糸乃こまりの川柳

趣味は川柳 洋服エコ ダンス、三味線と三線 2年前乳がんの手術 でもチワワに愛され毎日大切に生きたいです  

ブログランキング

シナリオ

にほんブログ村 小説ブログ 脚本・シナリオへ
にほんブログ村

ドクロのおむつ

2009-05-30 10:26:35 | 川柳
定禅寺通りからちょっと歩いて行くと「わんちゃんの幼稚園」があるんですって。

まさか~。

でも行って見たら本当に幼稚園みたい。

大町にある「ハッピーわん」というお店。まさしく、犬がハッピー気分になるそうで、青葉区じゃ有名らしい。

うちの犬も友達が出来たみたいで、はしゃいでました。

人間の幼稚園生みたいで。
でも犬の雄の幼稚園生は自分のテリトリーでおしっこしまくり。

ここが人間との大きな違いで。

その為にオムツ付けるんですよ~。

息子は手間がかかりますね。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

仙台 定禅寺通り

2009-05-30 09:38:53 | 川柳
わん子たちとよく散歩します。

私は彫刻が好きで、静岡にいたときもよく見に行ってました。

触れると命を感じます。

定禅寺通りは真ん中は歩けるようになっていて、ベンチも置いてあるんです。

文庫本を手にして、緑に囲まれたベンチで短編小説を読むなんて、ちょっと贅沢かも。

状況は違うけど、こんな句を作ったこともあります。

ハンカチを敷けばベンチも花の園
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川柳研究社 5月号

2009-05-29 10:54:22 | 川柳
新人教室  

題「緑」  安藤紀楽選



佳作 森林もセラピーとなり笑み弾む   糸乃こまり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川柳研究社 5月号

2009-05-29 10:50:23 | 川柳
新雑詠パドル   編集部整理



生きがいを語る男に酔っている    糸乃こまり


スパイスを忘れて間延びする会話


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川柳研究社 5月号

2009-05-29 10:44:12 | 川柳
吟詠   西來みわ選


朝食は抜いたね歯医者チェックする    糸乃こまり


私でも見上げる服が欲しくなる


さらさらと茶漬け相手が変わるだけ


丸くなる背中に投げた清め塩


花冷えに昔の彼を羽織りたい


君が待つ駅へ車両もひた走る


コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川柳サロン 4月号

2009-05-29 10:30:03 | 川柳
題「釣る」  津田氏選 



前抜 キャーキャーと釣った魚もこわい顔    糸乃こまり


佳作 釣ったカサゴうまく揚げれば美人でしよ




互選句

ラブメールちゃんと着いたか電話する   糸乃こまり
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

川柳さくらぎ 8 

2009-05-28 18:02:07 | 川柳
創作入門  添削・選評 玄武洞


「デジカメの愛」


  ジオラマの遊女と花を見るすみだ


  どのハート買って帰るかペット店


  デジカメで取った愛でもすぐに消す


  舞台稽古で乾き出すキスの味


佳 ベランダのひ弱な花に敵はない


推 ジョーズでもやさしく泳ぐ日が多い



玄武洞先生から、

私は心を見せないまま、人間を描く技術だけが先行しているのではないかというご意見がありました。

なるほど、そうかもしれません。

句会ではこの手のスタンスが有効だそうですが、創作では作者の片鱗を句に盛ることも大切なんですね。

先日の自己愛川柳のページでも書いたんですけど、もう一人の自分を登場させました。

そして、Aの私と、Bの私。そのうちに、Cの私まで登場しちゃうかも。




 
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

三社祭 川柳

2009-05-28 17:37:24 | 川柳
先日、東京へ行っていたんです。

用事があって。

その頃、ちょうど三社祭のころで。仙台から新幹線で上野に行きました。途中タクシーで浅草のそばを通ったら、小雨だったけど街はにぎやかで~~。

タクシーの運転手さんが、

「三社祭も雨に襲われちゃったからね」

それを聞いて、やっと三社祭のことを思い出しました。離れていると、気づかないもので。

三社祭の川柳会にネットで送ったのも忘れていて。仙台に帰ってから、ネットで調べたら「佳作」で選ばれてました。

去年も選ばれていたので、また一年後あたりも送りたいですね。



佳作 恍惚に枝豆ゆでる三社の日     糸乃こまり



実は、この頃はまだそら豆の季節かも?

でもどうしても、三社祭は枝豆じゃないとね~~~。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

自己愛の川柳

2009-05-25 14:51:20 | 川柳
私は始め川柳といえば、笑えるサラリーマン川柳が川柳だと思っていました。

でも始めてみたら、どんな先生も川柳、特に雑詠は自分のことを表現することであると。

でも、私は自分のことばかり川柳に書けません。

世界が狭い、私のような専業主婦の自己愛川柳では、世の中で認められないと思うからです。

だって、私の見た他人の句にも、もちろん感心するものはいくらでもあります。

でも、読んでこう思う句もまったくないとはいえません。


「はてな」

「まったくわからん」

「だからどうなのよ」

「ふぅ~ん、それで?」

「どうぞご勝手に」


入り込めない十七文字だということです。

だから私がそう思う以上、他人が詠んで困っちゃう私の川柳も出てくるわけですね。

でも、以前より心中を吐露することにしました。

主人の転勤で東京から仙台にやって来た開放感のせいかも。

とにかく、何十年前の純な気持ちで~~~。

締め切りになった「川柳 さくらぎ」の創作にもう一人の自分の句を送りました。

また今月末締め切りの川柳展望に自己紹介の句を出すことにしました。

自己愛の川柳がどこまで認められるか?楽しみです。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

竜神へ お疲れさま

2009-05-22 17:49:10 | 川柳
携帯の機種変更しました。
結構使ったみたい。

四年ぐらい前みたい。

お疲れさま。

もちろん、アドレスは前のままですから、ご心配なく。
コメント
この記事をはてなブックマークに追加

ブログラン

ブログランキングならblogram

墨田区

永井荷風の足跡

浮世絵

いとしいチワワ

チワワ2

チワワ2

ペット可の喫茶店

まいう~

まいう~2

まいう~

白ワインに合う料理

白ワインが似合う料理

野菜大好き

前世はキリギリス

お弁当始めました

はじめてのお弁当

こまり

うちのチワワ

チワワ2

チワワ2

エコ

エコ 洋服・着物のリフォーム

ビーズ

ビーズ

ぱふぱふ

辞書

ブックマーク

  • RSS1.0 RSS2.0

バックナンバー