「今の民主党はまるで北朝鮮。」村越祐民・衆院議員がツイッターで

2009年10月30日 16時43分01秒 | 第173臨時会(2009年10~12月)政治主導
 民主党衆院議員の村越祐民さんは、30日午前11時過ぎにツイッターで、「今の民主党はまるで北朝鮮。」とつぶやきました。これに先立つ28日夜8時過ぎには「仕分けチームから外される。意味がわからん。」、同日午前10時には「ああ、わからない。わからない。今国会で、与党は予算委で質疑を行わない方針とのこと。バックベンチャーよ、ベンチウォーマーたれ!」などといった考えを示しています。バックベンチャーとは、英議会用語で、役職のない議員のことです。

 小沢一郎幹事長と山岡賢次国対委員長、松木謙公国対副委員長らによる独断専横の党運営に批判と不満が充満している党内事情をうかがわせました。

 今後、何らかの具体的な行動につながっていくのは確実な情勢だと思います。
『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
« まさに二大政党デモクラシー... | トップ | 【追記あり】参院本会議、「... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
誰でも自由に発言できる「自由討議」 (一国民)
2009-10-31 10:55:31


北朝鮮のような国にならないために、一無党派層有権者の民主党ファンとしては、鳩山代表(首相)には長妻党員(大臣)を幹事長に任命することを要望したいと思います。

幹事長最高顧問には、渡部恒三党員(議員)をお願いしたいと思います。

******以下引用*****
【ながつま昭、10の基本姿勢】
・・・・
□「人と同じ」から「人と違う」へ
  協調性重視から独自性重視への教育の大転換。日本の伝統、社会の基本的ルール、最低限のマナーに関する教育を今以上に徹底した上で、独自性や独創性こそが付加価値を生み出すことを教育方針に盛り込みます。
・・・
□先ず隗(かい)より始めよ
  職業別の信頼度調査では、いつも政治家は最下位クラスです。信頼無くして大きな仕事は出来ません。政治資金の透明化をはじめとする政治の信頼を高めるための取り組みを進めます。政治家の資金源を、企業団体献金偏重から、個人献金の比重を高めるためにも信頼の向上は欠かせません。

  議会改革も喫緊の課題です。閣法(政府提出法案)でも国会の議論を踏まえて、与党自らも必要な修正をする。公聴会も、多くの利害関係者をお呼びして実質的に意見を聞いて、法案修正に反映させる。1条ごとに条文を審査する「逐条(ちくじょう)審査」や本会議や委員会で、誰でも自由に発言できる「自由討議」などの導入を検討し、国会を実質的な法案作成・意見集約の場にする改革をします。
・・・
http://naga.tv/rinen/kihon10.html
*****引用END*****

特に、2400万円の国家給与をもらっている民主党1期生には、"米上院1期生"のオバマ大統領に負けないように、ぶ厚い予算書を読み込んでもらいたいと思います。

日本の国家予算書だけでなく、米国や中国の予算書も。

「どぶ板活動」のためだけに国は1期生議員に純歳費2400万円を払っているわけではありません。

竹下総理も小沢一郎議員などに言っていましたね、「汗は自分でかきましょう。手柄は他人にあげましょう」・・・???


御礼 (おんぶにだっこマン)
2009-11-15 20:00:08
ご無沙汰しております。
国会傍聴記by下町の太陽様のおかげで、当方のブログ「地獄への階段」も、やっとこさ訪問者10万となりました。ありがとうござます。

再出発や有料版への進出、おめでとうござます。
今後記者会見の全面開放も進むことでしょうから民主党だけでなく、政府の貴重な情報もお伝えいただけるものと期待しております。


あと、せん越ながら村越祐民議員は、先の衆議院選挙に際して、公認内定者でありながら世論調査結果が思わしくなく公認取消に、その後、菅代行の直談判で公認されたという経緯があったのでは?
民主党が北朝鮮とは・・・あまりに子供じみた批判です。公認取り消しが正解だったのかも知れません。(笑)

これからも宜しくお願いします。

第173臨時会(2009年10~12月)政治主導」カテゴリの最新記事