コーヂ 日々のあとさ記

管理人の趣味であるアコギとバイクに限らず、日々のあんなことこんなことを気が向いたように書き散らすぐだぐだなブログ

2010/02/27>押尾コータロー>アコースティックGコンサート

2010年02月28日 | 音楽・映像・本
一宮市民会館で開催された押尾コータローアコースティックギターコンサートに行ってきた。

18:00開始予定を8分押しで開演。

前半は曲間のトークが長めなノンビリムードでスタート。

選曲は最新アルバム「Eternal Chain」からが多いっすね。

恒例のひとりメンバー紹介からはどーんと盛り上がってお客さん総立ち。

これまたいつもの客席での弾き歩きでは、コーヂは通路に面した席だったので、押尾先生に手を伸ばせば触れるくらいの距離まで接近!

くぅー、カッチョいいー! たまんねぇー。

初めてライブに来る人でも楽しめる演出を用意してくれてますが、今回コーヂも初参加となる Snappy! は初聞きの人にはちょっと難しかったかも(笑)。


20:45終了、今回も楽しいライブでございました。


押尾コータロー ときど記
コメント

TRH200Vレジバン・メンテデータ>2010/02

2010年02月27日 | REGIUS TRH200V
【燃費】
02月08日 386.1km/52.00L@124円
02月20日 379.7km/53.00L@121円
02月27日 408.2km/47.00L@121円(高速移動100km含む)

02月合計 → 1174.0km/152.00L=7.724km/L
コメント

2010/02/25>角川スニーカー文庫を初めて買ってみた

2010年02月26日 | 音楽・映像・本
若者向けの文庫をいいトシしたオッサンが買いましたよ。

それも「涼宮ハルヒシリーズ」って言っちゃったら、おいおいおい恥ずかしくねーのか? なんてツッこまれそうだけど、そしたら敢えてこう返そう。

「恥ずかしかったらそもそもネタにしねえし!」

と。

まあそれでも一応、世間の評価がどんなものかは自覚してます(´Д`;)


けどね、ウチの娘1号も学校で「退屈」を読んだと言ってたし、他の話も家にあればあったで読むでしょう、なんつってイイワケをしてみる。



現在、本屋さんに並んでいるのは2010年夏までの期間限定で販売されている新装版。





既刊の9冊を新品で購入するとパノラマイラストに
web KADOKAWA




今まで数あるアニメはイロイロ見ても、小説の原作本にはまったく手を出さなかったコーヂ。知らない話なら最初から最後までネタバレなしで見たいじゃあないの。

それが今回購入に至った最大の理由は、今をサカノボルコト約3年、2007年に刊行されるハズだった「涼宮ハルヒの驚愕」が諸般の理由(つーか理由不明なんですの)で販売が中止されたのだが、それが時ココに来て発売されそうな動きと聞きつけたからである。

現在ハルヒシリーズは「消失」の映画上映効果で新装版も売れているらしいし、それなら今この波に乗っからずしていつ出しますかってコトなのだろう。

ならばその新刊書き下ろしである「驚愕」を読むためには今までの全ての内容を把握しなきゃイケンわね。アニメになった話は全て見たけど、まだアニメ化されてない話も何話もあるからこいつぁーまいった困ったぞ。

それならアニメが作られるまで待つというのもあるけど、それがいつになるやらさっぱりわからないし。つーか映画・消失で最後という噂もあったりするのだ。

ううー、ガマンできーん!

とまあこんな経緯で購入の決心に至ったのである。





もう買う気マンマンのオイラですが、新品の新装カバーに拘っているわけでもないので従来のカバーで充分です。





BOOK OFFで9冊大人買い(゜∀゜)
コメント (2)

2010/02/21>CBに初乗り

2010年02月22日 | バイク練習・講習
もう2月の半ばであるが、年末に乗って以来のCB初乗りである。

CBをレジバンに乗っけて某所まで移動。

乗り方でいろいろ試してみたいことがあるのだが、天気はいいから路面もグッドコンディションを期待できる。がんがるぞぉー。

到着後に下準備も完了し、それじゃあぼちぼち着替えましょうかね。


上をジャージに。下を革パンに。



ん?


あれれ?












