FROM EDITOR・・・・・

航空専門誌の文林堂『航空ファン』&『世界の傑作機』公式ブログ

三菱重工の「史料室」、きょうから公開です

2020-01-31 14:47:44 | BLOG×記事

三菱重工の小牧南工場にあった「史料室」。
同社の航空機開発の歴史的資料が一般公開され、
多くの飛行機ファンにも親しまれてきました。
しかし、諸般の事情から2017年5月に閉室。
その後、長らく再開が待たれていましたが、
同社大江工場の通称「時計台」の建物を改装し、
名称も「大江時計台航空史料室」と改めて
リニューアルオープン、1月31日から公開されています。



旧「史料室」に置かれていた「零戦」と「秋水」をはじめ、
同社製の「金星」「火星」エンジンの実物も新たに展示され、
さらに設計の青図や設計指示書、模型などなど、
貴重な資料がモダンな展示室に整然と並んでいます。



見学は無料ですが、完全事前予約制となっており、
すでに1月20日から受付が開始されています。
申込方法やアクセスなど詳しい情報は同社HPをご覧ください。
なお、今回のリニューアルオープンに先立って、
30日にはメディア向けの内覧会が開催されました。
その模様は本誌4月号で紹介予定ですので、お楽しみに。
コメント   この記事についてブログを書く
« 世界の傑作機No.193はきょう... | トップ | 「マルヨンの会」展示会、2月... »
最新の画像もっと見る

コメントを投稿

BLOG×記事」カテゴリの最新記事

カレンダー

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31

バックナンバー

  • RSS1.0 RSS2.0

gooブログ おすすめ