糸乃こまりの川柳

趣味は川柳 シナリオ 只今エアロにもハマってます チワワ大好き 9月になったからわん子とお散歩楽しみ〜 

ブログランキング

にほんブログ村 犬ブログ ロングコートチワワへ
にほんブログ村
お散歩・お出かけランキング
お散歩・お出かけランキング
人気ブログランキング
チワワランキング

チワワ2

チワワ2

わん子と入れるお店

シナリオ

にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
にほんブログ村

つくばね番傘川柳会 6月号

2010-06-30 16:28:51 | 川柳
題「化粧」   太田紀伊子選


見つめあい外れかかった付けまつげ   糸乃こまり


私は付けまつげしません。

~というより、付けまつげはひと昔前のものだと思っていました。

でもまだあるんですね~。

昔と違って、はがれにくいのかも。

もし私が男性だったらどうでしょう。

見つめあつた彼女の付けまつげが外れかかってる。

どうしよう。

言うか言うまいか。

それとも??

後は想像にお任せします。
コメント

川柳研究社 6月号

2010-06-30 16:21:14 | 川柳
新人教室

題「ルンルン」   添削・選評 安藤紀楽氏


遠足に行く気分ですゴルフの日   糸乃こまり


私はゴルフはしません。

これは旦那の姿。

遠足に出かける日のときめきは続いているのでは?

コメント

川柳研究社 6月号 

2010-06-28 18:22:41 | 川柳
パドル 新雑詠欄   編集者整理



巡礼も腰でゆれてるストラップ   糸乃こまり


四国の八十八ヶ所の巡礼も、今はバスやタクシーで回るそうですよ。

でも、もしかして歩いて回るとしても、携帯は手放せません。

巡礼の格好は白。

ゆれてるストラップが目立つでしょう。
コメント

川柳研究社 6月号

2010-06-28 18:14:25 | 川柳
パドル 新雑詠欄   編集者整理



無党派の龍馬の名なら皆入れる   糸乃こまり



最近話題の坂本龍馬。

もし同姓同名の人が選挙に出たら、名前を書いて出しちゃう人いると思うんです~。

私?

真っ先に書いてしまいそう。
コメント

川柳研究社 6月号

2010-06-27 16:34:53 | 川柳
吟詠   津田氏選



太め好きらしいメタボが恋敵   糸乃こまり



女性っていつも太りたくないんですよね~。

みんなダイエットに一生懸命。

私も別に痩せたくはないけどぶーぶーちゃんにはなりたくないんです。

でも、男性はおかぁさんみたいにふっくらしている女性もいいらしい。

痩せるより太る方が大変なんですけどね。
コメント

川柳研究社 6月号 

2010-06-27 16:18:48 | 川柳
吟詠   津田氏選



隠しても訛に戻る三杯目   糸乃こまり


私は東京弁。

別に困ったこともなく、この句については一般的なお話。

例えば、明石家さんまさんが若い頃東京に出てきました。

関西ぐらしを隠したくて、標準語で過ごします。

上司と飲みに行くさんまさん。

最初はよかったものの三杯目ぐらいから、ついつい関西弁が。

「ほんまほんま」

「そうでっしゃろ」

「なんぼでっか」

などなど。

コメント

川柳研究社 6月号 

2010-06-26 14:12:37 | 川柳
吟詠   津田氏選


恋心伝えとかなきゃ忘れちゃう   糸乃こまり


私、まだボケていないと思ってますが、まぁ時間の問題。

好きなら好きといっておかなくちゃ。
コメント

川柳研究社 6月号 

2010-06-26 14:06:07 | 川柳
吟詠   津田氏選



痛いのも飛んでけの母ミラクルだ   糸乃こまり


子どものときにいわれました。

お腹が痛いときとか。

「痛いの痛いの飛んでけ~」

そんな私もお母さんになりました。

~といっても、わん子の母。

どうしても治してあげたいと思うのは犬だって一緒です。
コメント

井上ひさし氏のことば

2010-06-25 14:41:21 | 川柳
仙台に来てから、もっと色々勉強したいなぁという気持ちになりました。

空気がきれいだからかしら???