ブーツ忘れたわ・・・(´Д`;)





結局乗れずジマイ~な1日になってしまった。











今年1年は忘れ物に注意だ!
コメント

2010/02/14>久々に言い間違いな話

2010年02月15日 | 我がヨメ
今回、本記事の表題に「久々」があるからといって、久々にネタが出来たわけではない。

前回上げた 記事 から今日に至るまで、ウチのヨメの言い間違いするクセはまーったく直っていない。

と言う事は、今でもナニかカニかヘンな事を言っては、【言い間違い1件につき100円罰金】を徴収されているのである。

ちなみにその罰金が投入される赤ポスト貯金箱に今現在どれほどの金額が貯まったのかは不明だが、そこにある金額のほぼ8~9割はヨメの罰金で占められていると思われる。

こんな感じで普段の生活をしているわけだから、1日のうちに何回か言い間違いを炸裂させていても、もうそれが日常の1シーンになってしまっていて、本人を含めて家族全員が少々の言い間違いではもうなんの反応もせずスルーしてしまう。コーヂとしてもそれをイチイチ論(あげつら)ってネタにする事自体が面倒なのである。


ただ、昨日はコーヂ的ツボにスポポーンと入ったネタが2点あったので、それを紹介したいと思う。

とは言うものの、その場の空気と前後の仔細が伝えられないので、こういうのは他人から見たら「ふーん」なんだろうけど、まあ勘弁してクラサイ。




これは何でしょうねぇ?









そう、見たまんまのエアコン室外機である。誰にでもわかることである。そしていくらアホなウチのヨメでもそんなことは分かっている。

分かっているのにも関わらず、ウチのヨメはコレを





ドライヤー と言った。




「オメーはなんでそんな言い間違いをするんだよッ! これで温風出して頭乾かすのかよッ! そしたら部屋の中はさらにヒエヒエだよッ!」


とソッコー突っ込むコーヂ。しかし自分で言っておいて爆笑しているヨメ。


「いやぁ、つい。筒の中で羽根が回って風が出てくるっていうところで・・・あははははッ」







夕食は手作りハンバーグであった。

随分でっかく厚いカタチにしたなぁ、火が通りにくいんじゃないかなぁ、と思いつつ出来上がったものを皆で食べ始めるとヨメは言った。





「 半熟 だったらもう一回焼くから」





これは・・・分かった。聞くまでもなく。


目玉焼きでいうところの黄身が半熟・・・というイメージで言いやがったということが。
コメント (2)

2010/02/08>劇場版 涼宮ハルヒの消失>観てきた

2010年02月09日 | 音楽・映像・本
昨年、2期として過去の1期+新作数話をあわせて時系列で放送された「涼宮ハルヒの憂鬱」。

その途中では同じテーマで8回も続いた エンドレスエイト (以下EE)の無限ループの話に、アニメの中だけではなく視聴者までもが巻き込まれ、見ていたほとんどの人が「いつになったら終わんねん(゜Д゜)ゴルァ!」てな感じでチョー焦らされたこともあった。

言わずもがなコーヂもその一人。
「来週は・・・」
「来週こそは・・・」
「ホントマヂ来週こそ・・・」
「まだ続くの?・・・ううっ」
と毎週見る度に翻弄されたものである。いやマジあれキツかった。

今回の「劇場版 涼宮ハルヒの消失」は、そのEEも含めた2期から続くストーリーである。

でもテレビでの放送ではなく映画館での公開。なんつーかこう

「この映画公開に乗っかって、関連グッズもガンガン売っちゃうぞ」

ってな商業的思惑を感じなくもない。ちなみに消失のパンフは小さいワリに1000円という設定である。たた高アッ。

なんつってグチったりしているものの、それでも結局ホイホイと映画館に足を運び、パンフまで買っちゃおうとしているコーヂ。結果的には角川と京アニの手の平の上でまんまと転がされているわけで

「あーはっは! コイツこっちの意のままに動いてやがる。わっはっは!」

と笑われているんだよなぁ、きっと。けれどやっぱりここは

「だ、・・・だとしてもだ。面白ければヨシ! だよな! だよな!(。▽゜)」

と自分を納得させている。過去や今に少々の不満があったとて、ソコントコも含めてどれだけ満足させてくれるのか、満足できるのかってトコロこそが肝要なのだ。

つーわけで公開3日目の最終上映の回に、仕事を終えてから直行ソッコーで行くんだぜ!




さて、行くと決めたらまずは準備である。

第一段階としてこの日の午前、まずは隠れハルヒオタの も○りさんに声をかける。

いやほら、事後報告で見てきたよーんなんつって言ったら「なんだよー、ひとりで行くなよー」と怒られるだろうC。ところが誘ってみれば・・・

「えー、行くんですかぁ?(^^;」

と、意外な返事が返ってきた。えぇぇぇぇ∑( ̄Д ̄;)? と驚くコーヂ。

「行かないんすか?」

「いや、行かないですよ?」

「え、だって も○りさんが行かない理由はない でしょ?」

「なんですかそれ。てか、さすがに映画館までは・・・(-_-;)」


さすがに映画館までは・・・なんなのよッ!

