コーヂ 日々のあとさ記

管理人の趣味であるアコギとバイクに限らず、日々のあんなことこんなことを気が向いたように書き散らすぐだぐだなブログ

2020/02/09>トレッキング6回目 石津・恋姫山・鎌知土 2

2020年02月13日 | トレッキング

実はココからチョットヤバイことになりつつありました。

 

恋姫から分岐点に戻る時に、膝に痛みを感じ始めました。さっきまでなんともなかったのに(゚Д゚;)

 

分岐まで戻ってルートと時間の確認をすると、残り行程は3分の2弱。なのに自分の予定時間より1時間弱の遅れ。げっ、まだ昼ごはん食べてませんが。

 

さらに膝痛いし、普通のペースでの移動はできなそう。1.5倍くらいかかるか、痛み具合によってはそれ以上とか・・・?

短い距離の石津に戻る選択もあるけどあの急坂は膝にかなりのダメージが来そうで怖い。ならば先はというと全体的には距離は長いけど勾配は緩そう。局所的には登ったり降りたりありそうだが・・・さてどっちがいい?

 

あー車を到着地に置いてきたもんなー(´_`。)。行くしかないかー。

となれば暗くなったらやばいじゃん。時間がもったいない。昼飯悠長にカップ麺食ってる場合じゃないな。とにかく進まなきゃ。行動食あるからそれでいいや。

とまあそんな感じで再出発したのですが、焦る気持ちと裏腹にここから3回も道を間違えて迷走することに。焦りが焦りを招きます。おーこわおーこわ。

 

 

迷いポイント1.この看板の向こう側の広い道を進んだら

 

倒木。さらに奥にも倒木。それでも乗り越えて進んでいくと倒木で道がない・・・

 

仕方なく標識まで戻って「どれが正しい道なの? え? ここ? ここなの?」の道を進むとどうやら正解。ほっとしてしばらく進むとまた道がなくなってる。あれ?どこで間違えた?

 

30メートルくらい戻ったら駒野駅の標識発見の迷いポイント2。わかりにくいってばー(;´゚Д゚)

 

まじ怖いなこのルート。恋姫行く途中で一人の登山者と会っただけであとは全然会わないんです。

 

あーよかった標識あったぁ。道合ってたわー。しかしこれが迷いポイント3です

 

「月見の森・水晶の湯」に行きたいわけです。そっちの方向見ると崖っぽく降りるルートと細い平坦道っぽいのがあるんです。

 

携帯のGPS地図だと崖っぽい方?ちょっと進んで位置情報の確認取りたいけど、この坂下りて間違ってたら登ってこなきゃいけないんだよね。これは痛みがだんだん強くなってる膝に相当堪える。でも無駄に歩きたくない。確認のため仕方なく降りる・・・。20メートルくらい進んでGPS見ると

 

「なんか違うっぽくないか?ヤバイヤバイ」

 

膝イタイヨーと言いつつ、登って平坦道へ。あーあ無駄に登り降りしちゃったよと歩いてたら

 

「あああああれれれれれ・・・道がない? いやいやいやいや、あるんでしょホントはこの辺に。俺が見落としてるだけでしょ。どこだどこだ?うわー道らしきものがないー」

 

もうパニくりですよ。これだけ何度も間違えてると自分のチョイスに自信が無くなってきます。どの道選んでも間違える気がします。心細いよーううう。とりあえず標識まで戻ろ(;_;)

ちなみにもう写真撮る心の余裕が全くありません。

結局は崖っぽい方の降りが正解。まさに無駄足の無駄膝痛。精神的ダメージ大。

 

5分くらい進むとちらほら目印の紐が確認できます。あとはひたすら前進。景色も見ずに前進。時間ばかり気にして前進。ひざいたいよーと前進。

 

見晴台に着いてやっと安心できました。行動食だけ食べてすぐ出発し。

スローペースで下山してやっとこさゴール

 

登山道には標識以外にも木に紐が付いてたりペイントが付いてたりで「これが正ルートですよ」という表示があります。このルート、あるところにはしっかりあるんですが、んんん?と迷うところになかったりします。

初見の人でも分岐点から見てはっきり分かるようにしていただけたらありがたいのですが。

今度行った時に勝手に巻いちゃってもいいんでしょうか?

 

次回は移動距離少ない計画しよう・・・。

 

コメント   この記事についてブログを書く
« 2020/02/09>トレッキング6回... | トップ | 2020/02/11>GSX-S1000 バッ... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