国際短期大学 キャンパスライフブログ

楽しいイベント盛りだくさんの大学生活!

エアラインゼミナール

2018年12月29日 | H30年度 イベント
こんにちは。
国際観光コース1年、加藤です。
秋学期に履修していた「エアラインゼミナール」をご紹介します。
エアラインゼミナールは、ただ先生の話をインプットするのではなく、
自分自身の考えや、仲間と話し合って出た意見をまとめて発表する事が
中心となる授業でした。

航空会社や空港についてなど幅広く知っていくことから始まり、
最終的にはそれぞれの会社の魅力や特徴を自分の言葉で説明できるようにし、
就職活動につなげていこうという思いで、日々学んできました。

12月には学外研修として羽田空港の近くにある
ヤマト運輸のクロノゲートへ見学に行ってきました。
空港の近くにあるということもあり、とても大きな施設で
世界中各国から送られてくる荷物や、各地域に運んでいくまでの工程を
実際に目で見て体験することができました。
特に私が印象的だったことは、
サービスを加え、付加価値を見いだすとおっしゃっていたことです。
クロノゲートでは、物を運ぶだけではなく物が行き届いた後にも
利用者が使い方に困らないように洗濯機の洗浄や、
手術道具の洗浄、引っ越し業務も行っていると知り、
作業が機械化されている中で、唯一人間の手でしかできないことだと思いました。
お客様の笑顔やありがとうの声のためにベストを尽くしていることが
お話を聞いて伝わってきました。


この授業を通して意識が変わったことは、
仲間の意見をきちんと聞くことは大切であるということです。
グループディスカッションや個人発表をする時に、
自分では分からなかった新しい視点からの考え方をする人がたくさんいました。
自分の意見だけでなくて他の人の意見を取り入れることは重要で、
この経験は必ず就職活動に役立つと思います。
これまで人前で話をすること、面接の場面を想定して
姿勢や言葉遣いを意識するというような力が私には足りていませんでしたが、
エアラインゼミナールで改善できたと感じています。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 海外体験実習 VOL.6 | トップ | エアライン志望者特別講座 »
最近の画像もっと見る

H30年度 イベント」カテゴリの最新記事