北の心の開拓記  [小松正明ブログ]

 日々の暮らしの中には、きらりと輝く希望の物語があるはず。生涯学習的生き方の実践のつもりです。

プラネタリウムの全天映像~こども遊学館の新番組

2011-07-01 23:45:39 | Weblog
 釧路市こども遊学館からプラネタリウムの新番組のお知らせが届きました。

 最近のプラネタリウムでは、単なる星座や宇宙の説明だけではなくオリジナルキャラクターなどによるアニメ映画も上映されたりします。

 しかしプラネタリウムは天井が半球形なので、ごく一部の面だけを使って映像を映すのが一般的です。


   【ふつうはこれくらいの大きさで注意などが流されています】


 しかし今回こども遊学館が一年間のレンタルで導入したのは、「フルドーム360°(全天周)に迫力あるカラー映像を映し出すことができる投影機。これは、魚眼レンズを使って、あらかじめレンズによって像が歪むことを計算したうえで、元の映像もゆがめた形で作り、半球状の天井全てにカラー動画を映し出すというものです。


   【これが秘密兵器の全天映写機だ!】


 しかもそうやって映し出されるコンテンツは子供たちに大人気のポケモンシリーズで、「ポケットモンスター ベストウィッシュ 光と影の天球儀」というタイトル。

 おなじみ悪の三人組ロケット団がピカチュウを誘拐したのですが、その彼らが逃げ込んだ不思議な遺跡を巡って、月と地球と太陽の関係について学べるというプログラムです。





   【ポケモンキャラ集合】


 今日はマスコミ向けの試写会と言うことで、遊学館内のスタッフと一部のマスコミさんが見に来たのに私も参加させてもらいました。

 実際に、映像が映し出されたときに周りを見渡しても確かに半球の天井全体にアニメが映し出されてなかなかの迫力です。映像の中で主人公が走って移動するときなどは、全天の映像が変化して本当に自分がその中にいるかのようです。

 実は、これが見られるのは今のところ道内ではここだけだということで、夏休みの子供たちには格好のプレゼントになることでしょう。

 今のところ一日4回の上映のなかでこの全天アニメが見られるのは2回とのことですが、状況によっては臨時追加上映なども検討したいとのことです。

 詳細は是非こども遊学館にお尋ねください。

 ごく最近できた新しいプラネタリウムではこの全天映像システムを常備しているところも出始めているとのこと。

 時代は次から次へと進化しています。

 こういう時代の進化についてゆきながらそれを楽しみたいものです。プラネタリウムが面白い時代になりました。


 ※ なお今日の映像はこども遊学館から提供を受けたものです。

【こども遊学館】 http://bit.ly/lNlQOU
コメント   この記事についてブログを書く
« 博物館大会公園 ~ つなぐ... | トップ | 管理職は乗馬をするとよさそ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事