国際短期大学 キャンパスライフブログ

楽しいイベント盛りだくさんの大学生活!

空港ビジネスとホスピタリティ 3

2017年10月09日 | H29年度 イベント
研修最終日は株式会社ANAケータリングサービス(ANAC)を見学しました!
ANAクラウンプラザホテル成田のすぐ近くにあるANACは
航空会社の機内食を製造している企業です。
今日の研修は施設見学が終わった後、機内食を試食させてもらえます❤
(見学する前から楽しみで仕方ありませんでした笑)

オリエンテーションが終わった後、いよいよ施設見学へ!
記念写真も誰だかわからないくらい、衛生面を考えてしっかり髪の毛1本落とさないよう
白衣に着替えます!



機内サービスエリア・調理エリアを見学しました。
機内サービスエリアにはお皿、ナイフ、CAグッズまで・・・。
機内食だけでなく様々な物が管理されており驚きでした。



続いては調理エリアへ!調理エリアは、
プレパレーション(食材の下処理)・調理製造(洋食・和食2つの部門に分かれている)
・ディッシュアップ(盛り付け)・トレイセット(盛り付けが終わった機内食をトレイにセットする)
という4つのエリアに分かれています。
ディッシュアップのときには異物混入を防ぐために検査は欠かさないそうです。
機内食をのせるトレイには秘密があるらしく・・・
実際にトレイを触って確かめてみました。
触ってみると、お盆の表面が滑らない素材です!
実は秘密が隠されていました。
料理をのせるお皿やスプーンやフォークなどを載せてトレイごとゆらしても
全く動かない!
飛行機の中でお客様がスプーンやフォーク、機内食を
落とすことなく食事ができる工夫だそうです。
スタッフの方々のお客様に対する思いやりが伝わってきました。



さて続いてはお待ちかねの機内食の試食!



なんとビジネスクラスの機内食をいただくことに!

洋食・和食どちらも用意してくださったのですが、私は和食をいただきました。
和食は懐石料理でどれも美味しくまたまた完食(笑)。
ちなみにデザートは『ピーチメルバ』というケーキでした。
飛行機で空の旅を楽しみながらこんなにおいしい機内食が食べられるなんて・・・。
多くの人に支えられ、幸せな空の旅になっているのですね。
本当に美味しかったです!



食事の後は機内食開発と大事な衛生についてのお話です。
食中毒を防ぐための管理が徹底されていることを学びました。
またただ安全でおいしいだけでなく、例えばファーストクラスの機内食は
機上でCAの皆さんが料理を盛り付けるので、
そのような一連の流れを含めてメニューを考えなければならないなど・・・
様々な事をお伺いしました。
機内食に対する熱い思いが伝わってきました。
質疑応答の時間が終わり、これで三日間の研修は終了。



大変でしたが、研修が終了した後は達成感に満ち溢れ、
「行って良かった」と心から思えました。
各企業が顧客満足のために様々な工夫をしていることを
働く皆さんから直接お伺いするという大変貴重な時間でした。
将来、エアライン業界で働きたい!という方にも
まだぼんやりだけど空港の仕事に興味がある・・という方にも
この研修はとっても勉強になります!オススメです★
以上研修レポートでした!
最後まで読んでいただきありがとうございました!
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« 空港ビジネスとホスピタリテ... | トップ | 差別化戦略と企業イメージ 1 »
最近の画像もっと見る

H29年度 イベント」カテゴリの最新記事