暮らし研究家『暮らし家』の古民家・田舎生活

豊かな暮らしってなんだろう。モノではない「何か」。残し、守り、伝えたいモノや事柄を岡山県西粟倉村から発信します。

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

沈丁花のひと。

2016年03月08日 | 日々のこと
先日。
新たなご縁をいただきました。


20年前から古民家を改修し、類まれなセンスと行動力で桃源郷のような空間を作られているご夫婦。
 

 

 

 

 


屋根はトタンで葺いているものの、部屋の中からは茅が見えるように吹き抜けに。
牛小屋だったところは、当時の石積みの壁をそのままに残したサンルーム。
チョウナの跡が見える梁。
南向きに面した広々としたオープンテラス。
そのセンスのよさに驚くやらため息が出るやら…。






でも、何より感動したのはその建物に住まうご夫婦の暮らしぶり。
まだお仕事もされているのに、5反の田んぼで米を作り、
広い敷地のあちらこちらに目を楽しませるしつらえ。
四季折々の山菜やお野菜を保存食に加工し、いつお客様がきてもよいようにされているとのこと。

古民家に住んでいる、ということ自体も素晴らしいことですが
本質はそこではなく
人とモノを大切に生きているということ。



ここで結婚式をされたり、ひなまつりのイベントをして3日間で500人のゲストがクチコミで集まったこともあるとか。
縁側を望む南面は見晴らしが良く、高台から緑の木々が良く見える。
しかしそこに垣はなく、一見子どもには危ないような場所。
当然イベントともなるとそこには子どもたちも来るし、ご自身もお孫さんがおられます。
「危ないから垣を作ろう」という声も上がったそうだが、奥様はきっぱりと断ったそうです。
「だって、それを親が教えることも教育のひとつだし、子どもから大人が先回りして危険を取り除くというのは何か違うと思うの」と。



整っているものだけが美しいのではなく
少々形が整っていないものも人が使うことで生み出される美がある。
その美には物語がある。

その本質を知った上で「美しく住まう」ことを目指されているように思った。









「好きなだけ持って帰って」と頂いた沈丁花。
甘くやさしい香りはあのお宅とご夫婦を思い出させる。



なんと幸せなことだろう。
豊かな暮らしのお手本がまた増えた。
コメント

朋あり遠方より来・・・たらず。

2016年03月05日 | クラシカ
事件です。


クラシカのフェイスブックページ→https://www.facebook.com/kurashikaclassica/

ここに記載されている地図情報に誤りがあることがわかりました





もし…もし今までにこの地図情報を元に来られた方がいらっしゃったら
本当に本当にすみません!!










ある友人が200km近い距離を車で来てくれていたのですが
フェイスブックの地図を頼りに来たところ




このへんに連れて行かれていました・・・


西粟倉はココです・・・



今回は時間切れのためたどり着くことができませんでした。
とんぼ返りです。
貴重な時間とお金を無駄にさせてしまいました・・・。





いや無駄ではなかったのかも。
たぶん、この友人、私たちにこれを知らせるためにわざわざ仕組んでくれたのだと思います。






・・・さすが心友。







いや、反省しています。
本当にごめん!
フェイスブックページ、ちゃんと訂正いたしました。



これに懲りずにまた来てください。
もう心より歓待いたしますので!!

コメント

私が子どもたちにできること。

2016年03月04日 | 日々のこと
村にある託児所の2歳児クラスの子どもたちが天徳寺に遊びに来てくれました。



早春の春の息吹を見つけながらの遠足。
とはいえ子どもの足で一時間以上かかります。
でもみんな元気良く歩ききりました。


私が託児所に勤める際の面接で
「帰巣本能ではないけれど、「いつも心に生まれ育った村がある」そんな子どもを育てたい」
と言われ、『そのお手伝いがしたい!』と純粋に思いました。



記憶にははっきりなくても、思い出すとあったかーい気持ちになる。
そんな故郷にしてあげたい。



今は託児所ではなく、この茅葺の家を守ることでその一端を担いたいと思っています。








私の尊敬する友人は
「愛の対象を、家族から友人へ、友人から国家へと拡大していった人を我々は英雄と呼ぶ」
という言葉を教えてくれました。→http://chan75.hatenablog.com/entry/2016/03/02/000000




虐待を受けて育った人間はかなりの確率で我が子にもまた虐待をしてしまう、という話を聞いたことがあります。
父や母や大人たちの愛を信じて疑わない子どもたちはそれを「愛情」だとどこかですりこまれてしまうのではないか、そんな風に思うのです。

