暮らし研究家『暮らし家』の古民家・田舎生活

豊かな暮らしってなんだろう。モノではない「何か」。残し、守り、伝えたいモノや事柄を岡山県西粟倉村から発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

ドヤ顔、天徳寺。

2016年01月20日 | 天徳寺
先日台湾からのお客様が来てくださいました。

※奥様が日本の方で、旦那様も日本語が流暢で、大変助かりました…






急に流れ込んできた寒波で、それまでの暖冬が嘘のような雪に見舞われ
沖縄よりも南にある台湾の方にはさぞつらい気候…

ましてや日本の古民家。暖かくするにも限界があるしなぁ…
と思っていましたが、雪のある風情も楽しんでくださり、囲炉裏端、というシチュエーションも楽しんでいただけたようでホッとしました。





私たちはこのような古民家や日本の文化を守りたい、と常に思っているのですが
海外の方のほうが、その価値をダイレクトに感じてくださるのかもしれませんね。
日本人はあたりまえになりすぎていて、近すぎて見えなくなっている部分も多いのかも。
日本人の奥様は、この風情を台湾から来る友人に味わってほしい、というお気持ちで来て下さいましたが
そのお手伝いができたこと、大変嬉しく思いました。
日本の思い出に天徳寺を選んでくださり、本当にありがとうございました。




特に台湾は大変な親日国。
先の震災ではどの国よりも親身になって日本を応援してくれた国のひとつです。
すべての日本人に成り代わり、御礼申し上げました。







天徳寺もなんだか誇らしそうに…見えませんか?
お帰りになる時間には雪もずいぶん溶け、あたたかな日差しも出てきていました。
コメント   この記事についてブログを書く
« 今日は明日をつくる日です。 | トップ | 18歳選挙権。 »

コメントを投稿