暮らし研究家『暮らし家』の古民家・田舎生活

豊かな暮らしってなんだろう。モノではない「何か」。残し、守り、伝えたいモノや事柄を岡山県西粟倉村から発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

くるんさんところんさん。

2014年01月26日 | 2014年
知り合いの2歳を迎えようとするお子さんへのプレゼント。



いろいろ迷ったのですが、せっかくムラに来たことですし、ムラの宣伝もしたい気持ちもあって“木のおもちゃ”にしました。

木工房ようびさんの『くるんさんところんさん』。
手触りがすっごくよくて、子どもが手を広げて握るのにちょうど良いサイズ。
ひっぱったり曲げたり、あたまとおしりに磁石が付いているので丸くしたりもできます


ようびさん、今までは家具に使うことを敬遠されてきた檜を使って椅子や机など、それもデザイン力の高い家具を作られています。
ようびさん自体が森林再生を目指すムラの貴重な財産だと思います。
作るものもステキなのですが、コンセプトや理念、つむぎだす言葉などなど…とてもステキ。
はし置きや木のお皿などの雑貨も作られていて、私も少しづつそろえたいなぁと思っているところ。






将来、ようびさんの家具が持てたらいいなぁ…。








大寒 第七十一項 水沢腹堅 さわみずこおりつめる
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 野土香。 | トップ | たまたま。 »

コメントを投稿