国際短期大学 キャンパスライフブログ

楽しいイベント盛りだくさんの大学生活!

令和2年度 卒業式

2021年03月11日 | R2年度

3月11日、本学にて令和2年度卒業式が行われました。

感染症対策のため参加は卒業生と保護者様1名までの事前予約制とし、
さらに午前と午後にわけて開催しました。
入り口では検温とアルコール消毒にご協力いただきました。

50周年記念アリーナにて学位記授与が行われました。
ゼミごとに登壇し、卒業生一人ひとりに高木明郎学長から学位記が授与され、
その後、各ゼミの代表者から卒業にあたって挨拶がありました。
両親・仲間・教員への感謝の言葉、国短の思い出、社会人になるにあたっての抱負、
また緊急事態宣言下にもかかわらず卒業式を行うことができた喜びと感謝の言葉が述べられました。

続いて学長賞・優等賞に選ばれた卒業生が表彰されました。
学長の祝辞、理事長挨拶の後在学生代表の魚住さんによる送辞、
卒業生代表の熊谷さんの答辞が行われました。}

最後は恒例の2年間の思い出を振り返るスライドショーの上映。
和やかな雰囲気で閉式を迎えました。
閉式後、担当アドバイザー毎に本館の教室に集まり
卒業パーティはできませんでしたが、記念に国短マーク入りのマカロンが配布されました。

学長賞、卒業生代表に選ばれた熊谷さんのコメントをご紹介します。
国際短期大学の短い2年間の間に勉学はもちろんですが
様々なことを経験させていただきました。
学長賞を受賞することができとても嬉しく思います。
先生方をはじめ事務の方など皆さんに親切にしていただき
とても貴重な2年間を過ごすことができました。
社会人としてこれからも国際短期大学で学んだことを
活かして頑張っていきたいと思います。
ありがとうございます。

皆さんのご活躍を心よりお祈りしています。ご卒業、おめでとうございます。


学内合同企業説明会

2021年03月02日 | R2年度

国際観光コース1年の吉竹です。
私は2月22日、3月2日に行われた学内合同企業説明会と、
学内合同企業説明会委員会の活動について報告します。

まず学内合同企業説明会とは、私たち学生が企業を訪問したり、
決められた会場を訪問したりすることなく、
企業の方々が本学にお越しになり、会社の説明をしてくださるプログラムです。
短期大学生の採用を積極的に行う企業と出会える貴重な説明会です。
来校いただく企業は不動産からアパレル、美容、ホテル、医療、販売、
商社など幅広く、自分の興味のある業種のお話を聞くことができます。
コロナ禍ではありましたが1日目は10社、2日目は12社の企業に
来校いただきました。
最初に授業収録システムのライブ配信を利用し、私たち学生は
それぞれの教室で参加企業すべてのPRを聞きます。
その後企業ごとに教室に分かれて詳しい会社説明があり、
2日合わせて4社の企業の方から少人数でお話を伺いしました。
人事担当の方の他に卒業生も来校している企業もあり、
先輩のリアルな声を伺うこともできました。
 
私は学生の先頭となってこの説明会の進行をし、
企業の方とより深く関わることが出来る、
学内合同企業説明会委員会のメンバーとして活動しました。
企業の方とお話をさせていただくのはとても貴重な経験となり、
これから始まる就職活動にも役に立つのではないかと考え参加しました。

事前に説明会の詳細について委員会メンバーで話し合い企画をします。
委員会活動は毎年行っているそうですが、今年初めてでたアイディアがありました。
企業の方々の印象に残るよう最初に委員会メンバーが自己紹介をするという案です。
このように自分たちで考えた企画を実際に行うことが出来るのはとても魅力的だと感じました。
当日の役割分担は大きく分けて3つ、
企業の方のお出迎えやお席までのご案内、
自己紹介の進行、
企業研究をし、参加学生への企業のご紹介です。

この1年間、授業で習ったお辞儀の仕方や話し方を実践することができ、
今年初めて取り組んだ委員会メンバーの自己紹介では、
企業の方々が笑顔で聞いてくださり、
さらにあたたかい拍手もいただき嬉しかったです。
説明会後はメンバーで分担し、お見送りをしました。
企業の方に質問や感謝の言葉を直接お伝えすることが出来ました。
この委員会のメンバーになったことで企業の方とも自分からお話をすることができ
今まで話したことがなかった学生と仲良くなるなど、
積極的に行動することで環境が変わり成長することが
できるということを体験しました。
この経験を活かしてこれから始まる就職活動でも、
自分から積極的に行動できるように頑張ります!