温泉大好き!湯らーり日記

~温泉は、気持ちよか~

会報第53号発行

2022-03-11 10:11:52 | 日記
 このたび熊本県温泉協会会報誌「くまもとの温泉」53号を発行いたしました。
 今回は、「温泉は、地域の宝」シリーズ④として「黒川温泉郷」を取り上げました。表紙には、冬のイベント「湯あかり」の写真とともに、熊本地震、新型コロナウィルス、令和2年7月豪雨と様々な困難に立ち向かい、再生を繰り返す黒川温泉の魅力を記事にしました。裏表紙には、令和2年7月豪雨から見事に復活した黒川温泉の共同浴場「穴湯」の再生をご紹介しています。
 また、今号では、「温泉の手続きについて」特集を組みました。長年温泉の仕事に携わっているのに「温泉」の手続きについては、よくわからないという方も多いと思います。そんな疑問に少しでもお役に立てればと記事にしました。
 そろそろ桜の便りが届く季節となりました。みなさまに、すてきな春が訪れますように。
  

会報誌第52号完成

2021-08-19 14:37:50 | 日記
 このたび熊本県温泉協会会報誌「くまもとの温泉」52号を発行いたしました。
 表紙は、熊本地震から5年目の節目に開通した「新阿蘇大橋」です。復興のシンボルとなっています。
 今回、「温泉は地域の宝」シリーズ第3弾として、「南阿蘇温泉郷」を取り上げました。熊本地震の3か月後に発行した会報42号では、温泉地の様子を掲載し、復興への足がかりとなるイベント等もご紹介したのですが、南阿蘇温泉郷だけは、当時、道路が寸断し、再開の目途が立たない施設が多かったことから、記事の掲載ができませんでした。長い時を経て、新たなスタートを切った温泉郷の”今”を記事にしました。
 温泉地の皆さまの思いが少しでも伝わるように、心を込めて記事にしました。思いが伝わればうれしいです。

 
 

会報誌51号完成! 

2021-03-26 09:42:32 | 日記
 熊本県温泉協会は、令和3年3月22日、発足から25周年を迎えました。これもひとえに、会員の皆様の熊本の温泉への熱い思いと、熊本の温泉を愛し、利用してくださる皆様のお支えのおかげと感謝いたします。
 協会発足の年に発行した会報誌も創刊51号を迎え、今回記念特集号を発行しました。協会の歴史がわかる内容となっています。
 様々なことがあった25年間。そしてこれからも末永く天の恵み・地の恵みである温泉の資源を守り、大事に後世に受け継いでいくため、会員の皆様と手を取り合って前進してまいりたいと思います。
 今後とも「熊本県の温泉」、「熊本県温泉協会」をどうぞよろしくお願いいたします。


新年明けましておめでとうございます。

2021-01-05 08:41:16 | 日記
 新年明けましておめでとうございます。今年もよろしくお願いいたします。
 昨年は、コロナ禍の中、災害にも見舞われ、明るい話題を届けられる余裕がない日々でした。
 今年こそ、早くコロナ禍が収束し、穏やかな一年となりますようお祈りします。そして、たくさんの明るい話題と情報を発信できますように。
 皆様にとりまして幸多き年でありますようお祈りいたします。
   
我が家もできることを粛々と。毎年代わり映えしませんが(^_^;)

お見舞い申し上げます。

2020-08-19 08:49:50 | 日記
 令和2年7月豪雨により、お亡くなりになられた方々へ心からご冥福をお祈り申し上げますとともに、被災された皆様へ心からお見舞い申し上げます。
 被災地の皆様が一日も早く平穏な生活に戻られますことをお祈り申し上げます。
 令和2年度は新型コロナウイルス感染拡大による営業自粛に始まり、7月の豪雨による甚大な被害と、想像もできないような大きな出来事があり、未だ落ち着かない日々が続いております。
当協会でも会議が書面議決開催となったり、事業がなかなか進められない状況にありますが、このたび会報50号を発行しました。当初は、50号の記念となる記事を掲載する予定で準備していましたが、7月の豪雨災害の記事を中心に全ての記事を編集し直しての発行となりました。近々会員の皆様のお手元にお届けできると思います。
 熊本は、連日猛暑日が続いております。新型コロナウイルス感染拡大で、新しい生活様式を取り入れながらの日々。「マスクの夏」は正直厳しいですね。でも、一人一人の心がけが何より大事です。ともに頑張りましょう。そして、コロナウイルスが一日も早く終息し、また皆様とお会いできることを心より願っています。その日まで、どうか皆様、お元気でお過ごしください。