宮崎信行の国会傍聴記

政権交代ある二大政党政治の実現をめざして。国民に開かれた衆議院と参議院を通じた報道をめざして。

民進党が衆参とも野党第1会派に

2018年01月14日 17時46分40秒 | 第196回通常国会(2018年1月召集)働き方 カジノ

民進党が衆参とも野党第1会派を取り戻すことになりました。きょう日曜日、古川希望幹事長と増子民進幹事長が合意しました。
私は正直、きょうの会談の日程をおさえておらず、自分の感覚とも違ったので、時事通信ケータイ速報で驚きました。
これで、通常国会は、議運も含めて全委員会の筆頭理事が、民進希望に移る見通し。上座を譲ることになりますが、ごく一部の委員会では、無所属の会から理事が出ることになりそうです。
先週の2党間協議である幹部が欠席。筆者の取材で幹部は朝はインフルエンザだった、と元気な声で昼、証言。平和安全法制の件で、へそを曲げている訳ではない、としており、統一会派は結成される見通し。衆議院事務局首脳は、混乱はあるが、パニックにはならないとしています。希望の党の国対事務トップは、現在も民進党職員で出向。これが、新会派の事務局に移行すると思われます。立憲民主党の国対は、立民に転職しており、民進時代はエース級とされた複数ですが、議事堂国対詰めの経験は浅く、国対の主導権は、議運が長い、泉健太希望国対委員長のチームに移るとみられます。
24年前の通常国会で新会派を結成した枝野幸男さんが、策士策に溺れました。個人的には、自治労と社会党出身のお花畑左翼リベラルとともに、数十人位の勢力になれば、次に政権を担うときの国益になると考えます。
このエントリー記事はメール投稿でした。

『政治』 ジャンルのランキング
コメント (2)   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 原発即時ゼロをうたう左翼リ... | トップ | 野党の安全保障委員ら、野党... »
最近の画像もっと見る

2 コメント

コメント日が  古い順  |   新しい順
Unknown (Unknown)
2018-01-21 19:02:11
先の事読めるように振る舞うの辞めたほうが、いいよ。
あんたはそんな子じゃない。
慶應行ってマスコミでかっこいいこと書いてるのが正解やで
Unknown (Unknown)
2018-01-21 19:14:15
さっきの投稿、あなたが維新の会にすりよった投稿した時にあなたは日経と同じく逆張りだから応援しないでって以前投稿したものです。

僕はあなたより頭悪いけどね、経済でも政治でも一つだけわかることがある。それはこの人言ってることはハズレるわ、ってこと。僕はそういう人の、逆バリしてお金稼いだよ。本当にありがとう

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

第196回通常国会(2018年1月召集)働き方 カジノ」カテゴリの最新記事