近研ブログ

國學院大學近代日本文学研究会のブログです。
会の様子や文学的な話題をお届けします。

平成28年12月19日 梶井基次郎「闇の絵巻」研究発表

2016-12-20 19:32:06 | Weblog
こんにちは。12月19日に行われました梶井基次郎「闇の絵巻」研究発表についてのご報告をさせていただきます。
発表者は二年長谷川さん、一年野口さんです。司会は二年吉野が務めさせていただきました。

「闇の絵巻」は梶井の湯ヶ島滞在時の体験から執筆された作品とされており、作者の言及が書簡などに多く残っています。
そのため先行研究では「冬の蠅」「蒼穹」など湯ヶ島時代の他作品との比較や、成立論などの作家論に基づいたものが多く見られました。
その中でも梶井が「闇」というテーマを重要視していたことについて、幅広い解釈がなされていました。
また、近年の論文では構造的読解を行う古閑論や樫原論なども見受けられます。
今回の発表では、副題を「作中で語られる『闇』」とし、そのような語る「私」語られる「私」に着目しながら、作品の大きなテーマである「闇」について考察がなされました。

発表要旨としては、まず「闇」の定義・「闇」がどう語られているかが着目されました。作中冒頭では闇に対し「爽快な戦慄」「絶望への情熱」という言葉が使用されます。そして「絶望への情熱」を捨てると闇は「苦渋や不安や恐怖」の対象から、「深い安堵」「爽やかな安息」を感じるものと変化していきます。向き合い方によって「闇」が別の表情を見せることが指摘されました。
本テクストは「語る現在→語られる過去(療養時代)→語る現在」という構造となっており、その過去の場面では闇は光と共に語られていきます。
通常は対義語として使用される闇と光が相互に強調される関係として語られることにより、一般的な価値観を転換させるような事物の捉え方が描かれた作品であると述べられました。
また、回想場面での「私」が光の存在しない闇に初めて向き合うことにより、「私」は闇から安息を得る条件のひとつを満たしたが、現在の「私」がいる光のある都会では安息を得るには至らないのではないか・「闇を愛することを覚えた」という療養地での体験は、つまり「闇を知る」ことであったのではないか、と主張されました。


質疑応答では、まず作中において「白」「光」の対になる表現として「闇」という言葉が用いられている点が指摘されました。作中での「闇」は奥行きや濃淡のあるものとして語られていると考えられます。また、「語る現在→語られる過去→語る現在」という構造をとることで、語りの変化はあるか、それに関して前半では闇の街道を「今も新しい印象で思い出す」などと語られていたのに、後半では「いつ見ても変わらない」などと語られているのはどういうことかなどの考察も行われました。特にこの闇の街道についての語られる内容の違いは、発表者の中でも意見が割れたところであり、「今」というのは都会から見ると闇の街道が「新しい印象で思い出される」ということであり、闇の街道の景色そのものは「いつ見ても変わらない」ものではないかと考察されました。
他にも、「闇と光という言葉は対義語ではなく相対的関係ではないか」という質問も挙げられました。それに対しては先生から、「対義語というイメージで語られているという偏見を転換させるような小説なのではないだろうか」というご指摘を頂きました。
近代的感覚の基礎である視覚が制限され、聴覚や嗅覚・視覚さえも光の下とは違う形で鋭敏化する「闇」の世界を語ることであたかも「光」のみのような理智的世界から開放され「闇」「光」両方が存在するということを引き受けていく物語なのではないかと結論されました。


他にも「私」の存在する時制や場所の違い・回想の最後に登場する霧の夜についてなど様々な視点からの意見が交わされました。

以上、簡単にではありますが、報告させていただきました。

次回は年が明けてからの活動となります。作品は大江健三郎「孤独な青年の休暇」です。
ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 平成28年11月31日 川端康成「... | トップ | 平成28年度 春期合宿報告 ... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

Weblog」カテゴリの最新記事

関連するみんなの記事