糸乃こまりの川柳

趣味は川柳  

川柳マガジン 1月号 

2010-01-22 17:18:28 | くすくす川柳
読者柳壇

題「苦悩」   恒弘衛山選


ひょっとこの目にはおかめも森の精   糸乃こまり


恋は苦悩。

人を一度好きになると夢中になってしまう。

いつも自分のことを見ていてほしい。やさしくしてほしい。

他の人から見たらひょっとこだったり、おかめだったり。

でも誰かの目には天女かな王子かな。

そういえば、先日朝日新聞で瀬戸内寂聴さんが「恋」について語っていたんです。

恋は仏教でいえば「渇愛」。

愛するだけでは足りず、愛されることを求める。

それに対して愛は仏教でいえば「慈愛」。見返りを求めない。

なるほど、よくわかりますわ。

ついでですけど、アメリカでは長くても恋は四年以上続かないって。

日本はどうかな?

瀬戸内寂聴さんは長くても二年だとか。日本人のほうが短いのかな。

まぁ、とにかく私はもっとずっと長い、つもり。



コメント   この記事についてブログを書く
« 川柳マガジン 1月号  | トップ | 川柳マガジン 1月号  »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

くすくす川柳」カテゴリの最新記事

辞書

ブックマーク

  • RSS1.0 RSS2.0

バックナンバー