見出し画像

情熱キュレーション宮崎信行のニュースサイト「国会傍聴記」

高木毅・自民党国対委員長の当事者能力に疑問 野党一致団結で敵の崩れを待つ

【衆議院議院運営委員会理事会 きょう令和4年2022年9月28日(水)】
【参議院議院運営委員会理事会 同日】

 内閣は、第210回臨時国会を来週月曜日、令和4年2022年10月3日(月)に召集するとした、憲法7条に基づく天皇の国事行為・内閣の助言と承認に基づく詔書が発布されることを与野党理事に伝えました。

 衆議院側では、細田博之議長が統一教会との関係で自民党の調査対象から漏れていることから、召集前に説明責任を果たすべきだと野党が要求。休憩となりました。

【野党国会対策委員長会談 同日】
 今に始まったことではありませんが、高木毅・自民党国対委員長の当事者能力に対する疑問を、安住淳・立憲民主、遠藤敬・日本維新の会両国対委員長らが書く野党に吐露。会期の幅・内閣が提出したい法案についてまとめて回答するよう高木さんに求めることで一致団結。向こう3年間以上続く超巨大与党の崩れを待つことになりました。

このエントリーの本文記事は以上です。
国会傍聴取材支援基金の創設とご協力のお願いをご一読くださり、ご寄付をお願いします。 
このニュースサイトは以下のウェブサイトを活用しています。
衆議院インターネット審議中継(衆議院TV)
参議院インターネット審議中継
国会会議録検索システム(国立国会図書館ウェブサイト)
衆議院議案(衆議院ウェブサイト)
今国会情報(参議院ウェブサイト)
インターネット版官報
Ⓒ2022年、宮崎信行 Miyazaki Nobuyuki、宮崎機械株式会社。
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「第210回臨時国会 黄金の2年間 統一教会」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事