ふんとにもー、よくわからんお人だ。って、・・・あ、そーか。

彼の真意はきっとこうだ。

「あんた(コーヂ)とは行かない。つーか一人で行ってど~っぷり映画に浸りたいんだよ。泣いちゃったら恥ずかしいし」

そっかそっかそうなのか。ならばここは黙ってその意思を汲み取るのが大人ってもんだよな。うん。わかったわかった。ならば彼は放っておいて次の準備に入ろう。

第二段階は尿意対策である。

この映画、なななんとコンサート並みの2時間40分という上映時間が予定されている。

通常の生活での2時間半程度なら尿意などどーって事ないが、椅子に座ったままほとんど動けない2時間半というのは、腹部及び下腹部の膀胱と腸周辺にじわじわと圧迫を与え続けることが予想される。

また、上映途中で席を立っちゃいけないんだわ周りの迷惑になっちゃうんだわなんて考えたりすると、これがまた精神的な影響となってしまい、かえって余計に行きたくなっちゃうことがあるんだよね。

そこでこの日の午後2時以降は水分の摂取を完全に遮断した。入りがなくなりゃ出も減るってもんだ。たかが半日、のどが渇いて死ぬことはない。

そうして実際にこの作戦は功を奏し、上映終了までトイレに行かずにすんだのであった
(^ー^





18:10、仕事を終えていざ出発。

愛知県で「消失」を上映しているのは2館。名古屋駅近くの109シネマズと中区栄のパルコ東館の8階にあるセンチュリーシネマである。最終上映開始時間は109が20:55、センチュリーが19:55。この時間からならセンチュリーで間に合うだろう。

とりあえず車で近くまで移動し有料パーキングに駐車。パルコには初めて行くコーヂ。えーと西館から入って、こっちは南館? 東館にはえっとえっと、ココはどこだっけ? 上の連絡通路で行けるって? こっちかあっちか? と迷いウロつきつつもなんとか到着。ふぅー。

カウンターで購入したチケットは座席指定ではなく整理番号が印字されていて、開場時間になるとスタッフが整理番号順にお客さんを呼んで入場させ、入った順にお客さんは好きな席に座るシステムとなっていた。

うおー、こいつはぬかった。いい席取れねぇーと思いきや、この日の19:55上映開始入場者は40~50人(くらい?)だったため、後から買って入ってもソコソコ自由に席を選べる状態であった。これから行く人、平日は狙い目です。


話の内容はあちこちのサイトで紹介されているし、ネタバレもマズイので多くは触れないが、改変後の有希のキャラはそれ以前の「いつもの(表情がない)有希」とは違い、その切ない表情としぐさは観ているだけで ニヤニヤ と 甘酸っペェー が盛り沢山、またそうせざるを得なかった心情などが、ガツンガツンと伝わってくるものであった。

それは、コーヂのようなおっさんでさえ












萌え豚にしてしまう







程の威力であった。

オレ、独身だったら部屋に長門のポスター貼ってたかもな。うん。ヤベェヤベェ。


しつこかったエンドレスエイトでハルヒを見るのをやめたという人もいるようですが、それなら尚のこと、この「消失」を見ることで溜飲が下がると思いますよ。イイ出来です。





この回入場されたお客さんで、上映途中に映写機の近くを通ってスクリーンに影を作った人が。途中トイレに立った人が2~3人いましたが、総じてグッドマナーな方ばかりだったのでソレだけが残念でしたね。



後日つづき
コメント

2010/02/06>劇場版 涼宮ハルヒの消失>公開

2010年02月06日 | 音楽・映像・本
今日から公開の 劇場版 涼宮ハルヒの消失 。

いやー、この日を楽しみに待っていたよ。

でもってイザ行かんと上映館を調べてみたら、コーヂ地元の映画館では上映しないことがわかった。がーん(´д`;)

愛知県の上映館はたった二つ、名古屋市内の センチュリーシネマ と 109シネマズ だけであった。

なんだよなんだよー(´3`;)
ウチの近所でやってくれよー。

とブータレつつ 上映館情報 をよくよく見てみれば、愛知県は随分と恵まれている方で、充分近所と言える場所でやっているのであった。

中部地方の岐阜、三重は上映館は皆無。北陸の石川、富山にも無い。北海道は札幌の1館。九州も福岡の1館のみ。さらにさらに中国・四国地方の全県は上映館がまーったくない状態。

例えば広島の人が「消失」を見たいなら、九州の福岡か兵庫のどちらかまで行かなければならないのだ。誠にもってお気の毒である。


さて。

これだけ上映館が少ないとなると公開初日の今日の土曜、及び明日の日曜は、近隣諸県より楽しみにしている人たちが大挙して押し寄せてくることが予想される。

過日1/23に公開された「魔法少女リリカルなのは The MOVIE 1st」の時以上にタイヘンな賑わいになるでしょーね。













平日の夜に行こ(^^;
コメント (2)