暮らし研究家『暮らし家』の古民家・田舎生活

豊かな暮らしってなんだろう。モノではない「何か」。残し、守り、伝えたいモノや事柄を岡山県西粟倉村から発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

再生のよろこび。

2015年06月02日 | 日々のこと
行きたい場所がある。
島根県大田市大森にある『他郷阿部家』。

西粟倉村の人口1500人。
大田市大森は人口400人。


それとは別に、憧れる暮らしを実践している、京都大原に住むイギリス人ベニシア・スタンリー・スミス。
彼女が他郷阿部家に訪れた時の番組「猫のしっぽかえるの手」の再放送が先日の日曜日にあった。





2人とも田舎に住み、便利さよりもむしろ不便な事をもいとわず、そこに生活の愉しみや悦びを見出している人。
旧きを尊び、新しきを知る。


番組の中で他郷阿部家の当主である松場登美氏のご主人松場大吉氏が言っていた。
「歴史をはさみで切り取らない。つないでいくのだ」と。




涙が出そうなほど、私の心が共鳴したのは
旧きよきものや暮らしを受け継ぐことで
日本という国のすばらしさを後世に伝えていきたい、誇りを持って生きていきたい、という気持ち。
私のテーマである「残す・守る・伝える」を実践している諸先輩方が各地におられて心強い。





私もここ西粟倉に「他郷」もうひとつの故郷を作りたい。





「猫のしっぽかえるの手」の再々放送が明日6月3日午後12:25~Eテレにてあります。












小満 第二十四候 麦秋至 むぎのときいたる
コメント   この記事についてブログを書く
« 酒とJAZZの夜。 | トップ | あなたがしあわせになる一番... »

コメントを投稿