gooブログ 安川電機労働者懇談会(OBもいるよ)です

職場・社会を見据え、自分たちでできることから始め、よりよい職場・社会をつくろう

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

半導体事業各社の人員削減

2012年08月12日 | 日記

 安川電機の人員削減計画、東芝北九州工場閉鎖などを過日掲載しましたが、半導体各社も人員削減が打ち出されています。「原発再稼働反対」のように、「日本の職場を守れ」と経団連に押しかけたい気持ちです。

 西日本 2012,8,3より  ヤマハ鹿児島セミコン希望退職70人を募集へ

 鹿児島県湧水町の半導体製造「ヤマハ鹿児島セミコンダクタ」社員230人が35歳以上の正社員190人のうち70人の希望退職を募ることが2日わかった。競争激化や円高進行などを受け、生 産効率の高い設備を導入することに伴い余剰人員を削減するとしている。

 同社はヤマハ(浜松市)の子会社で1976年に鹿児島工場として操業開始した。2012年3月期の売上高は106億円。スマートフオン(多機能携帯電話)などに内臓する「地磁気センサー」の製造で世界2位。今後は11億円の設備投資をし、さらに地磁気センサー製造に特化する。退職日は11月30日で、8月16日から9月14日に募集する。希望退職者には退職金に特別加算金を上乗せする。これ以上の人員削減や工場閉鎖の予定はないという。

 

日経産業 2012,8,6より  三社電機(パナソニック系) 9月18日~24日まで70人の希望退職募集

 対象 半導体事業に従事し10月30日時点で40歳以上の従業員。同事業に携わる人員の約20% 退職日10月30日 退職金+特別加算金を支給

 

コメント

安川電機の中国進出拡大計画(新聞記事より)

2012年08月12日 | 日記

 日経新聞2012,7,26より転載です。 中国のロボ生産倍増 安川電機当初計画に上積み

  安川電機は中国で2013年に稼動する産業用ロボットの新工場の生産能力を当初計画の2倍の12,000台に引き上げ、投資額も従来の17億円から40億円程度に上積みする。人件費高騰で自動車工場などで使うロボットの需要が予想より速いペースで拡大すると判断。新工場への投資も急ぐことにした。

 安川電機は現地法人の安川(中国)機器人を通じて江蘇省常州に2つのロボット組立工場を建設する計画。いずれも25日に着工した。両工場では13年半ばから自動車や建機、農機具の生産工程で使う多関節型の溶接ロボットを量産する。生産能力は当初、年間6,000台を予定していたが需要が予想以上に大きいとみられることからフル稼動する15年までに年12,000台にする。

 日本企業が多関節型の中国生産を始めるのは同社が初めてとなる。溶接や組み付け、搬送などで使う多関節型ロボットの中国市場は昨年、業界推定で前年比60~70%増の2万台で、大半が溶接型のロボットだったとみられる。(中略)

 増産を急ぐ背景には中国での人件費上昇がある。昨年の都市部の平均賃金は前年比14,3%増の4万2452元(約52万円)。06年の2倍以上に増えた。中国では若い世代が工場で働くことを敬遠する傾向を強めており沿海部では人手不足も慢性化している。こうした労働環境の変化を受け、中国の製造業は「投資負担が増しても自動化設備を導入した方が安定的な生産が可能になる」(江蘇省内の金属加工工場)との見方を強めている。中国政府も安い労働力に頼らずに付加価値の高い製品を作り出すよう後押ししており、産業用ロボットについては現在、輸入関税率をゼロとしている。海外製品の導入を急いで産業の高度化を促す構えだ。

コメント

「安川電機はパートの解雇をやめ雇用を守れ!」JMIU安川合同支部がビラ配布

2012年08月04日 | 日記

 8月3日朝、JMIU安川合同支部組合員らが安川電機八幡東事業所の通用門(スペースワールド駅前)で

ビラを配布し労働者を激励しました。ビラを受け取った労働者は熱心に読んでいました。

「私も解雇と言われた。子どももおるし、どううすりゃいいやろ?」と話す若いパートさんに「JMIUに相談に来て。」

と声をかけていました。(画像をクリックすると大きくなります)

 

 

コメント

安川電機で110名のパート首切り計画

2012年07月30日 | 日記

  安川電機八幡工場では、モータ事業の収益力強化のための再編計画を7月11日に労働組合に提示。埼玉の工場や北九州の下請け会社を含めた「製造請負会社」の再編や、中国生産へのシフトなどで、製造請負会社のパート110名の「雇い止め計画」を発表、職場に衝撃を与えています。北九州では東芝の工場閉鎖に市長が撤回の申し入れをした経過があり、地場産業の安川電機としては、「縮小」を小出しにして市民の反応をうかがう姿勢か?
 パート労働者の生活守れ!の声をあげなくては。正社員だって、埼玉や中国に配転させられるかもしれない。

 

コメント

パナソニック 河本さんの記事(転載)

2012年04月18日 | 日記

 FACE BOOK からの転載です。河本さんは長崎出身だそうで、長崎の知り合いの方がFACE BOOKに掲載していました。

 

コメント