国際短期大学 キャンパスライフブログ

楽しいイベント盛りだくさんの大学生活!

コース別研修【国際観光コース】~ANA羽田整備場&ANA総合研究所エアラインビジネス講話~

2016年06月17日 | H28年度 イベント
学生レポーター1年 伊藤 杏佳

5月26日の初年時研修で私たち国際観光コースは、
午前は「ANA機体工場」を訪問し、午後は
「ANA総合研究所エアラインビジネス講話」を受講してきました。
研修当日まで学校で事前学習として、ANAエアラインビジネスの
理解・航空機の歴史などを学び研修に臨みました。
初めての学外研修、久しぶりのスーツで緊張しましたが、その反面とても楽しみでした。

整備場では、はじめに航空機についての知識や、空港、ANAグループについて
教えていただきました。また、キャビンアテンダント、グランドスタッフ、
整備士の動きや、仕事に対する思いについて知ることができました。
そのあと実際に格納庫に行きました。
格納庫には航空機がドックインしており、整備士さんたちが整備をしている様子を
間近で見ることができます。

格納庫は縦230m、横100m、高さ43mの大きな建物です。
第一格納庫と第二格納庫があり、第一格納庫には最大7機の航空機が入り
2つ合わせると10機ほどの航空機を格納する事ができるとのことです。

航空機のタイヤは車よりも高圧力で、1ヶ月から1ヶ月半で交換をする、
など実際に見学したからこそ知ることができた事がたくさんありました。
また、こうした作業のおかげで私たちはいつも安全に航空機に乗ることができるのだと
改めて感じました。

私は、この格納庫を訪問するのは今回で2回目(1回目は高校生の時に
国際短期大学のスペシャルオープンキャンパスで訪問しました)
なのですが初めての時も今回も、航空機についての説明や、
格納庫で働く整備士の方々、そして航空機の様々な部品、目の前の航空機などに
圧倒され、感動しました。


その後モノレールに乗り、羽田第一ターミナルに移動し
昼食後は講堂で、株式会社ANA総合研究所 原田由子先生の講話
「航空会社における様々なキャリアについて」を伺いました。
原田先生の講話では、キャビンアテンダントをはじめとする
いろいろな業務の経験をお持ちの先生だからこそわかる
楽しいお話をたくさん伺いました。

"羽田空港国際線の免税店で、外国人、特に中国人に一番人気のあるお菓子は"
という質問があり私達には予想外の日本人にも人気のお菓子の名前が出て、みんな驚いていました。
とても興味がわきました。
またキャビンアテンダントや、パイロットのこと、
どんな人がエアラインの仕事に向いているかなど細かいお話を聞くことができました。
今回初めての学外研修で、どんな感じなのだろうと不安と緊張がありましたが、
エアライン業界の厳しさや楽しさ、やりがい、実際に訪れたから知れたこと、
経験者の方からだからこそ聞くことができたことなど、沢山学ぶことありました。
また、一人一人が夢に向かって頑張ろうと改めて思うことができた
充実した1日だったと思います。
この日のことを生かし、日々夢に向かって頑張ります。
ジャンル:
ウェブログ
この記事についてブログを書く
« コース別研修【総合ビジネス... | トップ | コース別研修【英語キャリア... »
最近の画像もっと見る

H28年度 イベント」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事