暮らし研究家『暮らし家』の古民家・田舎生活

豊かな暮らしってなんだろう。モノではない「何か」。残し、守り、伝えたいモノや事柄を岡山県西粟倉村から発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

せいくらべ。

2015年04月22日 | 天徳寺
築100年以上の天徳寺。
少しずつ家も呼吸を繰り返し、建具のすべりも悪くなっています。


今日は建具屋さんにきてもらい、建具の調整をしてもらいました。


建具の調整って見ていると面白い。

切ったり


打ったり


削ったり

力いっぱい押しても動きにくかった建具がすいすい~っと動くようになりました。



お湯に入れたらだしが出そう。




そして、ふと気がついたこと。



今はもう50代になる家主さんやそのお姉さんの名前が。
「はしらーのきーずはおととしの~」
このおうちの歴史が垣間見れて何だかあたたかーい気持ちになりました。






今日は久々に晴れ。
縁側でのコーヒーも


ひなたぼっこも

とっても気持ちの良い1日でした。
コメント   この記事についてブログを書く
« 農家の条件。 | トップ | ポジティブ変換。 »

コメントを投稿