仙台には文学館があります。

去年出かけたんですが、井上ひさし氏の資料がたくさん。

井上氏は山形県生まれですけど、高校は仙台で過ごしていたそうです。

子どもの頃に親しんでいたNHKのひょっこりひょうたん島も井上氏が手がけたそうで、楽しい思い出でした。

まさか亡くなってしまうなんて夢にも思っていませんでしたが。

その井上氏がこの本、

田辺聖子著

「道頓堀の雨に別れて以来なり 川柳作家・岸本水府とその時代」

について、

『近代川柳の評伝を完成した』

『日本語共同体のためのほがらかな詩として結晶させる文学、近代川柳の全体図を手に入れた』

とありました。

つまり、私はとんでもない本を読み始めたというわけです。

わぁ、大変。

井上氏と川柳のつながりはどんなものか私にはわかりませんが、この本は名言として水府のことばで終わらせます。

「誰にでもわかって誰にも作れぬ句を作れ」

なるほど~。

私もそんな句が作れたら幸せです。

それを目指してがんばります。
コメント

魔女の川柳 糸乃こまり 5

2010-06-24 10:29:40 | 川柳
平成21年 2月


川柳マガジン  印象吟  花札の絵  花合わせめくる指まで艶めいて


川柳マガジン  新鋭柳壇 題「ためき」脱がされた服でたぬきに戻る宵


川柳マガジン  読者柳壇 題「革命」 革命家まる秘の中は宝くじ


川柳研究社   吟詠         新婚へ宅配便の母心


川柳研究社   吟詠         犬真似て踊ればしっぽ生えてくる


川柳研究社   吟詠         おでん屋の外国人もオオポテト


川柳研究社   吟詠         するめ噛みながらの会話上の空


川柳研究社   吟詠         勝負服タンスで春を待っている


川柳研究社   パドル        カフスボタンを外すとこまで覚えてる


川柳研究社   パドル        反るダンス支える腕にない邪念


川柳研究社   パドル        腰回すベリーダンスで吸う未来


つくばね番傘  雑詠         カウンター隣りのにぎりおいしそう


つくばね番傘  雑詠         開く礼命に礼のしじみ汁


つくばね番傘  雑詠         香水が漂う銀座稲荷さま


つくばね番傘  雑詠         叩かれて叩いて笑う昼の酒


つくばね番傘  雑詠         お料理を語って動く箸いとし


つくばね番傘  題「ウィンたースポーツ」スケートの輪からはずれた恋となる


さくらぎ川柳  創作入門       フォークかなトタンの屋根の雨の音


さくらぎ川柳  創作入門       愛子さま嫌いな野菜内緒にね


さくらぎ川柳  創作入門       供養する人形の目と目が合った



さくらぎ川柳  創作入門       抱き合った余韻を破りゆくシャワー


さくらぎ川柳  創作入門       妬み種こてこて煮ればうまくなる


さくらぎ川柳  創作入門       さようなら心に響く砂時計


川柳サロン   題「ダイエット」   ジッパーに泣かされ決めたダイエット


川柳サロン   題「ダイエット」   愛された薬指からダイエット


川柳サロン   据え字付き川柳    君はいるただそれだけで白昼夢


サイテク川柳  題「暗証」      暗証を押せば変装写ってる


サイテク川柳  題「災害」      水道水まずいと言えぬ被災地区

     
   
コメント

ブログラン

ブログランキングならblogram

墨田区

永井荷風の足跡

いとしいチワワ

ペット可の喫茶店

まいう~

まいう~2

まいう~

白ワインに合う料理

白ワインが似合う料理

野菜大好き

前世はキリギリス

お弁当始めました

はじめてのお弁当

こまり

辞書

gooブログ おすすめ

ブックマーク

  • RSS1.0 RSS2.0

バックナンバー