何ヵ月も先の事なのに・・・

2019年01月13日 | 釣り紀行

安物のリールを買って来ました。
気分のリフレッシュです。


何ヵ月も先でないと
行かないのですが
高いものでは
7万円以上もするのですね。

15年間
釣りを止めていた間に
時代は変わっていました。


道具の豊富な事
釣り方も違う 餌なしで 釣る・・


今まで見たことの無いような道具がずらり
昨年 釣りをして感じた事


今まで行けたところへは
行けなかった。


簡単なテトラ2つ越えると
根魚のポイントだらけなんで
2つ越えて行ってみた
グングンあたりがある


10匹ほど釣って戻ろうとしたら
怖くて 戻れない


釣り竿を 堤防へビョ~~ンと投げ
這うようにして堤防へ戻りました。


わずか2mほどなのに
この時に 歳を感じました。


家に帰ってみんな平等とは 言うけれど 
2階で1人ハンカチをくわえて
辛いのうって 泣きました。ググっ くくくっ

話は急に変わりますが

我家から車で少し行った所に
昭和村といって
兵庫県神戸市西区伊川谷町有瀬1249−1 


なつかしい物が
沢山売っている
お店に行きました。

今日は少しご紹介しますね
喫茶もありますよ。

切抜きの一番右上 これが
ケンとメリーのスカイラインですね

 

 

続きがありますが

次回にご紹介いたします。

拙いブログを

いつもご覧頂き ありがとうございます。

 

コメント

僕の 淡路釣り紀行

2018年10月30日 | 釣り紀行

虚血性大腸炎で少々大変でしたが

お腹が
思いのほかよくなったので・・
そして頑張ったので
淡路行きの許可が
朝 2時に出発しました。
そして
大きなスズキ 


タモが50cmなので
大きさがお分かり頂けると思います。
70cmもあったかも
格闘し
すみません~~~!と
近くにいらっしゃる方に
助けて頂き確保できました。

8時に帰宅 調理後

少し休んで

お仕事を

平均を80歳として
それまで後10年

よく働き
よく楽しみ

更に元気だったらもうけもん
そう思って暮します。

淡路へ来られる方は
大阪の方が多く
今日は京都からも
皆さんとっても親切で いい方ばかりです。
大きなクーラーを重たそうにしていると
運びましょか?って言って下さいました。

いい人に出あい ふれあい
釣りもいいけど お話も好きな僕です。

目の前は大阪湾を望み和歌山
そして後ろを見れば
大黒様のお寺 八浄寺がすぐそこに

コメント

いざ タチウオ釣りのリベンジです。

2018年10月16日 | 釣り紀行

昨夜は早く寝て
今朝 1時半に起床
いつもはまだ起きている時間なのですが
さぁ~ 淡路へ出発
タチウオ釣り
どうしてもリベンジしたくって
沢山釣れました。

 

夜明けと共に釣れなくなり

 

8時には帰宅


今日のおバンザイは
タチウオの塩焼き
スダチをかけて
頂きまぁ~~~す。

さて
お仕事を張り切ります。

コメント

僕の 淡路釣り紀行

2018年10月09日 | 釣り紀行

今日 午前 2時半
淡路へ出発した。
3時過ぎには
目的地 
佐野運動公園へ

行くまでの準備が楽しくてね
目的地に着くと 
帰りたくなるのは 
自分でもよく解らないのですね

なんで?

予報と違い 風が 強い
季節の タチウオ釣りが目的です。

あたりは ゴツンとあるけれど

他の人は どんどん入れ食い状態


仕掛け、テクニックで
こんなにも釣果が違う事を実感していると
神戸北区からお越しの方が
ここは メバルがいっぱいいますよ!と
僕は 安定感のあるテトラですが
足がねおぼつかないのです と
お返事しました。


今までなら なんでもない安全な形で低いテトラ
怖いのですね。
本当に 歳を感じ 情けなくなりました。
帰りに もう今日で 釣りはやめよう。
どなたかに 
全部 釣り道具を差し上げようと思いましたが

自然に囲まれ ゆっくりする事にしました。
お会いする方が
皆さんいい方ばかりにめぐり合えます。
若い人の流行で ラップ
そんな格好の若い方たちと
お話しさせて頂き
別れ際に さよなら と 言ってくれました。
嬉しかったです。

コメント

淡路島 釣り紀行 1人旅

2018年09月12日 | 釣り紀行

久し振りの淡路島へ釣りに出かけました。
朝5時20分我家を出発
冨島漁港へは6時過ぎ到着
僕の目指す
赤い灯台
誰もいない 僕1人
テクテク テクテク 歩きます。
本当に釣れなくなりました。
自然が変わってきています。

