宮崎信行の国会傍聴記 元日経新聞記者のニュースサイト

国会中継に取材し報じるネットニュースの開拓者。宮崎信行が一人で取材し一人で書いています。

小沢一郎総理(仮)「初デートは?」「18か19歳、山の方へ」問答本8月1日発売

2008-07-30 21:28:28 | 第45回衆院選(2009年8月)政権交代

 書店の一角は小沢本が華盛りの様相を呈してきました。こうなってくると、『小沢一郎のすべて』などといった題の本では関心をひかないですよね。

 で、8月1日発売のこの本は、
 『小沢一郎総理(仮)への50の質問』。

「(仮)」--便利ですよね。「(仮)」

 人によっては、

 『小沢一郎総理(仮) 』だったり、

 『小沢一郎総理(仮)』だったりするでしょう。

 もちろん後者の人は買わないでしょうが。

 一番面白そうな質問は、これ。

「初デートはいつ、どこへ行きました?」

「18か19のとき。山のほうへ(笑)」

 気楽に読めそうですね。

 気楽にクリック!
  ↓     ↓
にほんブログ村 政治ブログ 政治・社会問題へ   

総理就任した仮定で質問に回答…小沢が異色コラボ本(MSN産経)

 民主党の小沢一郎代表が来月1日、異色のコラボ本を出版する。テレビ番組の企画・構成などで活躍する人気プロデューサー、おちまさと氏が、あまり政治と関係なさそうな50の質問を投げかけ、小沢氏がていねいに答えていく企画本で、「総理になる」との宣言も。小沢氏の知られざる実像が浮かび上がる1冊だ。

 注目の新著は『小沢一郎総理(仮)への50の質問』」(扶桑社)。設定を2009年某月として、おち氏が総理大臣に就任した小沢氏に質問する形を取っている。

 おち氏は、人気テレビ番組「空飛ぶグータン」(フジテレビ)などのプロデュースをはじめ、作詞やラジオパーソナリティーまで手掛ける才人だ。

 その一部を紹介すると、おち氏の「自分のことは好きですか?」という質問に対し、小沢氏は「はい、好きです。自分のことが嫌いじゃ生きていけませんから」といいながらも、「田舎育ちのせいもあるが(中略)人の前でしゃべるのは嫌いです。(街頭演説やパーティーで)面白くない話を聞かせて申し訳ないという気分にもなりますしね」と謙虚に語る。

 「政治家にならなきゃ良かったな、と思うときは?」との問いにも、「永田町にいるとき(笑)」といい、「百術は一誠に如かず(=どんな権謀術数をめぐらせても、誠実さには適わない)というのが僕の生きざま。今やその哲学が永田町からなくなってしまった」などと嘆く。

 このほか、「初デートはいつ、どこへ行きました?」には、「18か19のとき。山のほうへ(笑)」。「一番辛かった失恋はいつですか?」には、「そのときの恋愛です(笑)」。「ブリーフ派、トランクス派、どちらですか?」には、「どちらでもなくT字帯」「簡単に言えばフンドシみたいなもんでね」と“衝撃告白”までしている。

 そして、最後の質問は、これまでの設定をオフにして、「小沢さん、総理大臣になるんですか?」という超直球。小沢氏は「はい。やります」と即答し、「国民の皆さんに支持していただければ、もうここまで来たんだから、やります」と明言する。

 本中には、満面の笑みでVサインをする小沢氏の“お宝写真”も。くつろいだ会話の中に、人間・小沢一郎がうまく引き出されている。

tag Nobuyuki Miyazaki kokkai-blog DPJ LDP Japan Politics, Election
<script type="text/javascript" src="
http://2069463.ranking2.fc2.com/analyze.js" charset="utf-8"></script>


この記事についてブログを書く
« 民主党・国民新党、「郵政事... | トップ | ミニ集会が少ないぞ! »
最新の画像もっと見る

第45回衆院選(2009年8月)政権交代」カテゴリの最新記事