見出し画像

【ニュースサイト】宮崎信行の国会傍聴記

銀座クラブ元ホステスと岸田最側近「木原誠二官房副長官」が「親子関係がない母子」と七五三神社から臨海ホテルで着替え、宏池会取材妨害には理由があった

[写真]木原誠二・官房副長官、宮崎信行撮影。

 私は、2021年9月29日、宏池会から陰湿な取材妨害にあいましたが、理由があったようです。

 きょう2021年12月16日の週刊新潮12月23日号は、木原誠二・内閣官房副長官が、12月4日に、銀座クラブの元ホステスの女性とその実の娘と3人で、神奈川県の神社で七五三詣をする写真を掲載し、木原さんも認めました。さらに、木原さんが運転する車で、東京の臨海部・竹島(台場の隣)のホテル19階ラウンジに女性と二人でチェックインし、着替えた姿でロビーに降りたり、娘と3人で夕食をしたりした事実を写真を交えて報じました。





 木原さんは直撃と事務所文書で、親子関係はないが、面倒を見ていると回答しました。木原さんには、法律婚した妻がおり、その連れ子と実子が別にいるとされます。

 岸田文雄首相にとっては手痛い話で、宏池会には、中谷さん、小野寺さん、上川さん、遠藤さんらもいますが、5期の木原さんを最も重用してきました。政調会長として、木原さんに前裁きをしてもらい、「給付金は30万円か10万円か」でもめたときも、麻生太郎財務大臣の意向を聞いたりしたとされています。官房長官が他派閥ですので、ここ2カ月の官邸でも、木原副長官をたずねる局長が多いのかもしれません。

 30年ぶりに政権を握った宏池会。9月29日の自民党大会では、私の記者歴29年で最も異様な取材妨害をしました。

[写真]宏池会による取材妨害を受けて、遠巻きに陣取る報道陣、宮崎信行撮影。

 このように、奥の部屋で、岸田・新総裁が中国新聞とNHK広島放送局のインタビューを受けている間、他の出口から出ることを知っている警視庁本部警護課が宏池会の担当者に警護を要請したところ、「権力の美酒」に酔ったのか、過剰な対応。


[写真]木原誠二さん、2021年9月29日、宮崎信行撮影。

 この中をすり抜けるように、木原さんがエレベーターで引き上げていきました。


[写真]取材妨害の方法を検討・支持する、宏池会黒マスク職員。


[写真]私を尾行した警視庁本部警護課SP、宮崎信行撮影。

 また、私は、宏池会の報告集会の会場を、ホテル本館で、レガシーメディア番記者から教えてもらった音声を証拠として持っていますが、それを聞いて、別館に移動するまで、上のSPが庭園の中、私を尾行してきました。レガシーメディア番記者から場所を聞いて、移動するフリーランス政治ジャーナリストに対しては、「私の基準」では過剰に思います。このような警護のあり方も含めて、警察官職務執行法第4条の第2項で東京都公安委員会に報告書を必ず上げなければならない、上げなければおまわりさんが監察官に逮捕されちゃいますから、その公文書をとったりして、当事者が59歳になるまで、ねちねちねちねち追求し続け、陰湿で閉鎖的なのは嫌いなので、全世界に恒久的に残る形で、公開し続けようと思います。

 以上です。
  • Twitterでシェアする
  • Facebookでシェアする
  • はてなブックマークに追加する
  • LINEでシェアする

最新の画像もっと見る

最近の「不祥事」カテゴリーもっと見る

最近の記事
バックナンバー
人気記事