国際短期大学 キャンパスライフブログ

令和2年度 卒業式

3月11日、本学にて令和2年度卒業式が行われました。

感染症対策のため参加は卒業生と保護者様1名までの事前予約制とし、
さらに午前と午後にわけて開催しました。
入り口では検温とアルコール消毒にご協力いただきました。

50周年記念アリーナにて学位記授与が行われました。
ゼミごとに登壇し、卒業生一人ひとりに高木明郎学長から学位記が授与され、
その後、各ゼミの代表者から卒業にあたって挨拶がありました。
両親・仲間・教員への感謝の言葉、国短の思い出、社会人になるにあたっての抱負、
また緊急事態宣言下にもかかわらず卒業式を行うことができた喜びと感謝の言葉が述べられました。

続いて学長賞・優等賞に選ばれた卒業生が表彰されました。
学長の祝辞、理事長挨拶の後在学生代表の魚住さんによる送辞、
卒業生代表の熊谷さんの答辞が行われました。}

最後は恒例の2年間の思い出を振り返るスライドショーの上映。
和やかな雰囲気で閉式を迎えました。
閉式後、担当アドバイザー毎に本館の教室に集まり
卒業パーティはできませんでしたが、記念に国短マーク入りのマカロンが配布されました。

学長賞、卒業生代表に選ばれた熊谷さんのコメントをご紹介します。
国際短期大学の短い2年間の間に勉学はもちろんですが
様々なことを経験させていただきました。
学長賞を受賞することができとても嬉しく思います。
先生方をはじめ事務の方など皆さんに親切にしていただき
とても貴重な2年間を過ごすことができました。
社会人としてこれからも国際短期大学で学んだことを
活かして頑張っていきたいと思います。
ありがとうございます。

皆さんのご活躍を心よりお祈りしています。ご卒業、おめでとうございます。

最近の「R2年度」カテゴリーもっと見る