糸乃こまりの川柳

趣味は川柳 シナリオ 只今エアロにもハマってます チワワ大好き 9月になったからわん子とお散歩楽しみ〜 

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログ ロングコートチワワへ
にほんブログ村
お散歩・お出かけランキング
お散歩・お出かけランキング
人気ブログランキング
チワワランキング

チワワ2

チワワ2

わん子と入れるお店

シナリオ

にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
にほんブログ村

川柳研究社 吟詠

2010-09-30 18:20:47 | 川柳
花火の音犬は死んでるふりをする   糸乃こまり


何回か引っ越ししてますけど、何故か花火の近くなんです。

私は好き。

でも犬は花火が怖いらしくて、かわいそうに何時間か縮こまっています。
コメント

川柳研究社 吟詠

2010-09-30 18:12:40 | 川柳
色どりの紙風船が舞う夫婦   糸乃こまり


緑や赤の紙風船ってありますよね。

みんな同じだけどそれぞれ違う舞いかた。

夫婦と一言で片付けられるけど、風船のようです。
コメント

いい香り~

2010-09-29 18:21:45 | 川柳
エレベータ残る香りが美しい   糸乃こまり


私の住所をいうと仙台をちょっとでもご存知な方はびっくりするんです。

国分町のそばなので。

国分町は東北一の歓楽街。

同じマンションの住人は単身赴任の男性と東北大学の学生。

東北病院の医師が多いそうです。

あとは水商売の人。

夕方のエレベーターは香水の香りが強い。

私は男じゃないけど、いい香りをかぐときれいな子だろうと想像します。
コメント

2010-09-28 21:58:13 | 川柳
完成でなでてあげたい指のタコ   糸乃こまり

今はメールやブログを打つだけ。

後は川柳で浮かんだことをメモするぐらい。

でも昔はよく鉛筆で書いていました。

今は懐かしい指タコ。
コメント

宅配便

2010-09-28 21:50:57 | 川柳
留守がちの隣に届く品に酔う   糸乃こまり

今のマンションには宅配ポストがあります。

あれは便利ですね。

でも昔はこんな感じで、お隣に宅配便が来てもお留守の時は預かったりしていました。
コメント

魔女の川柳 9

2010-09-24 16:45:30 | 川柳
平成21年6月

川柳マガジン 読者柳壇 題「うらはら」後ろ姿はよかったがよかったが


川柳さくらぎ   創作入門      新しい街よ恋でもしたい午後


川柳さくらぎ   創作入門      手の平に辿る言葉はみな本音


川柳さくらぎ   創作入門      蛍来い来ぬなら別の虫を恋う


川柳さくらぎ   創作入門      捥げている足で恋から逃げられず


川柳さくらぎ   創作入門      父に似た眉をこすって探す嘘


川柳さくらぎ   題「玉」      噴水の向こうの玉は欲しくなる


川柳さくらぎ   題「玉」      ジャラジャラの山の音から出た伴侶


川柳研究社    吟詠        何かあるためにつっかい棒ほしい


川柳研究社    吟詠        終列車窓に映して演じきる


川柳研究社    吟詠        おみくじの吉も糸偏あったこそ


川柳研究社    吟詠        筆まめも告白がない日記帳


川柳研究社    パドル       流行語行く手は死語へ速度上げ


川柳研究社    パドル       釈迦の手に乗ってあげればいい夫婦


川柳研究社    新人教室 題「走る」非常口逃げておいでと神の声


サイテク川柳   題「星座」     小宇宙しおり代わりのオリオン座


サイテク川柳   題「種類」     立食へ紛れて泳ぐ術がある


川柳サロン    題「堂々」     音程に意味などないさマイウェイ


コメント

また見抜く犬

2010-09-24 16:36:15 | 川柳
いい人と会うと尻尾も右回り

糸乃こまり


犬は自分のことを好きになる人がすぐわかります。

自分を見つめる瞳で判断するのでしょうか。

でも視力は低いそうですけど。

コメント

地価下落

2010-09-23 16:24:43 | 川柳
マッチ箱立てればビルがまた出来た   糸乃こまり

昨日の朝日新聞に出てました。

「銀座中央に空き店舗」

マッチ箱を立てたみたいにビルを作りすぎたのでは?
コメント

川柳研究社 合同句集

2010-09-21 12:24:09 | 川柳
第七集

花冷えで昔のカレを羽織ります   糸乃こまり


季節の変わり目。

冬が春になってふわふわ気分、幸せ気分。

でも急に寒さが戻ったりして、こたえるわぁ~。

でもがっかりしないで、季節も元カレと同じ。

冬もいつまでも忘れてほしくないらしい。
コメント

川柳研究社 合同句集

2010-09-21 12:08:29 | 川柳
第七集

少し泣き笑って登るをんな坂   糸乃こまり


この頃自分のことで泣くことはありません。

図々しくなったからかも。

そのわりに、テレビドラマを見ては涙、会ったこともない俳優の死に涙、すっかり涙もろくなりました。

後は笑いながら、をんなの道を少しずつ登って行きたいものです。
コメント

ブログラン

ブログランキングならblogram

墨田区

永井荷風の足跡

いとしいチワワ

ペット可の喫茶店

まいう~

まいう~2

まいう~

白ワインに合う料理

白ワインが似合う料理

野菜大好き

前世はキリギリス

お弁当始めました

はじめてのお弁当

こまり

辞書

gooブログ おすすめ

ブックマーク

  • RSS1.0 RSS2.0

バックナンバー