探索してみようと
冨島漁港から
山を越え
佐野運動公園という人工島へ
久し振りの淡路島
七福神の島  疲れたけれど
楽しかった。

走行距離 100km
久々に 朝までぐっすり眠れました。

コメント

久し振りの淡路島 釣り紀行

2018年08月22日 | 釣り紀行

昨日は久し振りに淡路島へ釣りに
暑いのに と想いながらも
1時に床に入ったけれど
3時に目が覚めそのまま淡路へ
行きがけに 机の上にあった
メモ書きが

4時頃 淡路島 富島漁港へ到着
波止の先端まで距離がある
テクテク 歩く いい運動です。


波との先端まで行くのに
以前はなんともなかった
フナムシが いっぱい 怖い~~
グッと我慢して やっと先端


誰もいない  こんな歌があった
♪ 今は もう秋 誰もいない海 ♪
でも まだ暑い夏 
東の山の方がほんのり 明るく
8月21日のお日様だ!

あまり釣れない
今日がチャンス 他の場所を 探索してみよう
富島漁港から 少し南の 

浅野漁港
そして
育波漁港へ ここは波止の先端までは
相当な距離がある あらぁ~~


今度 ビタミン剤を飲んでチャレンジしてみましょう
探索して 他の場所も探索して
帰った時は ぐったり
眠い 車 運転 こりゃ あかん


時間を考えてこれから行きます。
次回は10月
秋にならないと
釣れないですね。

コメント

僕の 淡路釣り紀行

2018年03月26日 | 釣り紀行

久々に
行ってみた。
3時半過ぎに
淡路 冨島漁港に到着

僕と同じ
お年頃の方が3名さん 
釣り場におられました。

須磨から との事で

みなさん 穏やかな方で
初めてでも楽しいお話が出来ました。
お一人は 絵描きさんとの事でした。

夕日と潮の香りと
初めての出会い

 

 

これから
また お会いする事もあるでしょう
人との出会い 素敵な方と会えると嬉しいですね。

釣りは
水温が低いので
釣果は0でしたが 
それだけで気分満足 心地よい疲れで
満足 満足でした。

帰りは夜の
明石海峡大橋の夜景を眺めながら 
いつ見てもすばらしい夜景でした。

妻と娘は ほっとした様子
心配なんですね。

ライフジャケットにロープを装備

テトラには絶対に行かない。若い頃とちがいますからね

次は 水温が上がる 5月頃まで待つことにします。

コメント

フィッシング マイコ

2018年01月28日 | 釣り紀行

昨日の鉛筆画教室を終えて
帰る途中

とっても よくしていただいた
おばちゃんがいた。

昔よく行っていた
釣り餌屋さんへ立ち寄った

 

もう何年になるだろうか


舞子に住んでいた頃だから
20年以上になるかも
娘は小学生の頃


ワクワクしながら
入り口のドアを
おばちゃんが若返ってる??


2年前 おばちゃんは なくなられたそうで
娘さんだと言われる

少しお話をさせて頂き 春になれば
また 来ますと言って お店を出た。

特別な餌が少ない時
他の人には断っていても 僕には売ってくれた。

おばちゃんの顔が思い浮かぶ
当時は 【釣りえさ三平】と言っていたが
今は
フィッシング マイコ となっています。

舞子公園のすぐ西の海沿いにあります。

釣り餌なら
フィッシング マイコ へどうぞ!

お勧めですよ。

真理の写真は 淡路 富島港にて


いつも離さなかった ぬいぐるみ
名前はケンです。今もあります

コメント

再燃し過ぎました。 何でもほどほどが いいのにね

2017年10月01日 | 釣り紀行

再び再燃 した 魚釣り
面白くて
2時間くらいの睡眠で
何度も 朝 3時に淡路へ出発
ついつい 歳を考えず 無理を・・・
昨日の朝
ちょっと おかしい不整脈 心房細動だったら
大変だ と
すぐ 循環器科へ
心電図検査開始
すぐ先生が来て 点滴開始
別の心電計で点滴が終わるまで測定
何度も赤いランプの点滅と警告音

先生は
何度も続くようだったら
カテーテルアブレーション と

家内に
今年の釣りは禁止と言われ
先生にも 「そうね」と言われ

不規則な睡眠なのに
よくもまぁ 元気だなぁ~~と過信していました。

長い間 新作の心の絵 を描いていませんので
これを期に
少しづつ 描いていこうと思っています。
よくよく 思いかえせば

買って初めて使った時に柄がスポッと抜けて海へ消えた玉網
買って間もない竿とリール 手から離れ 海へ消えた。なんで?
止めておきなさいという 天国から母の忠告か?
そうゆう事にして 納得
もっと大事な事に専念しようと反省しています。

