暮らし研究家『暮らし家』の古民家・田舎生活

豊かな暮らしってなんだろう。モノではない「何か」。残し、守り、伝えたいモノや事柄を岡山県西粟倉村から発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

美の在処。

2015年11月18日 | 日々のこと
以前は、シンプルで、洗練された白の食器が好きだった。

汚れが落ちやすく、乾燥も速く、何より何をのせても何を入れても合わせやすい…というより失敗がない。




だが、最近は磁器よりも断然陶器に目を奪われる。
特に気になるのは民芸調や、スリップウェアといわれる、化粧土や釉薬で模様をつけていくもの。

出典: cotonoe.exblog.jp
普段使いの陶器でありながら、一点一点手描きのため、二つと同じものはない。
同じ柄でも少しずつ表情の違うその唯一性と、個性の裏にある温かみがたまらない。
ただ個性が強いために、上に乗せる料理を選ぶこともある。
それとは反対にミスマッチに思えるものが意外にハマったりすると、この手の陶器の魅力を再確認する。

よくよく考えてみると、
利便性とか統一感とか、きちっと整った便利なものよりも
曲がっててもちょっとへこんでいても、揃ってなくても、ちょっと扱いが面倒でも、そういうアジを好むようになったのかもしれない。


それは陶磁器に限った話ではなく
使っていくうちに手触りや表情を変える麻や綿が好きになったり
きっちり割り切れる偶数より、イチ余る奇数が好きになったり。




美は作為を超える。





先日手に入れた小鹿田焼きのぐいのみ。

庶民的でも、ちょっと曲がっていても、いびつであっても、「アジのある人間」と呼ばれたい、そう思った。
コメント   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 見えるものと、見えざるもの。 | トップ | 美しいおすわりとは・・・? »

コメントを投稿