのはそのせいでは?

「笑い」

を考えたら笑えなくなっちゃう。

眠れなくなっちゃう。

でも、

今川乱魚さん

がユーモアの要素は、

①おかしみのあること

②温かみがあること

③表面的な言葉遊びでないこと

④今を詠んでいること

⑤下品でないこと

が大切とありました。


自分が詠むときも忘れないようにしたいです。
コメント

がんばろう!

2011-04-21 11:04:30 | 川柳
街を歩いているとこんな風の言葉が目に入ってきます。

三年目の仙台人の私もがんばります!

でも、がんばるってどうすること?

人間は毎日当たり前のように生きているけど、突然生活が崩れる。

そうなると元のように戻ろうとする。

そして戻ってきたら、やっぱり、自分なりに進みたくなるんですね。

大地震の頃は川柳どころではなかったけど、しばらく経てば川柳が気になってきました。

それは、こんな時求められる川柳はユーモア性。

笑えない、難しくてクソ(失礼!)おもしろくない川柳なんて、いらない。

つくづくそう思いました。

私はくすくす笑える川柳をめざします!
コメント

仙台でも桜が咲きました

2011-04-19 10:13:53 | 川柳
わん子とお散歩。

西公園にお出かけ。

桜って人に力を与えるんですね。
美しい。

上野公園ではお花見は自粛だったそうですね。

ニュースで見ました。

でも東京から比べると3~4週間遅れた仙台では芝生に座ってお花見の人もちらほら。

桜まつりは中止ですが。



大地震のすぐあと、どのお花屋さんも閉ざされて、色のない殺伐した街になりました。

でも美しさや可憐さは人の心に優しさを与えてくれます。
コメント

ガス、再開

2011-04-18 08:56:06 | 川柳
ようやく、ガスが使えるようになりました~。

といっても、30万件以上使えなかったガスを元に戻すのは大変なことですよね。

でも各地のガス屋さんが助けに来てくれたので、一ヶ月程度で済んだそうです。

うちに来てくれたのは大阪のガス屋さん。

ところで、この

「ガス屋さん」

以外の呼び名はないでしょうか?

浮かばなかったけれど、とにかくとってもありがたかった。

めちゃ、いい男に見えました。

それぐらい、自分の家でお風呂に入れるのはありがた~いありがた~いことなんですね。

食べ物はお鍋や焼き肉ばかりだったので、久しぶりにトンカツにしようかしら?

肉食系女子(おばば)も揚げ物が出来なくて物足りなかったので。
コメント

ブログラン

ブログランキングならblogram

墨田区

永井荷風の足跡

いとしいチワワ

ペット可の喫茶店

まいう~

まいう~2

まいう~

白ワインに合う料理

白ワインが似合う料理

野菜大好き

前世はキリギリス

お弁当始めました

はじめてのお弁当

こまり

辞書

gooブログ おすすめ

ブックマーク

  • RSS1.0 RSS2.0

バックナンバー