FROM EDITOR・・・・・

航空専門誌の文林堂『航空ファン』&『世界の傑作機』公式ブログ

『航空ファン』2019年1月号は中国の次世代爆撃機H-20を特集。表紙はC-1 & T-4記念塗装機空撮

2018-11-16 08:00:00 | 告知&ニュース


暦に先駆けて、『航空ファン』は2019年の新年号、1月号の発売です。
今月の特集は「中国ステルス爆撃機H-20の真相と爆撃機勢力」で、
中国メディアがその開発が進んでいると報道したことで、
がぜん注目が高まりつつある中国の次世代爆撃機、H-20(轟20)に
スポットを当てます。
すでに飛行試験を開始しているという噂もありますが、海外においては
実際にはその形状さえ明らかでない機体について、断片的な情報を集めて分析し、
さらに、H-20に関する展示こそなかったものの、
中国の最新航空技術が披露された珠海での航空宇宙展
「エアショー・チャイナ2018」の速報リポートもカラーページで展開、
H-20と双璧を成す中国空軍の最新鋭機、J-20の機動飛行なども詳しく紹介します。

そのほか日米共同統合演習“Keen Sword 19”から
空母レーガンのオペレーションと三沢での航空救難訓練、
記念塗装のC-1 & T-4空撮と開設60周年記念入間基地航空祭、
英空母クイーン・エリザベスでのF-35B離着艦試験、
米軍も参加しNATOとの連携が深まるウクライナの航空演習“Clear Sky”、
レッドブル・エアレース2018第7戦インディアナポリスなどをカラーで紹介、
「追補・個人としての航空戦史」も掲載します。
発売は11月21日(水)(一部発売の遅れる地域があります)。




『航空ファン』、『世界の傑作機』など、
文林堂の本の情報はコチラから!

コメント

週末は岡南でアクロを見るか? 岐阜で異機種編隊を見るか?

2018-11-15 22:00:00 | 航空イベント
11月18日、岡山県岡山市南区の岡南飛行場で
毎年恒例の「岡南飛行場祭り」が開催されます。
岡南は内海昌浩氏率いるウィスキーパパ競技曲技飛行チームのホームベースで、
当日は内海氏のエクストラ300Lによるフライトはもちろん、
アメリカで活躍するREDFOX高木雄一氏のピッツS2Sによる
エアショーも実施される予定になっており、
本格的なエアロバティックスの競演が話題となっています。





またこのほかにも、グライダーのフライト、警察・防災など官庁ヘリの展示訓練、
管制塔見学や航空教室、有料での遊覧飛行や警察・自衛隊の車両展示など
盛りだくさんの内容です。


http://www.pref.okayama.jp/page/580385.html



一方、この日は航空自衛隊岐阜基地でも航空祭が予定されていますが
(こちらは先ごろテレビ放映された岐阜基地が舞台のアニメ
『ひそねとまそたん』とのコラボ&記念塗装機が話題となっています)、
どちらも注目のイベントになりそうです。

http://www.mod.go.jp/asdf/gifu/event/index5.html
https://twitter.com/JASDF_GIFUAB/status/1062501840326017025
コメント

ATR記者会見に松本零士氏登場!

2018-11-15 13:53:45 | BLOG×記事


本日、ATR新CEOステファノ・ボルテリ氏の来日に合わせ都内で記者会見が行なわれましたが、
プレゼンテーション、質疑応答に続いて漫画家の松本零士氏がゲストとして登壇、
この日のために制作した、ATRと富士山を描いた絵画をボルテリCEOに贈呈しました。

無類の“キコーキ好き”として知られる松本先生ですが、なかでもプロペラ機がお好み。
今回の作品も「ATRは大好き! 大変楽しく描かせていただいた」とのことでした。
イタリアから、「窓側の席に12時間座って」帰国されたばかりだそうですが、
80歳にしてますますお元気のご様子、真に結構なことでした。


©Reiji MATSUMOTO
「機体と富士山のバランスが難しいんです」と、松本先生。
コメント

パスファインダー、新航空機展示場を一般公開

2018-11-14 12:35:49 | 告知&ニュース




室屋義秀選手が代表を務める(株)パスファインダーは、
11月24日に新しい航空機展示場を一般公開すると発表しました。

当日は室屋選手が国内エアショーで使用しているエクストラの見学や
展示場の愛称募集、小中学生を対象とする模型飛行機教室などを予定。
新展示場以外の飛行場施設を見学する、ふくしま飛行協会主催の
「立体的施設見学会」も同時開催します。なお、当日は、
室屋選手のデモフライトやトークショーの予定はありません。

日時は11月24日(土)10:00~14:00(最終入場13:45)、入場は無料。
上記教室への小学3年生以下の参加は、保護者同伴が条件です(教材費500円)。
立体的施設見学会に関してのみ、問い合わせ先として下記が示されています。
NPO法人ふくしま飛行協会 ☎024-558-6880


新航空機展示場のエントランスには滑走路風の表示が。
コメント

11月13日

2018-11-13 15:51:46 | 編集長日記


今日は2019年1月号の校了日です(2ヶ月前の表記は業界の悪習慣かも)。
今号は編集部・神野の日米共同統合演習の取材が巻頭2題を占めるため、
表紙も同取材を第一候補に作業を進めていましたが、見事なうっちゃりで、
空自第2輸送航空隊の“歌舞伎C-1”と中司飛のT-4記念塗装機に決まりました。

特集は「中国ステルス爆撃機H-20の真相と爆撃機勢力」ですが、
なんらかの発表があるかと思われたエアショー・チャイナでの発表はなし。
逆に話題をさらったのはステルス戦闘機のJ-20の飛びっぷりでした。
いち早く現場に入った徳永カメラマンの速報にご期待ください。

今日は少し遅くまでかかりそうです。21日をお楽しみに!
コメント

カレンダー

2018年11月
1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28 29 30
  • RSS1.0 RSS2.0

gooブログ おすすめ