コメント

逃げた魚は大きいと申します。が正にその通りでした。

2017年09月25日 | 釣り紀行

逃げた魚は
大きいとよく申しますが


今日は
ハマチに
特大のカワハギ
40cmはあったと思います
たぶんウスバハギ

まずハマチは
アジに食いついた
ぐぐっ ぐぐっ ぐぐぐっ 

アマゾンで買ったタモ網
すくったと思いきや
スポンと柄が抜けた なんで?? どうして?? だれが?? なんで?? 

初めて使って 
さようならなんて
ガク!

続きまして 今度は

ウスバハギ 大きい!!


バシャバシャ バシャ さようなら
ガク!

海の空気を吸ってリフレッシュしましょう


帰りに漁港の明石鯛を撮影

橋から 娘の母校が見えました。

神戸 愛徳学園です。

そして

カワハギを岡ちりにして 娘の大好物です。
鶴を文化包丁で剝いてみました。


もっと首周りなど細くしないとね。
即席の鶴です。今日の厄払い。

来月になればもう少し大きくなると思います

今日は 少し休んで
夜中のお仕事 頑張ります。

コメント

15年ぶりに始めた魚釣り

2017年09月07日 | 釣り紀行

走って 走って この10年

 

少し自分の時間を調整しようと思っています
 
今日は旧友へ電話
魚釣りの道具ちょうだい!
 
いいよ 
 
そして、会社へ行って来て
今帰った所です。
 
彼は大きなクルーザーの
オーナーでもあるので
 
船釣り用ばっかりやけど ええか? OK大丈夫
 
釣具のある建物へ

まるでお店 

バッテリーのスクリュー 
これも持って帰りと言う
 
売ったら結構な金額になると思うよ
これは ええは 売り方知らんし
そうか。

 

そして 適当に見繕って 頂いた道具がこれ

沢山頂きました。
 
おおきに!
 
彼とはもう50年にもなりますが

彼は 体を壊して懸命に頑張っています。

ある日僕に電話が 僕はすぐに病院へ飛び込め!と
 
あの時 枝川に電話せずに そのまま家に帰っていたら
 
俺は もうこの世にいなかったと言う
 
お互い体に気をつけて 一日を大事に・・と思います。
 
コメント

海の香り 夏の思い出

2017年07月21日 | 釣り紀行

ほとんど 外出をしない娘

ず~~と 僕と一緒なんですね

買い物も用事も仕事も 寝るときだけ

時おり かわいそうな気もします

僕が釣りを再開しようと道具を集め始めたのは

面白さを 説明してから

娘に ハゲ釣りに行く??? と 尋ねましたら


想像していた答えと反対に

行く! というんですね

そして 今から 気分を釣りに誘導しています。

昨日 明石漁港へ買い物の帰りに寄り道

明石岩屋間を結ぶ ジェノバライン 
岩屋まで なんと 13分 アッという間に

新しく出来た船です 蛸や魚の絵がいっぱい描かれています

125ccの単車までOKとの事

双胴船のようになっていて水の抵抗を少なくしています。
ポートアイランドから 関空まで行く船によく似ていますね

明石港 白色灯台から 明石港に向けてシャッターを

そして港を出て
以前 僕達が住んでいた 東の方向 舞子 垂水方面 です

海の潮の香りはいいですね 子供の頃の香りです。

 

 

 


ここは 白灯台 港は 赤と 白の灯台があります
これで夜でも 右 左を 船は 判断しています。

さぁ 子供達は夏休み 事故のないように
お父さん お母さん 子を守るのは親ですよ!
だぁ~~れもみんな 笑顔と元気

元気であれば 何でもできる!

♪ 夏が来れば思い出す ♪

コメント

淡路島 おのころ島 釣り 

2017年07月19日 | 釣り紀行
淡路は七福神の生まれ故郷
パワースポットが点在しています。


目の前の淡路
すぐそこなのに
なかなか行けない淡路島

 

釣り竿を 出しては 収め
仕掛けを眺めて
空想釣り
15年前の
僕のホームグランドは
神戸の垂水漁港一文字
そして淡路の

冨島港


と仮屋港だった


なつかしい 早く行ってみたい

 

娘とは秋に
まずは15年 の空白を調査してきます
 
コメント