岩清水日記

「こうして綴ることで想いは深く掘り下げられ、岩清水が湧くように新たな命脈が保たれて、みずからを励ます」平松洋子 

大島 納骨堂 

2016-11-01 20:06:42 | 瀬戸内国際芸術祭

ハンセン病療養所には必ずある納骨堂。

大島でも1909年(明治42年)開園以来、この地にあります。

瀬戸内海が見渡せる場所にあります。

故郷に戻ることのできなかった方々が眠っています。

大槌島が見えます。

女木島と左手に四国本土が望めます。

右奥に大槌島です。右端に少し男木島の岬が見えます。

ジャンル:
ウェブログ
コメント   この記事についてブログを書く
この記事をはてなブックマークに追加
« 大阪の街 点描 | トップ | 今月で岩清水日記は、13年目... »
最近の画像もっと見る

コメントを投稿

ブログ作成者から承認されるまでコメントは反映されません。

瀬戸内国際芸術祭」カテゴリの最新記事