猫の目

◎3匹の猫と自由気ままに生きている貧乏おばさんの呟きです

年を重ねて見えてくる事や日常の「あるある」を綴ります

最後の日

2014年04月05日 | ペット
ポーちゃんの命日
春うつのように心が晴れない今日この頃

ポーの最後の日
投函できなかった記事を一年経って投函しておこうと思います




頑張ったポーちゃん

記録として留めておこう

4月2日(大雨)
4月2日の夕方居間に飛び込んできたポー右足が変
玄関に行ったりトイレに行ったりフラフラしながら歩き回り玄関マットに座り込む
4月3日(晴れ)
夜薬を飲ませてティッシュで口を拭いたら血が出てる
歯ぎしりしすぎたのかな?と思った
お水は飲むがご飯は食べない
居間にきて私の横に来てセーターに乗っかり寝てると思うと場所移動と思うと又傍で寝ての繰り返し落ち着かない
セーターに血が結構ついた
何処に移動してもとにかく私をじっと見てる
いつもと違う
こんなに長くじっと見たりしない
ふとみると必ず見てる
今夜の寝場所は又玄関マットだった

4月3日
3にゃん夕食食べない
4月4日3にゃん朝食食べない
3にゃん夕食食べない
4月5日やっと食べてくれた
分かるの?

4月4日
トイレには入ったがおしりが出てて洩らしちゃった
お座りも力入らないみたいでお水が飲めない
目の前に置いたらあごのせて頑張って飲もうとする
お水が血で染まった


スポイドで飲ませたらゴクンと飲んだ
そんな状態なのにとにかく移動が激しい
いつもいた処ベランダの室外機の横
ソファーの下
がごの中
見に行くたび場所が変わってる
最後はポー用に作った部屋に戻った
夕方やっと少し寝てくれた
7時少し前箱から出てきたら前足も麻痺
毛布まできてへたりこんだ
スポイドでお水お兄ちゃんが飲ませた
動けないよ~と泣く
ストレスの時の歯ぎしりしてる
ポーと呼ぶと答えるが頭あげない
ipadで調べた
最後は苦しがると・・・・。安楽死を考えた
どうしよう苦しむ姿に私は耐えられるのか?
ふと見ると大きく欠伸みたいに4~5回口を開けて止まった

呼吸が止まった

お目目は開いたまま
目を閉じさせて口も開かないよう手で包んでありがとうありがとうを連発してた
苦しまないでありがとう
母さんを苦しめないでありがとう
抱っこしてキスして
温かくて可愛くて信じられない
涙がこんなに出るかと言う位泣いた

良い子だった

爪切りの時だけ怒ったね
くぅがお母さんとっちゃって一緒に寝れなかったね
それまでずっと腕枕で寝てたのにね
ごめんね

ポー荼毘の時間(午後2:00)
30分位前にくぅがお腹の上に乗ってきて眠ってしまった
こんなに長く居るのは初めて


2時10分スッと降りて天井を見てる
「ポーが帰ってきたの?」
帰ってきたんだね
「おかえりポー」

最近はクゥが甘えん坊

同じ桜

2014年04月03日 | ペット

去年の桜にはポーちゃんがいた

今年の桜にはポーちゃんがいない
同じ桜でも心の状態で写り方が違う