暮らし研究家『暮らし家』の古民家・田舎生活

豊かな暮らしってなんだろう。モノではない「何か」。残し、守り、伝えたいモノや事柄を岡山県西粟倉村から発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

四十の手習い。

2015年10月28日 | 天徳寺
離れの増築、進んでいます。

骨組みができた後は

屋根ふき。

こちらはあくまで離れ。天徳寺が引き立つよう、そして自然に溶け込むような屋根の色にしました。



そして次は壁のボード貼り。



もっと昔ながらの工法もあったとは思うのですが
家を建てることにおいては素人の旦那が自分でできる方法を、と棟梁と相談して決めました。




この時は先週末。
週明けの火曜日に雨が降る予報だったので、それまでに仕上げなければ…と急ピッチ。
空いている時間をフルに使って旦那、本当に頑張りました。
近所の方も旦那の有言実行を褒めてくださいます。

雨が降る火曜日までにシートを張り終えることができました…。




そして本日は

現存している小屋と増築部分の壁をぶち抜いて


サッシの枠をはめ込みます。




棟梁も忙しい合間を縫って来てくれますが
ほぼ旦那一人の作業。
作業場所を確保するのに木材を移動させるだけでもそれ相当の時間がかかります。
ずいぶん家の呈をなしてきましたが、これからもやる事満載。

それでも自分たちでやろうとするのは
お金がないから何事もその奥を知りたいから。
いや、確かに資金面も大きいです(笑)。
でも柱一本、壁一枚、こうやって「家」はできている。
過去たくさんの家を先人たちが建ててきて、それを大工が受け継ぎ、
日本の風土に合った工法ができあがったのだと思うと、本当にすごいなぁ!と思うのです。
プロである棟梁がいてくださるからこそではありますが
旦那のIQならぬPQ(Potentiality Quotient)値は確実に上がっているものと思われます。
※ちなみにさいきんはPQではなくHQ(Humanity/Hyper-Quotient )というそうですが。



『生きる』ってそういうことなんだろうなぁと感じる毎日です。







Facebookでもクラシカの発信しています!
クラシカFacebookページ→https://www.facebook.com/kurashikaclassica/
コメント (1)   この記事についてブログを書く
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする
« 病気を治さない医者・子ども... | トップ | さつまいものチーズケーキ。 »

1 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
紹介 (辻)
2015-11-02 19:37:04
日本語の起源・言霊百神

コメントを投稿