ならば、無条件に愛されることを知った子どもは言葉で教えなくても
人を真っ当に愛することができるのではないか。


「靴をそろえなさい」というより、大人がいつもの姿として見せていくほうが「習慣」として身につくように。






人間は本来気高く偉大なものである―
これも上記のブログで紹介された言葉ですが


悲しいニュースが流れる昨今
未来を担う子どもたちのために
大人である私たちがこの言葉を胸に生きていかなければ。




そんなことを教えられた一日でした。
コメント

真理。

2016年03月02日 | 日々のこと
私の心友でもある、瓦屋の同級生は毎日おもしろいブログを書いています。



『屋根屋さん専門売り上げアップのシナリオ』←彼のブログにとびます。
題名のとおり、瓦屋として同業者に向けてブログを書いています。
「あー、私瓦屋じゃないから関係ないわ~」と言うなかれ。
なかなかどうして、真理をついているのです。
どの職についている人でも為になることが必ず見つかりますからぜひご一読を。

毎日早朝に更新されるこのブログを
実は楽しみにしています(ボソッ)







ある日のブログ。「身の程なんて知ったこっちゃない」→http://kawarasista.hatenablog.com/entry/2016/02/24/%E8%BA%AB%E3%81%AE%E7%A8%8B%E3%81%AA%E3%82%93%E3%81%A6%E7%9F%A5%E3%81%A3%E3%81%9F%E3%81%93%E3%81%A3%E3%81%A1%E3%82%83%E3%81%AA%E3%81%84%E3%80%82

以下引用。
身の程を知って行動しよう、身の丈に合った行いをしようとおっしゃいますが、それはいかがなものか?
身の程を知るためには、自分の限界にチャレンジしなければ分からないんじゃないの?自分の器量を知るためにはそこに到達するために努力しなければいけないんじゃないの?
大っ嫌いだ、この言葉は。 引用終わり。









私の信条は
「身の丈にあった生活」
「地に足つけた暮らし」


大きなことを言っている割に、言ってることとやってることがまーったく違うやん!
そんな人・・・
大っ嫌いだ!
・・・というよりそういう人にだけはならないよう、日々振り返る作業をしています。












そう、真逆。
心友なのに。












・・・なんですけど、まったくもって腹も立たないし、むしろ納得。
ええ事言うわぁ。








この瓦屋はただのビッグマウスじゃない。
そのための努力を怠っていない。
そういう意味ではとても地道な地に足つけた毎日を送っている。

それに、『身の丈』って意外と日々変化しているような気もする。









結局「身の丈」とか「身の程」とかって言う言葉を使って努力しなかったり
もしくは「自分を大きく見せようとして」大切なものをないがしろにするのは
どちらも笑顔にはなれないってことなんだな。
コメント

味噌作り2016 写真日記

2016年02月29日 | てまひま
田舎にはいろんな師匠がたくさんいます。

味噌作りのお話をしていたら
「うちは自分ちで取ったお米で麹から作るで!」
というので

百聞は一見に如かず。
参加させてもらいました。



6斗分でひと組になってJAの味噌加工場を借りて作ります。


1斗=10升=100合・・・

結構な量です






1日目

これが6斗分、10家庭の味噌を入れる容器。


まずは自分のおうちから持ってきた米。
我が家はもちろん自分たちで取った「てまひ米(仮)」。



せいろにそれぞれの米をいれ


蒸していきます。




蒸しあがったら


冷まし(この時「アチチアチチ」の声が飛び交います)




麹菌をまんべんなく振りかけて


みんなでまぜまぜまぜまぜ・・・
これだけの手で混ぜるといろんな人の愛情が入る気がします。
この間もいろんな話をしながら、大笑いしながら・・・
なのでマスクは必須です(笑)。


均等に混ぜ終わったら



温度が一定のベッドに一昼夜眠っていただきます。


ここで1日目終了。











2日目
午前班と午後班にわかれて麹を混ぜにいきます。









3日目
きれいに仕上がった米麹。



これを丁寧にほぐしていきます。


お、忘れちゃいけない大事な大豆は前日から水に浸しておきしっかり戻した後


圧力鍋で蒸していきます。


ここらあたりから男性陣の出番。


ぷっくりおいしそうに蒸しあがった大豆を冷まし


米麹と混ぜていきます。


味噌くり機でミンチ状に。


今度は塩を混ぜる機械に入れまんべんなく混ぜていきます。


しっとりとまとまりました。

みそのボールを作り

投げ入れます。
空気を抜くのがコツなので、これは男性の仕事、という伝統(!?)らしい(笑)。
今年はルーキーが先輩ピッチャーから投げ方を教わっておりました。



我が家は木樽に。




梅雨を過ぎたあたりから、一番良いのは秋口から食べられるそうです。
我が家の麹、良い働きをしてくれますように・・・









だまーって黙々と作るより
楽しく和気あいあいと作るほうが味噌もおいしくなるんですって。わかる気がする。
米が蒸しあがる間や大豆が蒸しあがる間、みなさんそれぞれ手づくりのお菓子やお寿司やお漬物などなど持ち寄って下さり


私は食べるだけ~(笑)。
そんな私たちも快く受け入れてくださって、本当に楽しい楽しい笑いっぱなしの味噌作りでした。







おまけ。

ルーキー、お疲れ様でした(笑)。
コメント (2)