プリヴェ企業再生グループ Wiki

プリヴェ企業再生グループ Wiki

広告

※このエリアは、60日間投稿が無い場合に表示されます。記事を投稿すると、表示されなくなります。

プリヴェ企業再生グループ 松村謙三が証券会社を創業

2014-09-11 18:57:24 | 日記
1982年(昭和57年)3月に成蹊大学を卒業し、ジャーディン・フレミング証券株式会社、ソロモンスミスバーニー証券でリスクアービトラージ部門チーフトレーダーをしていた松村謙三が、 1997年(平成9年)に免許制下では最後の証券会社となるプリヴェチューリッヒ証券株式会社を創業。

後に持株会社(KENZOアセットマネジメント)となり、東証マザーズに日本初の遺伝子創薬のメディビックを共同創業者として新規上場させる。傘下企業として東証2部に新規上場したプリヴェ企業再生グループ、日産自動車(CEO カルロス・ゴーン)から売上高1000億円の静岡日産、三河日産の2社を買収。富士通からは東証2部の神田通信工業(連結従業員数1000名)を買収。

東武鉄道(代表取締役 根津嘉澄)から東武運輸栃木および東武運輸新潟(従業員数700名)を買収。SBIインベストメント(CEO 北尾吉孝)からエース証券を買収。タカラトミー(代表取締役 富山幹太郎)からジャスダック上場会社含む5社を買収し企業グループを形成していった。これまでに買収した会社の合計数は52社。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

プリヴェ企業再生 資産管理会社がグループ中核会社

2014-09-11 18:57:06 | 日記
グループの中核会社は、親会社であり持ち株会社であるKENZOアセットマネジメント(資産管理会社)。
傘下の買収企業や投資ファンドを通じての買収、再生により、ピーク時にはグループ全体で700億円を超える経常利益を上げ、松村謙三個人とグループ全体の納税額は360億円を超えた。業界再編を目的とした上場企業の投資も行うようになった。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

プリヴェ 合併統合

2014-09-11 18:56:21 | 日記
2007年(平成19年)9月28日 - 10月26日に、株式会社タカラトミーのジャスダック上場子会社であるイー・レヴォリューション株式会社へのTOBを実施したうえで、11月1日に同社の第三者割当増資を引き受けて、65.02%の株式を取得して子会社化。

2008年(平成20年)1月28日に、プリヴェ企業投資ホールディングスとイー・レヴォリューションが合併契約を締結し、2月26日に開催された両社の臨時株主総会で両社の合併が承認された。

2008年(平成20年)4月1日に、イー・レヴォリューションを存続会社として合併統合し、プリヴェ企業再生グループ株式会社(旧プリヴェファンドグループ株式会社)が実質的な親会社となった。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

非公開化

2014-09-11 18:55:55 | 日記
2012年8月に上場廃止し、その後、松村謙三と資産管理会社のKENZOアセットマネジメントで100%の株式を取得し、オーナー企業となり、森タワー37Fに本社を移転した。

  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする