宮崎信行の国会傍聴記

政権交代ある二大政党政治の実現をめざして。国民に開かれた衆議院と参議院を通じた報道をめざして。

安倍晋三首相、内政懇談会で、改憲発議と国民投票の日程も憲法審査会に委ねる

2018年01月15日 21時08分29秒 | 第196回通常国会(2018年1月召集)働き方 カジノ

[写真]安倍晋三首相(自民党総裁)、きょねん2017年6月、東京都文京区内で、筆者・宮崎信行撮影。

 外遊中の安倍晋三首相(自民党総裁)は、同行記者団と、「内政懇談会」を行ったようです。

 NHKによると、安倍さんは

 「「国民投票は国会の議決した期日に行うこととなっている。投票日なども憲法審査会において議論いただくものと考えている」

 「国民投票をどういう形で行うかは、さまざまな議論があると思う。国民の声もあると思う。そういうことを踏まえて審議が行われると思う」。

 もともと、日本国憲法改正手続きのための国民投票法(平成19年5月18日法律51号)は、それ自体が、衆議院憲法審査会(及び参議院憲法審査会)で審議されたものです。

 このため、改憲発議と国民投票の実施のスケジュール感についても、自民党の森英介・憲法審査会長や、党の細田博之本部長らに委ねたい意向を示したと思われます。改憲そのものが政治日程に上っていることは、すでに疑いようのないところに来ています。

 改憲案は、通常国会で衆議院先議で、議員提案として、出される見通し。衆議院での採決は、4月以降で、秋にずれ込むとの観測もあります。国民投票は早ければ年内にも行われ、確定次第、天皇陛下が「国民」の名で公布することになります。

このエントリーの本文記事は以上です。
(C)2018年、宮崎信行。

[お知らせはじめ]

宮崎信行の今後の政治日程(有料版)を発行しています。

国会傍聴取材支援基金の創設とご協力のお願いをご一読ください。 

このブログは以下のウェブサイトを活用しエントリー(記事)を作成しています。

衆議院インターネット審議中継(衆議院TV)

参議院インターネット審議中継

国会会議録検索システム(国立国会図書館ウェブサイト)

衆議院議案(衆議院ウェブサイト

今国会情報(参議院ウェブサイト)

各省庁の国会提出法案(閣法、各府省庁リンク)

予算書・決算書データベース(財務省ウェブサイト)

インターネット版官報

[お知らせおわり]

Miyazaki Nobuyuki

『政治』 ジャンルのランキング
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 野党の安全保障委員ら、野党... | トップ | 2020年通常国会にも年金... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

第196回通常国会(2018年1月召集)働き方 カジノ」カテゴリの最新記事