暮らし研究家『暮らし家』の古民家・田舎生活

豊かな暮らしってなんだろう。モノではない「何か」。残し、守り、伝えたいモノや事柄を岡山県西粟倉村から発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

火蓋は切られた。

2014年12月29日 | 2014年
  

  

  







昨昨年昨年に続き、本格的におせちを作り始めて3回目。

お義母さんは「今年も」と言ってくれるし、昨年持っていった友人のおうちも待ってくれているようで
そして、今年は友人のお姉さんからもオーダー入りまして。
こりゃあ、頑張らねばなりません…。



友人のお姉さんからはおうちのお重を預かりました。
お姉さんの旦那さんから「賄賂を少々」と言われ、お重を開けてみると

お姉さん夫婦はパン屋さんなんです。
意外とお重にマッチしている賄賂、しかといただきましたヨ!!







さ、明日、明後日はおうちにこもります。










カメラをかまえていると
「あたいも撮って」とポーズを決めていたので一枚。

…どういう心境なのかねぇ(笑)。
コメント   この記事についてブログを書く
« ヒトクセあるのが好きみたい。 | トップ | 暮れのごあいさつ。 »

コメントを投稿